俳優として話題作への出演が続き、歌手としても活躍中の北村匠海さん。

「今は、より未来が楽しみになってきました」と晴れ晴れとした表情で語るその瞳には、どんな未来の自分を描いているのだろうか。

彼の内に秘めたる本心に迫った。



何かを作りたい欲求を、いつも抱えている


2年前に東京カレンダーに登場した際、北村匠海さんは「30代半ばまでに、自分の核を見つけたい」と話していた。

そのことを本人に伝えると、「核はもう見つかりました」と意外な展開。当時の想定よりも10年早い。

がむしゃらに働いた時期を経て、コロナ禍で一度立ち止まって自分を見つめる時間ができたことが、大きく影響しているようだ。

「去年の自粛期間に、自分の未来を色々考えたんです。その時に、作ることだけはやめちゃいけないと、確かな答えが出ました。

作り手にも回っていきたい。映画監督やカメラマンにも挑戦したいし、曲も作り続けたいし、絵も描きたい。

そういう、何かを作り出したい欲求が僕の核。役者は自分という素材を豊かにするものかな、と思っていて。

芝居で感じたことが、いつか紡ぐ言葉のエッセンスになり、違う形で昇華されるはず」



未来のビジョンに気づいたきっかけもまた、もの作りだった。

「約2ケ月間のステイホーム中に、とにかく曲を作るしかないと、パソコンに向かっていました。

同じ意識がDISH//のメンバーにもあって、みんなが今やれることにちゃんと向き合うなかで、曲を生み出すことが凄く楽しかった。

その時作った曲が少しずつ世に出るようになったり、写真を撮らせていただく機会も増えたり、一歩一歩、階段を上るように、〝モノを生み出す〞世界を知りました。

僕はずっと、同世代と面白いことをやりたいと漠然と思っていたんですが、去年から若いアーティストの方々との接点が一気に増えました。

〝こういうことやろう〞っていう会話が、どんどん集まっている気がして。ああ、自分はこれなんだって感じでした」


北村さんが理想とするデートは…?プライベートな素顔に迫る!

自転車を、あてもなく走らせるデートがしたい


仕事の話から一転、今度はプライベートな話にも深く切り込んでみた。

理想のデートを聞いてみると、こんな答えが。

「自転車であてもなく、マップも見ずに旅をしてみたい。川沿いや海沿いを走りたいですね。

寄りたいと思ったところで食事して、帰りたいと思ったら帰る。だから、きっちり計画を立てる人だとちょっと合わないかも」

そんな風に、好きなことも、心の整え方も分かっている。

でも、完璧ではなくて心が折れることだってある。その時は、仲間の存在が大きい。


刺激ある日々の中でも、自然体で常に北村匠海でいること。それだけは変わらない


「2020年は周りで色んなことが起こって、僕も正直きつかったです。そういう時は、素直に誰かに話を聞いてもらいます。

格好つけて自分で解決しようとはしない。本当に心を許せる人が何人かいて、特に上杉柊平君とはずっと仲がよく、困ったら柊平君の家に行くほど甘えています」

天才にみえる人も、生々しく弱い感情が時に出る。

そんな自分も受け入れ生きる彼の眼差しは、以前にも増して輝きを放っていた。



【北村匠海さんの撮影風景の動画はこちら!】

■プロフィール
北村匠海 1997年生まれ、東京都出身。9歳で芸能界デビュー。『君の膵臓をたべたい』『さくら』『とんかつDJアゲ太郎』等主演映画多数。最新主演作『東京リベンジャーズ』が7月公開予定。

■衣装
[1ページ目:1枚目・3枚目]シャツ 15,400円、ネクタイ 11,000円〈ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 TEL:03-5772-5501〉
[1ページ目:2枚目/2ページ目]スーツ 525,800円、タートルネック 135,300円、シューズ 115,500円〈エルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス TEL:03-5114-5300〉




東京カレンダー最新号では、北村匠海さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
ここでは掲載しきれなかった自身のプライベートな一面を、ありのまま語ってくれています!

アプリのダウンロードはこちらから。