いまや“朝の顔”として存在感を放つ、加藤浩次さん。

この春、上京してから最も大きな転機を迎えた加藤さんを、地元・北海道でなじみのある、羊料理が話題の新店にお連れした。

好物を前に、これまでの芸能生活30年余を振り返りながら“今、思うこと”について訊いてみた。



加藤浩次さんのインタビューを、二日連続でお届け!撮影当日の裏話も公開します。

【前編】
■加藤浩次さんも唸った『串羊 羊サンライズ』の魅力
■WEBでしか読めない、東カレ編集部による“撮影当日の話”

※この記事は緊急事態宣言前に撮影しました。

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。皆さまの「行きたい店リスト」に加えていただければ幸いです。



唯一無二のスタイルで、加藤さんを魅了した串焼き


麻布十番、神楽坂で羊肉専門店を展開し、羊ファンを確実に増やしている『羊サンライズ』。今年3月、そんな彼らが新たに打ち出したのが西麻布にある『串羊 羊サンライズ』だ。

今回、この店自慢の羊の串焼きを味わっていただくべく加藤浩次さんをお誘いした。

北海道出身で、ジンギスカンをはじめとする羊料理が好物だという加藤さんならば、羊への固定観念を覆す料理の数々を楽しんでくれるはず。



「雑誌は好きでよく見ていますが『東京カレンダー』はじっくり読みたいタイプの雑誌ですね。食の情報の見せ方にこだわりが感じられるし、独自の世界観で突き進んでいて面白いです」

コースが始まるのを待つ間、生ビールを美味しそうに飲みつつ『東京カレンダー』へのイメージを語ってくれた加藤さん。

やがて料理がサーブされると、出された串をテンポよく味わう。


加藤浩次を魅了した、進化系ラムチョップ


加藤さんをまず唸らせたのは、自然放牧で育ったオーストラリア産の「パスチャーフェッドラム」のラムチョップ。

ピュアな肉の味わいはもちろん、傍らに添えられた薬味に、加藤さんは興味津々。たまり醤油が隠し味というタスマニアの粒マスタードは、希少なラムの持ち味をより引き立てている。

「ラムチョップにたまり醤油で和のテイストも合わさって新しい。いやぁ……進化って大事(笑)」。


「旨い!」が止まらない!北海道出身の加藤浩次が驚いた、オリジナリティあふれる料理の数々とは?

北海道出身・加藤浩次お墨付き!「羊=ジンギスカン」の常識を覆すメニュー


こちらは、37ヶ月齢のマトンのスネ肉を、軽く炙ってからユッケにしたもの。

コチュジャンやハチミツで作った特製ユッケだれと一緒にいただくと、たまらない旨さ。



トルコのひき肉料理「キョフテ」にヒントを得た串には、スパイス香るヨーグルトソースが添えられている。新感覚の串。



北海道・せたな町「小野めん羊牧場」で育ったマトンは、希少なサフォーク種。にんにく醤油を合わせていただく。



〆のスープは、じっくり抽出した羊骨スープにアサリの出汁を合わせて。十穀米のおにぎりは途中でスープに投入しても美味。

料理はすべてコース(11,000円)より。




こちらで扱う羊肉は、国内消費量がわずか1%以下の国内産や、オーストラリアやニュージーランド産の中でも特に上質な品種を厳選。

しかも、鮮度にこだわり「無冷凍」で仕入れたもののみだ。

ジンギスカンを筆頭に数多の羊料理を食べてきたであろう加藤さんも、「旨いっ!」「この串に使われている羊肉は、どこ産?」と、あまりの美味しさに好奇心を刺激されている様子。

「『羊といえばジンギスカン』を覆す、オリジナリティある料理に驚かされました」

北海道出身の加藤さんを唸らせる、新感覚の羊料理。チェックしておくべき話題の一軒だ!



【WEB限定】編集部は見た!町田さんの撮影当日ルポ


取材当日、加藤浩次さんは黒のライダース姿。

聞けば加藤さんは大のライダースラバー。普段着もほとんど変わらない装いなんだとか。インタビューでは若手時代の秘話も。

当時のバイト先である中目黒のバーで、相方の山本さん、ココリコ田中さんなど、鬱屈した想いを抱えた若手芸人たちでひたすらお酒を飲む毎日。今思えば大事な時間だったのだとか。

上京当時をしみじみ話す加藤さんは大人の渋さたっぷりで、女性スタッフを魅了していた。


【後編】 6/12に公開!
■加藤浩次さん深堀インタビュー!
■東カレオリジナル動画も!


■プロフィール
加藤浩次 1989年、山本圭壱と共に「極楽とんぼ」を結成。『スッキリ』(NTV系)、『がっちりマンデー!!』(TBS系)などのMCとしてすっかりおなじみなほか、コンビとしても活躍している。

■衣装
ライダースジャケット 97,900円〈マッキアジェイ〉、ニット 60,500円〈マロ/ともに三崎商事 TEL:03-5520-5011〉、その他スタイリスト私物




東京カレンダー最新号では、加藤浩次さんのインタビュー全文をお読みいただけます。加藤さんが上京後「これが東京だ!」と衝撃を受けた街とは?

アプリのダウンロードはこちらから。