2007年、映画の主演に抜擢されて俳優デビューを飾った、林遣都さん。その演技力の高さが評され、その後、ドラマや映画のオファーが常に絶えない。

昨年は2本の主演映画が公開され、2作の舞台に立った。

俳優として15年。胸に秘めた、演じることに対する熱い思いを、赤裸々に語っていただいた。


林さんのインタビューは、今日と16日(日)の2回に渡ってお届けします!

【前編】
■林さんが明かしてくれた、お酒の席での先輩俳優とのアツいエピソード
■【WEB限定】撮影風景のメイキング動画
■WEB限定の未公開カット!


「30代に入り落ち着いて、前より充実しています」


「普段、このような上品なお店へ食事に行くことは少ないです」

『新華』の席に腰をおろした林 遣都さんは店を見渡してそう言った。

撮影の前週は、舞台『友達』の大阪公演。芝居に集中するため、さくっと食べられるラーメンやたこ焼きが続いていた。

久々のレストランに高揚する林さんに、この店はどんなシーンが合うか聞いた。

「大人なデートにぴったりなお店ですね。友達と来るというよりも、ふたりで少し背伸びをして食事に行く。

僕はこういう大人な雰囲気のお店の行きつけがほぼないので、つくっていきたいです。30歳を過ぎて共演者も年下の子が増えてきたので、ちゃんとしたところをセッティングできる先輩になりたい。

僕の周りの先輩俳優さんも、素敵なお店を知っている方が多いんですよ」



林さんといえば、デビューから15年で出演映画が36本(主演が12本)、ドラマ出演も60本に迫る超売れっ子。それらの大半が20代での作品だ。

目まぐるしく演じるなか、言葉を交わす場を求めて出かけていたと話す。

「昔は、そうしなければと意識していました。元々人と話すのが苦手で、思っていることを言えないこともあったので、お酒の場で自分をさらけ出すのは必要な時間だった。

記憶がなくなるような悪い酔い方はしないけど、飲むとテンションが3ギアぐらい上がります。喋って、はしゃいで、歌って。しっかり二日酔いにもなりました(笑)」

共感する人も多い青春の酒。「帰りたくなくなる日もあった」と、家でも仕事場でもない環境を求めていたことも。

人が羨む立場に見えて、感情の波がうねる日々もあった。



「みんなそうだと思うんですけど、同世代に負けたくないという思いが常にあって、負けると凄く悔しくて、わ〜と感情が溢れてしまうことがありました。

自分には到底できないことをしている人を見て、劣等感を覚えることも。それで凄く悩んで荒んだ時期があって、上手くいかないことをお酒の場で発散してたんですね。

その一番よくない状態の頃、本当に救われたのが、藤原竜也さんの言葉。不安定な僕をみて、飲んで解散したあとに、“芝居に生きよう”と、ひと言メールをくれたんです。

これからもずっと心に残る大切な言葉です」

怒涛の20代を過ごし、いま落ち着いたからこそ、食事に合わせてゆっくりお酒を飲みたいと思い始めた。

何かに頼らずとも、自分の意見を言えるようにもなってきた。


林さんが理想とする大物俳優とは?未公開カット&撮影風景の動画も大公開!


“職人”と呼ばれるような俳優になりたいと話す林さん。

その理想を聞くと、「僕、大好きな人がいっぱいいるんですよ」と、考え込んだ。自身が芝居の世界のファンであり、尊敬する俳優は多い。

少しして、ある人の名があげられた。

「夢みたいな人は西田敏行さん。僕、勝村政信さんに仲良くしていただいていて、以前、西田さんを含めた3人で食事をした帰りに、みんなでタクシーに乗ったことがあるんです。

そのクルマのなかでほろ酔いになった勝村さんが、“遣都、このおじちゃんに知らないことはないから、そうならなきゃダメだよ。大変なことだけど、俳優でありながらどれだけ人間として勉強してるかだから”と話してくれたことがあって、演技の凄みに納得しました」

西田敏行さんは現在74歳。大先輩の名前をあげるのは、その年代まで芝居に生きる覚悟があるからだろうか。

そう聞くと、「出来なくなっちゃったら、もう、死ですね。地元の滋賀に帰って、しばらく引き籠ろうかな」と笑う。芝居が生きる証と思えるほど、自分を注いでいる。

今回、林さんから何人もの俳優の名前があがり、楽しそうに彼らと過ごした話が出た。生来の実直さが、周りを惹きつけるのだろう。

言葉が溢れる晩が積み重なって、人間味を深めた林さん。そんな俳優の芝居はとことんリアルで、年代ごとの顔を見たいと思わせるのだった。


【撮影風景の裏側を公開!】


【後編】 1/16に公開!
■林 遣都さんも唸った、赤坂の中華『新華』の魅力
■【WEB限定】編集部は見た!林さんの撮影当日の裏話

■プロフィール
林 遣都 1990年生まれ、滋賀県出身。2007年に映画『バッテリー』に主演し俳優デビュー。その後も2009年の『風が強く吹いている』、2012年の『荒川 アンダー ザ ブリッジ』など主演映画多数。テレビドラマ出演も60作品に迫り、舞台でも活躍。2021年は『犬部』、『護られなかった者たちへ』、『恋する寄生虫』が公開

■衣装
ジャケット 212,300円、シャツ 33,000円、パンツ 104,500円〈すべてエンポリオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070〉、タートルネック、シューズともにスタイリスト私物


▶このほか:港区の艶やかなバーで魅せた、田中 圭のセクシーすぎる未公開カット!




東京カレンダー最新号では、林 遣都さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
20代の頃、林さんが共に朝まで飲み明かしていた先輩俳優とは?

アプリのダウンロードはこちらから。