日本橋エリアで名を馳せる焼肉の名店『焼肉 あかぎ』。

同店の看板メニューである「厚切りハラミ」が、ハラミ好きから“カリスマ的存在”と愛される逸品だ。

老舗卸が厳選した黒毛和牛のみを提供するとあって、その肉クオリティは期待以上。

管理もカットも提供方法もぬかりなく、食せば、止めどなく溢れる肉汁と心地良い弾力に驚愕させられる!


▶「ハラミ特集」前回:焼肉店でありながら、和食仕立ての“焼肉割烹”!とにかくうんまい肉を楽しめる広尾の名店

※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


脂の甘みをしっかりと感じながら、くど過ぎない後味が心地いい


そのネーミングに偽りなしの「厚切りハラミ」は、およそ2cmにも迫る厚さ。1人前で総重量140gになる。

「繊維が太く、ギュギュギュッという食感がハラミの一番の魅力」と、店主の戸塚康弘さん。醍醐味を味わってほしいからと、これほどまでに厚く切る。



焼き加減は「しっかりがオススメ」。

教えに従い、こんがり焼き上がった一枚にかぶりつけば、はらりとほぐれる肉の繊維から甘い脂があふれ出す。

止めどない肉汁の量に面食らうが、脂にはキレがある。

「ウチはハラミも黒毛和種しか出さない。老舗卸が厳選してくれるんです」

その卸とは、昭和25年創業の田島商店。この道30年の戸塚さんが信頼を寄せる名門で、松阪牛などの枝肉を一頭買いするほか、内臓に強いことでも知られる。

だから、メニューのハラミに「並」はなく、「上」が基本。

「焼肉屋は素材で全てが決まる」と語るが、最高の肉を入手した上で、管理もカットも提供方法も手を抜かないから、卸す方も全幅の信頼を置くのだ。

ハラミの厚さは職人の志の高さに比例する。そう思わせる、堂々たる厚切りである。


こちらのハラミも、オススメです!


醤油ベースの甘辛ダレでもみ込んだ上ハラミを、卵黄に絡める「ハラミすき」2,068円。

卵黄のコクが肉の旨みを引き立て、思わずご飯が恋しくなる。


店主が語るハラミへの並々ならぬこだわり



ハラミの中でも、脂がきれいで分厚いものはほんの一部。数に限りがあるからこそ、ぜひ厚切りで食べてほしい。

肉質と価格は他に負けない自信があります。



厚切りにこだわる『焼肉 あかぎ』のハラミは、心地良い弾力と、噛むたびに溢れ出す肉汁が格別の美味しさ!

今まで経験したことがないほどの口福感で満たされるだろう!


▶このほか:焼肉店でありながら、和食仕立ての“焼肉割烹”!とにかくうんまい肉を楽しめる広尾の名店