愛しすぎるが故に、相手の全てを独占したい。

最初はほんの少しのつもりだったのに、気付いた頃には過剰になっていく“束縛”。

―行動も、人間関係の自由もすべて奪い、心をも縛りつけてしまいたい。

そんな男に翻弄され、深い闇へと堕ちていった女は…?

◆これまでのあらすじ

詩乃からの愛情が鬱陶しくなった亮は、女友達のアリサを利用して、ムリヤリ別れを告げることに成功した。

そして詩乃のことを忘れ、アリサと食事を楽しんでいたその時、いきなり目の前に血相を変えた詩乃が現れて…?

▶前回:できるだけ多くの女と、常に関係を持ち…?女に裏切られた男がした、最低な行為



「おかしい、おかしい。ありえないよ…!」

亮とアリサがレストランに入っていく背中を茫然と見つめながら、詩乃は目の前で起こっていることを信じられずにいた。

2人がお店に入って、もう10分以上は経っているだろうか。それでも詩乃はピクリとも動かず、店の前に立ちつくしている。

そしてようやく、止まっていた思考が急激にグルグルと動き出した。

―あんなに好きだって言ってくれてた亮が、私を振った!?そんなのあるワケないじゃない。あの女が亮を脅しているんだわ。

そう自分に言い聞かせた詩乃は、その場で大きく息を吸って叫んだ。

「亮を、助けないと…!」

突然叫びだした詩乃に驚いたのか、通りを歩いていた人たちが何事かと一斉に詩乃を見てくる。しかし詩乃はそんなことを一切気にする様子もなく、勢いよく駆け出した。

そして店員の静止も振り切り、レストランの扉を押し開けたのだ。

「いらっしゃいませ。お客さまはご予約されているでしょうか?」

扉を開けた瞬間、レストラン特有の張り詰めた空気とともに、ウエイターが声をかけてくる。しかし詩乃は、その声も無視して奥へと進んで行った。

―亮を返して。亮を返して…!


亮の目の前に、姿を現した詩乃は…?

「お客さま!?お待ちください、お客さま…!!!」

ウエイターが止めに入る声なんて、気にもならない。詩乃は亮の姿を探し、店内をズンズンと歩き回る。

そして興奮状態の詩乃は、ゼエゼエと息を切らしながら、店の中をグルリと見回した。

ウエイターの叫び声で気付いたのか、その異様な騒ぎに、ホールにいた他の客も詩乃を何事かといった目で見ている。その客の中に、亮の姿を見つけた。

―亮!!やっと見つけた。

バッチリと目があった瞬間、詩乃は亮の元へと駆け寄った。怯えたような表情で詩乃から少しも視線を外さない亮を見て、詩乃は喜びで満たされる。

―こんなに私のこと見つめてくれたの、久しぶりだね?そんな顔して、よっぽどその女が嫌なのね。今、助けてあげるから…!

詩乃が一歩ずつ亮に近づいていくと、亮は立ち上がり、なぜだか後ずさりを始めた。

「亮、どうしたの?迎えに来たよ?」

詩乃がそう言うと、亮は震える唇を開いて、こう言ったのだ。



「分かった。分かったから詩乃、落ち着いて?ここ店内だから…」

亮の言葉を聞いて、詩乃は素直にスッと立ち止まる。

「…大丈夫。亮の言うことはなんでも聞くから、ね?」

そう言って詩乃は、にっこり微笑んだ。

「詩乃、いい子だね。俺はこの女性と仕事の打ち合わせがあるから、今日のところは帰ってくれるかな?お仕事が終わったら必ず連絡するからね」

シンと静まり返った店内に、震えている亮の声が響く。

店のどこからか「そんなんで彼女、言うこと聞くの…?」と不安そうにつぶやく女の声が聞こえた。

しかし詩乃は、亮の放った言葉に表情をパッと変え、満面の笑みを浮かべる。

「そうだったの…。お仕事の邪魔してごめんなさい。じゃあ私はおうちで待ってるね」

そう言ってあっさりと、レストランを出て行ったのだった。



翌朝。

―ねえ、なんで…。亮から全然連絡が来ないんだけど。

「また後でね」と言われてからもう何時間も経つのに、亮から連絡が来る気配は全くない。

詩乃はレストランから帰宅し、一晩中亮にLINEを送り続けた。それに電話もかけ続けているが全く出てくれず、詩乃の心配は募っていく。

…発信履歴は、もう100件を超えた。

もちろん一睡もできないまま朝になって、空もだんだんと明るくなってきた頃。詩乃はついに、亮のマンションへと向かうことにしたのだった。


亮と連絡が取れないことに、発狂した詩乃は…?

詩乃はメイクも髪の毛もボロボロのまま家を飛び出して、タクシーをつかまえる。

しかしマンションに到着してインターホンを押しても、亮は全く出てくれなかった。

―ねえ、亮。家にいるんでしょ?どうして出てくれないの?こうなったら亮が出てくるまで、ここで待っててあげなきゃ。

詩乃はそんな“義務感”に駆られて、マンションの前で亮が出てくるまで待っていることにした。

しかし1時間、2時間…と経っても、亮は出てこない。それでも詩乃は亮が出てくるのを待ち続けた。

―亮、具合でも悪いのかしら…。心配になってきた。

気付けば日も暮れ、辺りは真っ暗になっている。詩乃はすでに10時間以上、マンションの前でずっと立って待っているのだ。

「あの、すみません…。ちょっと良いですか?」

すると突然、誰かに声をかけられた。

「亮…!?」

亮がようやく迎えに来てくれたのだと思い込んだ詩乃は、勢いよく顔をあげ、彼の名前を呼んだ。

しかし顔をあげた詩乃の前にいたのは、亮ではなく見知らぬ男だった。目の前で起きていることを理解できず、詩乃がぼうっと男の顔を見つめていると、その男は困ったような声で言った。

「あの、ここで何してるんですか?」

「えっと…。亮を待ってるんです!!」

「うん、誰かを待ってるのかもしれないんだけど、ここに何時間もずっと立ってたら、迷惑だから。マンションの住人から『気味が悪い』って苦情があったんで」

詩乃がマンションの前でずっと待ち伏せしていることを、誰かが管理人に通報したようだった。

―なんて迷惑なことしてくれるのよ…!

他人から「気味が悪い」と思われ、通報までされていた事実に腹が立った詩乃は、男の制止も振り切り、自宅へと逃げ帰ったのだった。





数か月後。

結局あれ以来、亮から連絡がくることは一度もなかった。

スマホが壊れるのではないかと思うほど電話をかけても出ないし、こっそり亮のマンションに行ってみても、出会えなかった。

電話は着信拒否されているし、どうやらあのマンションからも引っ越してしまったようだ。

おまけにLINEからSNSまで、全てブロックされている。

だけど詩乃は相変わらず、亮だけを追いかける日々を送っているのだ。今は詩乃だとバレないようにInstagramのアカウントを開設し、着々と亮に近づいている。

―亮、早く会いたいな…♡

あんなに痩せ細っていた詩乃は、寂しさを埋めるために暴飲暴食を繰り返し、ぶくぶくと太り始めた。気付けば体重は10キロほど増えている。

もう、昔の詩乃は見る影もない。

―亮、亮、亮…。

家からは一歩も出ず、ただただ毎日ベッドの上で左手の薬指にはめられた指輪を眺め、いつか来ると信じている亮との日々を思っている。

―亮、愛しすぎてヤバいよ。

Fin.


▶前回:できるだけ多くの女と、常に関係を持ち…?女に裏切られた男がした、最低な行為