「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“男から呼び出された場所を見て、女が凍り付いた理由”に“婚約者から恐怖の着信。追い詰められた男の驚きの行動”から“27歳のミリオネア妻を悩ます、ある問題”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
平日夜20時45分に、男から初デートの誘い。呼び出された場所を見て、女が凍り付いた理由

美緒は、類稀なる美貌と頭の回転の速さから、年上の経営者たちにすごくモテてきた。その武器を使い、かつては六本木の高級マンションに住んでいたことも知っている。

でも、あの頃とは纏っている雰囲気が変わり、自分の足でしっかり立っている印象を受けた。

私のように、お鮨につられて好きでもない人と食事など行かないだろう。

ネガティブに傾きそうな自分の気持ちを持ち直すため、私はグラスに残っているビールを一気に飲み干した。

続きはこちら


★第2位
離婚までの100日間。幸せな夫婦生活の裏で、妻の知らぬ間に夫が準備していた計画

友梨が、紘一と出会ったのは、大学生の時だ。

友達の彼氏の友達。同じ大学の同じ学部で同い年。仲良くなるのに時間はかからなかった。何でも話せる異性の友人というのは貴重な存在で、友梨は紘一と過ごす時間が好きだった。

そして出会いから半年後。紘一に「付き合ってください」と言われた。

最初は、付き合いたくはないと思った。付き合えば、いつか失ってしまうかもしれないからだ。心地良い関係を続けたかった。でも無理だった。

続きはこちら


★第3位
「今、誰といるの?」他の女とお楽しみ中、婚約者から“恐怖の着信”。追い詰められた男の驚きの行動

『もしもし真珠ちゃん?どうしたの?誠一さんの声が聞こえたような…』

床に落ちた真珠のスマホから響き渡る可奈子の声が、火照っていた僕らの心身を急速に冷やした。

真珠の部屋でベッドを共にした後、その場で真珠が僕の婚約者である可奈子に電話をかけ始めたのだ。

とっさに制止したが、僕の声が可奈子の耳に入ってしまったようだ。僕は思考停止して、スマホを見つめ続けた。すると、今度は僕のスマホが震え始めた。

続きはこちら


★第4位
「妻は何か隠している…」帰宅しない妻を見張っていた夫が、目にしてしまった光景

「準備したら、すぐに出かけるから」

朝の6時半。伊織が帰ってきた物音で目が覚めた新太がリビングを見に行くと、彼女は冷たく言った。それだけ言うと、着替えを洗濯機に入れたり、化粧を直したりと、忙しなく動き続ける。

昨晩、自分の連絡を無視したことや数日家を空けていたことに対して、なんの謝罪の言葉もないことに、新太は苛立つ。高級ホテルに泊まっていたとは、一体どういうことなのか。

「昨日のことだけど…」

続きはこちら


★第5位
「結婚する時、感情より“育ち”を優先させたら…」27歳のミリオネア妻を悩ます、ある問題とは

佳奈子は、割と大きめな規模の小売業を営んでいる家の育ち。父はよく、こんなことを言っていた。

「確かあの子の家、サラリーマンの一般家庭だよね」

だから彼と付き合ったのも、そんな父への反骨心の一種だった。だがいま思うと、それは何不自由ない暮らしを家族にさせているという、父なりに威厳を保つための発言だったのかもしれない。

大学3年の就活時に、あることに気づいたのだった。

続きはこちら