「ホッと落ち着ける空間で、二人の時間をじっくりと楽しみたい!」

そんな大人なデートを叶えてくれる街が、神楽坂だ。

石畳の路地が多く、落ち着いた情緒あふれる雰囲気が魅力のこの地。隠れ家も多く、サプライズ感とワクワク感を刺激する。

その趣深さに引けを取らない、洗練された和の料理と空間演出で話題の店が多数あるのも神楽坂ならでは。

大人なデートに最適な街、神楽坂で押さえておくべき隠れ家和食店を厳選してご紹介しよう!


1.“ちょっと1杯”に最適な昭和の空間

カド


赤城神社がある路地裏を進んだ曲がり角に立つ、およそ築70年の一軒家。

コースは、前菜盛り合わせから始まり、全5品で構成。「鶏唐揚げ」、「マカロニサラダ」などのおつまみは全品¥300、おでんは各種¥100、と気軽な価格設定だ。

店内にテーブルはなく、畳に座布団を敷き、昔ながらの脚付き膳で食事と酒を楽しむ。リラックスした雰囲気でデートできるのが嬉しい。


2.美しい大人の風情漂う、一軒家の和食店

神楽坂 和食 千


神楽坂「かくれんぼ横丁」で、ひと際目を引くのがこちら。

老舗料亭である『本吉兆』出身の料理長が手がける本格的な日本料理が楽しめる。ディナーのコースは、¥8,000と¥10,000と、界隈に比べて手頃な値段なのも嬉しい。

デート利用には二人きりで貸し切りができる個室が人気。誰にも邪魔されることのない、特別なディナーが叶えられる。


3.行きづらい道のりもまた、心躍らせる粋な演出になる

枝魯枝魯 神楽坂


"くずし割烹"の名で京都本店を皮切りに、パリ、ハワイにも進出している有名店。

料理は4,800円のコース1択。和食の基本を踏襲しながらも、食材同士の独創的な組み合わせ、美しい器や盛り付けの数々で最後まで飽きさせない。

たどり着くのが超難関と話題だが、駅からの道のりをマスターしたら満を持して彼女を案内したくなる店だ。


4.美しく、潔い料理に舌鼓。粋な大人が通う、神楽坂を代表する小割烹

め乃惣


昭和50年に開業した和食店。神楽坂通りから小路を入ったところに構え、地元の人からも人気だ。

料亭の味を気軽に楽しめると評判で、歴史に連綿と連なる正統派の江戸の味を堪能できる。中でも、名物の「海老しんじょ」は五感を刺激する逸品。

風格と伝統を感じる老舗を提案できてこそ、”真のデキる男”だと彼女にアピールできるはずだ。


5.あの名店の姉妹店が神楽坂に誕生!

うお輝


「うにといくらの土鍋御飯」が名物の六本木の人気店『魚輝』の姉妹店。

名物は〆の定番「こぼれイクラ雲丹ぎり」。いくらとうにが惜しげもなくのったおにぎりで、一度食べたらリピートのために再訪するひとり客も多いのだとか。

囲炉裏を囲んで楽しむ美味しい料理と旬の味わいに、二人して身も心も酔いしれてしまう。


6.いい酒場を求めるならば、神楽坂の“おくのほそ道”へ

酒ト壽


古民家を改築してできた、看板のないこちら。街の風情と同じ和の趣に浸りながら楽しむことができると人気だ。

料理は魚介主体で、佐賀関などから直送される朝採れをはじめ、天然物に絞って仕入れているというこだわりよう。酒は日本酒をメインとし、豊富な銘柄を取り揃える。

どんなシーンでも使い勝手が良く、飲み慣れた大人がたどり着く“神楽坂のいい酒場”の代表だ。