「美味しくて、とにかく楽しい」とSNS上で話題になり、今や予約困難店の筆頭とも言える、五反田ヒルズの『食堂とだか』。

今年7周年を迎えたばかりの同店。そのエンタメ感は楽しさ満開で、デートにもばっちりハマるのだ!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



どうしてもこれが食べたい!名物ぞろいの人気店


「腹パンの向こう側へ、行ってみませんか?」そんな誘い文句でゲストを笑わせる『食堂とだか』の戸高雄平シェフ。

料理は12,000円のおまかせ一択。

飲み放題も含む驚愕のコスパも人気の一因ではあるが、真骨頂は“コール&レスポンス”とも呼ぶべき、店主とゲストのやり取りなのだ。

接客の極意は、同じビルで店を営むスナックのママたちからヒントを得たとか。

「全然お客さんが来ない時期もあって、そのときはめちゃくちゃ助けてもらいましたね。と同時に、会話や接客面で勉強になった部分は大きいかも(笑)」

聞けばなるほど。この旺盛なサービス精神は、スナックのそれなのだ。



SNSでもおなじみのスペシャリテを。撮影もOK!


看板メニューである「ウニ オン ザ 煮卵」と「牛肉ご飯」の絵力の強さは絶大。

事前に彼女に知らせておけば、本物と出会った際の喜びは何十倍にもなる。他にも土鍋ご飯など、スマホが手放せないほどシャッターチャンスの連続だ。



ドリンクも、みんなで楽しめるような工夫を


お酒は飲み放題が嬉しい。目の前のブレンダーで作られる、生おろしレモンの特製ハイボールは「あれ飲みたい!」と気になる女性が多数。

また日本酒も含まれるので、お酒好きな彼女でも大満足してくれるはず。



所々に隠しネタあり!発見するごとに盛り上がる


サプライズもお得意。食べ終わったお皿に謎の数字が仕込まれていたり、コース後に「実は…」と提供される裏メニューがあったりと楽しい。

ちなみに、取材時の裏メニューは「梅つけ麺」だった。



2人で身を預ければ、テーマパークに匹敵する楽しさが待っている。こんなにも心の底から笑えるレストランは、他にないはずだ。



【恋が生まれる舞台】
「予約が取れた」が十分な誘い文句になる、限定9席


スナックのような雰囲気が、親密度を演出してくれる。

現在、夜の部の予約は受け付けていないが、SNSで常時空き状況を伝えている。15:00〜の昼の部は、なんと若干の余裕アリ!随時チェックを。



「某テーマパークばりに楽しませます!(笑)距離を縮めたいなら、僕にお任せを!」


▶このほか:日本酒好きな彼女との距離が縮まる、ペアリングが楽しい人気店