「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“6年後、男が知った“婚約破棄”の衝撃的な真相”に“深夜0時、妻を裏切った男が向かった意外な場所”から“「男は若い女が好き」と信じていた28歳女の大誤算”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
入籍直前に姿を消した花嫁。6年後、男が知った“婚約破棄”の衝撃的な真相とは

「瀬田聡介、くん?先生、呼んでるよ。せっかく出席したんだから、お返事したら?」

傾斜がついた、大教室の後ろの席から、突然、女の子がささやいた。焦って振り返ると、細くまっすぐな指が僕のテキストの名前を差している。

桜色のブラウスの袖が透けて、華奢な手首と、そこに巻きついた細い金色の時計が見えた。香澄と名乗ったその子とは、それをきっかけに話すようになり、やがて彼女は僕の世界の中心になった。

今思えば、あの日が12年におよぶ長いラブストーリー、あるいは悲劇の始まりだった。

続きはこちら


★第2位
彼氏にフられ実家に逃げ帰った35歳女が、ある朝パソコンを開いて愕然としたワケ

引き出し収納がついたベッドは実用的だけれど、もう20年以上前のものでどこか古臭い。今の気分に合うものなんて、何ひとつない部屋。

それらを見ていると、東京での生活も、仕事も彼氏もすべてを失ったという現実をまざまざと思い知らされる。虚しい気持ちで胸が押しつぶされそうになった。

ここに帰って来たのは、はたして正解だったのだろうか。そしてここに、いつまでいるのだろうか。

そんな気持ちのままパソコンを開いた私は、愕然とした。

続きはこちら


★第3位
結婚1年目で夫婦の危機。深夜0時、妻を裏切った男が向かった意外な場所とは

僕は、六本木にある自社ビルの屋上に立って東京を見下ろしていた。

『なぁマサル、あれほど言ったじゃねぇか。人のために生きろ、おごり高ぶるな、腰を低くしろ、感謝の気持ちを忘れるなってさ……』

後ろから、この世にいないはずの父の声が響く――。

僕の父は、社長だった。

続きはこちら


★第4位
「今さら妻とは…」交際期間が長い夫婦。子どもを作るため、夫がとった衝撃的な行動

私は、結婚を機に新卒から勤めていた出版社を退職し、都内のカフェでバリスタになるための修行を経て、資格も取得をした。

育休中の今、こうして他店のコーヒーを勉強がてら飲みに来ている。

稼ぎを気にせず、好きなことを仕事にできるのは、夫がいるからだ。でも、私たち夫婦は、解決困難な“ある問題”を抱えている。

玲子に打ち明けたのは、私たち夫婦の夜の営みのことなのだ。

続きはこちら


★第5位
彼氏の浮気相手は、まさかの37歳で…。「男は若い女が好き」と信じていた28歳女の大誤算

「勝手に携帯見んなよ。お前、そういうところ本当最低だな」
「最低はどっちよ?」

そこから激しい口論になり、私が隆平の家を飛び出したのは深夜3時過ぎだった。

今朝から電話をかけても、彼は一向に出ない。LINEも既読になるのに、返信がない。そして隆平から『ごめん、別れたい』と送られて来たのは、1週間後のことだった。

25歳から3年間も交際していた彼。その終わりは想像以上にあっけなく、そして悲しいものだった。

続きはこちら