選りすぐりの野菜、その素材本来の味わいを見事な一皿に昇華する「野菜イタリアン」が今大人気だ。

料理の美味しさはさることながら、色鮮やかな盛り付けが実に華やか。

女性を喜ばせられると、デートに心強い選択肢となっている。

今回、都内でも「野菜にこだわるイタリアン」として注目を集める2軒をご紹介しよう!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


主役も脇役もすべて野菜で完成するコースとは?食材の滋味深さに癒される
『草片 cusavilla』


ひと晩で一体どれだけの野菜が食べられるのだろう。

コースは18品あり、各々の皿に組み込まれる野菜は多彩。「ミネストローネ」に至っては、約30品種も使われる。

『草片』は、『エルバ ダ ナカヒガシ』を今年2月に名前も新たにリニューアルした店。

その理由は、地産地消をもっと広めたかったから。コースを見直し品数を増やすことで、より多くの野菜を使うスタイルに進化している。

野菜はもちろん、ハーブに至るまですべて東京産。

シェフの中東俊文さんにとって思い入れのある生産者ばかりで、少なくとも週に2回は現場を巡り、直接買い付けている。



その野菜は生命力にあふれ、野性味すら漂うが、個々の特性を踏まえた上で洗練された料理に仕立てるのが中東さん流。

魔術師を思わせる創造力も進化している。

例えば、揚げるとトロトロになるナスは、アメリカンドッグに。1人1本のかわいらしさにときめくが、食べれば濃厚なジュースがあふれ出す。



ショートパスタ「カンプティ」を、中東さんが自ら作る唐辛子と自家製のカラブリアのンドゥイヤのソースに、ゴーヤやピーマンも絡めて。


鮮やかな東京野菜の濃厚さがたまらない


中東俊文シェフが扱う野菜はすべて東京産。

ズッキーニ、キュウリ、ナス、モロッコインゲンなどの夏野菜に加え、オレガノやフェンネルの花といったハーブまで揃う。



「今日はあきる野の持田将士さんの野菜が多いですね」と中東シェフ。



カウンター主体の店内。目の前にすべて見渡せるオープンキッチンがあり、迫力満点。

コースは二十四節気に則り、2週間ごとに替わる。

美味しさに感激した後で理解するのは、野菜の滋味深さ。気付けば心まで満たされている。


色鮮やかな野菜が織りなす、心華やぐ料理で魅了する人気店!

“畑の伝道師”が提案する、鮮やかで美しき野菜体験
『FARM AKIRA』


野菜の生産者に着目したイタリアンの先駆者といえば、渡邉 明シェフだろう。

生産者を謳うイタリアンがほぼなかった2004年、優れた野菜を紹介するために『AWkitchen』を作り、いつしか“畑の伝道師”と呼ばれるようになった。

日本中の畑を訪れ続け、築いた信頼関係も数知れず。その渡邉シェフの集大成となる店が、昨年9月に誕生した『FARM AKIRA』だ。

「生産者を応援するというテーマは変わりません。これまで見てきた野菜のベストを揃え、ひとつひとつの素材を耕すつもりで最大限生かします」と渡邉シェフ。

コースのひと皿目には、千葉の石野さんのフルーツトマトや、京都の西村農園の茄子などが集まるイタリア版八寸といったプレートが登場。



生き生きした野菜の色彩が美しく、食せば活力が湧く滋味深さも備える。

冷製パスタはうにとエディブルフラワー、バジルの競演で、こちらも提供された瞬間に顔がほころぶ華やかさだ。

それらのひと皿に並ぶ姿を想像し、向上心を持った生産者が作る食材が、シェフの“FARM”で艶やかに昇華される。

そんな美食の好循環を、その舌でぜひ体験あれ。



千葉県勝浦産の太刀魚のあぶり焼きは、立川にある小山農園のシャドークイーンという紫芋がソースとして活躍。

3種の新じゃがの素揚げが皿を彩る。


渡邉シェフが全国から厳選した野菜の味の深さに感嘆!


渡邉シェフが惚れ込んだ野菜をふんだんに使用。

そのひとつが、千葉県いすみ市で作られる石野さんのトマト。皮まで美味しいので、皮をとることなく調理する。



いまも頻繁に各地の畑へ足を運んでいるという、渡邉シェフ。



『FARM AKIRA』は、渡邉シェフのプライベートダイニング的な空間。

現在はコース(18,000円)だが、表参道へ移転後はアラカルトも提供。



イタリアンに合う日本食材は肉や魚だけじゃない!

女心をくすぐる華やかで美しい「野菜イタリアン」は、デートの切り札として絶対に覚えておきたい!


▶このほか:“幻の牛”但馬玄のステーキは、口にした瞬間に旨みが溢れる…!実力派シェフのイタリアン