人は見た目より中身が大事。そんなこと、誰だってわかっている。

だけど美しいものに心奪われてしまうのは、人間の本能なのだ。

美人女医・菜摘もしかり。彼女が男に求めるのは、お金でも性格でも価値観でもない。

−イケメンは正義。

そう言い張り、イケメンに夢中になる女の人生は、次第に狂い始めていく…?

「イケメン中毒」一挙に全話おさらい!


第1話:私が男に求めるのは顔だけ。超絶イケメンに溺れる年収2,000万の女を襲った悲劇

いまや、美意識の高い女性の間で美容医療は当たり前。女性は若い頃からケアしているし、男性も脱毛や皮膚のお手入れをしている。

もちろん菜摘自身も、美容には熱心だ。美容クリニックで働く以上、自分自身が美しくいなければいけないと思っている。

今年で33歳になるが、入念に手入れされた肌はきめ細やかで、シミ一つない。元CAの母親譲りの整った顔で、雑誌に掲載されることもある美貌なのだ。

美貌に経済力、そして社会的地位。それだけでも圧倒的に恵まれているのに、超イケメンの年下彼氏までいる。完璧すぎる彼女の人生だが、菜摘にはある弱点があった。

第1話の続きはこちら


第2話:「33歳にもなって、みっともない…!」年下のイケメン男に貢いでしまった、女のイタすぎる代償

「菜摘って、本当に学ばないのね」

高校時代からの友人・月野明奈(つきの あきな)は、呆れた顔をした。超絶イケメン・涼介にフラれてから、菜摘はショックで食事もままならず、ふとした瞬間に彼の顔を思い浮かべると涙が溢れ出てくる。

明奈の言葉が、弱った心にグサリと刺さる。何も言い返せずにいると、彼女は容赦なく続けた。

「で、今回の被害額はいくらなの?」

第2話の続きはこちら


第3話:「年収1,000万の中途半端な男はお断り」と豪語する33歳美女が、男の足元にひれ伏した理由

風間晴人(かざま はると)、29歳。

身長はおそらく178センチ。イケメン研究家の菜摘は、男性の体格を見ただけでおおよその身長と体重は分かる。

ほどよく筋肉のついた、引き締まった身体。ヒゲとは無縁のツルツルな美しい肌に、大きな茶色がかった瞳。

下を向くと長いまつ毛が影を落とすその表情が何とも色っぽくて、メニューを眺める彼の姿を見ているだけで、1日過ごせそうだった。

第3話の続きはこちら


第4話:デート直後に、気温0度の寒空の下に連れ出され…。震える女に男がしたかったコトとは?

「晴人さんは、総合的に選んだ結果なの。来週またデートなんだぁ。どんなお店予約してくれるんだろう。ああ、楽しみ!」
「そう。良かったね」

嬉しさを堪えきれずデレデレと話す菜摘とは対照的に、明奈の声はどことなく冷たい。晴人について、もっとあれこれ質問してくると思っていたが、それ以上触れることはなかった。

「その男、気を付けてよ」

帰り際。明奈はそう言い残して立ち去ったが、舞い上がった菜摘の耳には入らない。晴人こそ運命の相手。他人の声など気にする必要はないのだ。

第4話の続きはこちら


第5話:「なんで結婚しないの?」デリカシーのない既婚者を黙らせた、33歳独身女の逆襲計画

菜摘は、既読マークのつかないLINE画面を見て、小さくため息をついた。さっきから小一時間ほど、これを繰り返している。

ことの発端は、昼過ぎに明奈から届いたメッセージ。

『今晩、高校の同級生とオンライン飲み会するんだけど、参加出来る?』

ここ最近、同窓会にも全然顔を出していなかったし、幸い今夜の予定はない。参加してみるのも楽しいかもしれないと「OK」を送った。そこで菜摘に、ある欲求が芽生えた。

第5話の続きはこちら


第6話:お泊りデートに浮かれる女。彼がシャワーを浴びている間に見てしまった衝撃的なモノ

勢いよく目覚めたが、冬馬のメッセージで睡眠時間を削られたと思うとイラっとした。肝心の晴人からは、何の連絡もない。

バカバカしくなった菜摘はベッドから立ち上がり、枕元へスマホを放り投げた。そのままシャワーを浴びにいく。

実は昨晩、彼が来るかもしれないと、ナチュラルメイクの範囲でうっすらメイクを施していたのだ。おまけに、最近新調したラペルラの下着も身に着けて。

洗面台の鏡に映った、やたら色っぽい下着を着た自分の姿からパッと目を逸らす。空回りしてばかり。菜摘はひどく虚しい気分になった。

第6話の続きはこちら


第7話:「幸せな夜を過ごしたけど、アレを見てしまって…」交際したばかりの男に、女が抱いた違和感

少々M気質な菜摘にとって、少し強引でSっぽい彼は、控えめに言って最高。すっかり虜になってしまったのだ。

その後、逞しい腕に抱かれ、熱い体温を感じながら眠りにつく。目を覚ませば、隣で彼が眠っている幸せ。とにかく晴人と過ごした時間は、大げさな言い方をすれば天国のようだった。

−だけど…。

昨晩目にしてしまった、彼の免許証。抱かれている時には幸福感が勝って忘れていたが、こうして一人になると思い出してしまう。

一度抱いた疑惑は、そう簡単に消えない。

第7話の続きはこちら


第8話:「理性が抑えられなくて…」年下イケメン男に夢中になった33歳女の、悲しい末路

「Facebookとかは?確認した?」
「それが…。検索してみたらアカウントが見当たらないの」

すると電話越しにも耳が痛くなるほどの甲高い声で、明奈が反応した。

「Facebookからも消えた!?なんかもう、いろいろと衝撃的で言葉が出ないわ」
「運命の人だと思ってたのに…」

涙声でポツリとつぶやくと、大きなため息が聞こえた。

第8話の続きはこちら


第9話:全然イケメンじゃない男が、エリート美女をたった1回で魅了した巧みなテクニック

午前の診察終わり。菜摘が残務の処理をしていると、院長が診察室のドアを少しだけ開けて顔を覗かせた。

大抵はメールやチャットで連絡を済ませるタイプのはずの彼が、こうしてわざわざ足を運ぶということは何か重要な用事なのだろう。

「はい、今行きます」

菜摘はすぐに立ち上がる。廊下に出ると、応接室の前で院長が手招きをした。

「しつれいしま…。って、なんでいるの!?」

第9話の続きはこちら


第10話:「夫婦生活に必要なのは、ドキドキなんかじゃなくて…」友人の助言に、女が思い浮かべた男の存在

菜摘は、ベッドで寝返りを打ちながらついつい愚痴を吐いた。次の恋愛に向けて新たなマッチングアプリに登録しているのだが、一から入力する必要があるので意外と時間がかかるのだ。

稀代のイケメン・晴人が失踪してひどく落ち込んでいたが、彼を忘れるためにも次に進む必要がある。

職場での出会いには期待出来ない。どうしようかと悩んでいたところ、先日病院に来ていた冬馬に、こう言われたのだ。

「これまでみたいに探し続けるしかないんじゃねーの?結婚相談所とかでも良いと思うけどさ、“イケメンと結婚したいんです”って言うわけ?」

第10話の続きはこちら


第11話:「酒の勢いだったってことにする?」帰りのタクシーで、女が突然男からされた予想外の行為

電話を終えた菜摘は、読みかけていた雑誌をパラパラとめくりながら再び冬馬のことを考えていた。

気付けば冬馬と話したいし、会いたいと思っている自分がいる。イケメン探しにも熱が入らず、彼のことばかりだ。

ドキドキはしないけど、落ち着く存在。明奈が言っていた結婚の決め手に、残念ながらマッチする。運命の男性というのはもしかしたら…。

仕事抜きにして2人で会ってみようと思い、菜摘は冬馬に連絡を取ったのだ。

第11話の続きはこちら