恵比寿は、芸能人の出没率も高い。

そこで、人気芸能人たちが愛する恵比寿の名店をこっそり教えてもらった!

日替わりで一人1店舗ずつ紹介しているこちらの連載。

本日は、安定した実力でお笑い界を牽引する芸人・千原ジュニアさんが愛する一軒をご紹介しよう!

▶前回:「後輩や食好きの先輩を誘って行きます」YOUが一途に通い続ける、大人女子が好む和食店



『バンデルオーラ』/イタリアン


「種類豊富なパスタとクスクスは、毎度その時のオススメを教えてもらっています。それが、楽しいんです」と千原さん。

店主は、恵比寿『イル・ボッカローネ』、目黒『ランテルナ・マジカ』などの人気店でサービスマンを経て、『ランテルナ・マジカ』出身の料理長やスタッフとともに同店をオープン。

肩肘張らずに陽気なシチリア料理を楽しめるトラットリアとして、多大な人気を誇る。

「店の雰囲気、料理、店員さんのカジュアルで気持ちいい空気感、どれをとってもバランスがいいんですよね。そういうお店って、東京で探しても意外と無いものですから。見つけたときは嬉しかった!」と、千原さんが寵愛する一軒だ。



「イカスミと雲丹」2,000円。シチリアで独自の料理に発展したクスクスは、同店の名物だ。

イカ墨ソースで生うにを溶かしながら召し上がれ。



「魚介のフリット盛り合わせ」2,100円。下町のトラットリアの定番メニューで、鮮魚は料理長の出身地、大分から直送のものを使用。

豪快な海鮮フリットは、白ワインが進む味わい。



千原さんのお気に入りは、店内奥のテーブル。醸造家やデザイナーのサインが壁を彩る。




千原さんにとって恵比寿ってなんですか?


“芸人も歩けば、芸人に当たる街(笑)”

ある時三叉路で、右からバナナマン日村君、左からバイきんぐ小峠君が来て、妖怪3人がばったり鉢合わせしたことがありました(笑)


■プロフィール
千原ジュニア 京都府出身。15歳で実兄せいじとコンビを結成。TV番組出演に加え「ざっくりYouTube」、「千原ジュニアYouTube」などで活躍。自身の造語をまとめた『大J林』(扶桑社)も好評発売中。


▶︎Next:3月4日配信予定
金子ノブアキさんの、恵比寿で愛する店