六本木にオープンして間もないのに、すでに2ヶ月先まで予約が取れない焼肉店『牛肩ロース 牛男(うしお)』。

実はここ、自身の名を冠した店を予約が取れない人気店にのし上げた長谷川 稔氏がプロデュースしているのだ。

そんな長谷川氏のグループであれば、普通の焼肉店なわけがない。その注目の全貌を紹介しよう。



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



メニューは2部構成のコース一本(14,300円)である。

前半は長谷川氏考案の料理を含む一品料理で、後半は焼肉と米。長谷川氏にその意図を聞いた。

「主役はあくまで焼肉。焼肉を美味しく食べるために、料理で食欲を最大限に出させて、準備万端の状態でアツアツの焼肉でご飯を包んで頬張る。それが一番、美味しくないですか?」

つまり、食欲をどんどん高めるために料理にも全力だ。

長谷川稔グループは中華からフレンチまでシェフの層が厚いので、彼らの声も含めメニューを練った。

まず、1品目からビーフシチューと飛ばしている。

その後、近江牛のサーロインすき焼きやシャトーブリアンが続き、強烈なのが次の〝えびタン〞。それは厚切りタンにボタンエビと玉ねぎをかけたもので、旨みの高め合いで記憶に残るインパクト。

前半最後の3品はすべてメインディッシュのようで、第一幕で既に大盛り上がりだ。

それでは、長谷川氏の食へのこだわりが凝縮した究極のコースを紹介しよう。


コースのはじめにビーフシチュー。その衝撃が期待を裏切らない


まず初めに、ジューシーなタンが入った「阿佐ヶ谷ビーフシチュー」はハマグリライスを付けられる。



塩ベースのセンマイ刺しとピリ辛のコブクロ刺し。



「The 長谷川稔 サーロインすき焼き」。

近江牛サーロインや椎茸にわりしたを浸透させ、クリームチーズの豆腐と揚げネギ、うずらの卵を添えている。



近江牛のシャトーブリアンは焼いた後に一度寝かせてゆるやかに熱を通し、最後にスモークチーズをかけて炙ったもの。



厚切りのタンにボタンエビと玉ねぎをのせた「えびタン」。

味付けは3種から選択でき、写真は長谷川稔氏考案の醤油ベース。



お口直しの「グレープフルーツショット」


これが本物の「和牛」!長谷川流、究極コースの後半戦!

唯一無二のコースで知る、「本物の和牛」ってこういうこと


第二幕はカメノコ、トモサンカク、シンシン、カルビなど5種の肉と焼き野菜がおかずとなった「牛男 焼肉御膳」。試作を重ねた卵スープ、肉を巻くサンチュとエゴマ付。

岐阜の「龍の瞳」と5種の近江牛とあって、米も肉も一級品だ。

さらに、御膳で米と肉を食べているのに、〆にはフィレ肉茶漬けを選ぶこともできる。

また、土鍋で炊いた米の香りも肉の滋味深さもいっそう深く感じられるのは、前半に高揚したぶん研ぎ澄まされているからかもしれない。



〆は「フィレ茶漬け」(写真)か系列店の中華『隼』が考案の「ユッケジャン温麺」の二択。



カルピスのスプレーを吹きかけて食べるミルクジェラート。

めくるめく展開は、もはや肉の娯楽。欲望を満たす新感覚の焼肉店は、やはり今のうちに予約すべし。


考え抜いた料理と本物の焼肉を、グループ全員で作りました


焼肉に進出した理由を長谷川 稔氏に聞いた。

「かねてより旨い牛肉を求めて全国を食べ回っていました。

そんななか、SNSには“この肉、美味しくないでしょ”と見た目で分かる牛がキャーキャー騒がれていて、本当に美味しい牛肉を食べてもらいたい、これが世界に誇る日本の和牛なんだぞと知ってもらいたい気持ちが湧いて焼肉店に挑戦しました。

分かる人には分かると思うんですよね。この赤さが本物なのだと」



全室個室で、奥には裏口から人目に触れずに入れる秘密の個室もあるという。

クロークもお手洗いも個室内にあるので他の客と顔を合わせることはなく、お忍びにも最適な一軒だ。

長谷川 稔氏が魅せる、本物の焼肉を一度堪能してほしい。

▶このほか:「1万円以内で焼肉」が叶う奇跡の新店へ!特上のお肉クオリティを誇る最強焼肉!