「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“年収2億円「27歳年上夫」との空虚な生活”に“都民はどこへ...急増した引っ越し先”から“名門私立大が公表した「卒業生の就職先」”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
38歳の妻がとった、1本の電話…。年収2億円「27歳年上夫」との空虚な生活

授業とアルバイト三昧な日々。欲しいものも行きたいところも山ほどあったが、東京でそれは簡単には叶わない。

そんな中、生まれながらにして勝ち組がいることに気がついたのだ。実家が青葉台にある一軒家とか、上京する時に親がマンションを買ってくれたとか、そういう類の同年代だ。

―毎日授業とアルバイトで疲れている自分とは全然違う…。ああいう生活がしたい。

そう思い、裕福な男性と付き合い結婚するのが1番早いと感じ、実行に移した。

続きはこちら


★第2位
店で2人きりになった途端、年下美女が男に囁いた"大胆なお願い"とは...

“透、今日来ないの?お前が気になってるあの人、いるぞ”

近所に住む友人・大也からだった。彼もまたテレワークで、例のカフェで仕事しているのだろう。彼のメッセージによれば、朱音も店にいるらしい。大也もいることだし行ってみるかと、透はカフェに向かった。

だが、店内に足を踏み入れた透は、目の前の光景に固まった。大也の「透、久しぶり」という声が遠くに聞こえる。

−どういうことだ…?

そこでは、同じテーブルに座る朱音と千晶が、楽しそうに喋っていたのだ。

続きはこちら


★第3位
「こんな可愛いのにナゼ…」初のお泊りデートで、26歳CA女からの告白に男が衝動的にした行為

「よかったら、今度ごはんいかない?」
「嬉しいです、私も雄輝さんと2人で飲みに行きたいです」

食事会終わり、こっそりそう誘った僕に対し、智花は嬉しそうに微笑んだ。その表情をみたとき、これはいけるやつだ、と確かな手ごたえを感じた。それからトントン拍子にお付き合いまで発展したのだが…。

智花が初めてうちに泊まりにきたとき、彼女が放った一言に、こんなにも幻滅するなんて思ってもみなかった。

続きはこちら


★第4位
男と女の怪談:24歳超絶美形の幼な妻。年収2,000万42歳の男がハマった禁断の手管

俺も和彦も、超大手法律事務所の出世頭。パートナー弁護士で、自分で言うのもなんだが収入は申し分ない。とは言え、和彦の見た目はいたって普通で、最近ではうっすらと体に肉がついて輪郭もぼやけてきた。

しかし親友の慶事だ、どんな嫁でも会ったらうんと褒めて祝ってやろう。円満な結婚生活を送る先輩として、アドバイスしてやってもいい。

俺は上機嫌で、冷えたビールをとりにキッチンに向かった。

…この時はまだ、親友の結婚式を祝って祝杯をあげるほどには、余裕があったのだ。「彼女」を目にするまでは。

続きはこちら


★第5位
「ねえ、私デキちゃったかも」女が打ち明けた直後、交際1年半の男が放った最低な一言

写真付きで彼氏に送ったLINEを見返し、私はため息をついた。5時間経った今も、既読すらつかないのだ。

ーもう。疑問形でおわってるんだから、返事くらいしてよ...

彼氏の隆史とは付き合って1年半。27歳の私の3個上で、丸の内にある総合商社に勤務している。

隆史の平日は、仕事も忙しく会食も多い。だけど今日は土曜日で休日だ。私たちの関係はときめき期間を早々と終え、いてもいなくても変わらない空気のような存在になっていた。

続きはこちら