「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“最終学歴、GMARCH。”に“33歳で子どもを授かったことに気づいた女が、狼狽した理由”から“世帯年収3,000万超えの妻が本当に欲しかったもの”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
最終学歴、GMARCH。:食事会で「女子2,000円、明治女子3,000円」の扱いを受けた女

― 今日の私、結構いいんじゃない?青学女子って言ってもおかしくないくらい華やかになってるはず!

そう心の中で思いながら、真優は斜め向かいに座っている一橋卒の男性をチラリと横目で見た。

― この人とはけっこう話が盛り上がったし…。LINE交換できたらいいなぁ。

しかしそんな淡い期待は、完全に打ち砕かれる。いよいよお開きの時間というとき、男性陣から言われた“ある言葉”に大きなショックを受けたのだ。

続きはこちら


★第2位
彼氏と初めての温泉旅行。高級旅館で過ごす一夜に、女が不安に思ったワケ

『颯くんと一緒に旅行できるなんて、嬉しい!あ、旅館は私が探しておくね』

彼の熱が冷めないうちに。それと、この旅行で2人の関係を進展させるという私の決意が揺らがないうちに、畳みかけるように返信する。

それからすぐに旅行サイトを開いた私は、前から行ってみたいと思っていた旅館をリストアップ。颯と過ごす時間を思い浮かべては、ニヤけていたのだった。

だが、数時間後に彼から送られてきたLINEに出鼻をくじかれてしまった。

続きはこちら


★第3位
妊娠検査薬に、うっすら赤い線が入って…。33歳で子どもを授かったことに気づいた女が、狼狽した理由

予定日になっても生理が来ない。10日も遅れたのは、33年生きてきて今回が初めてだ。相手はおそらく、最近関係を持ったばかりの章二だろう。大手代理店で広告プランナーをしている彼は、まだ入社3年目の25歳。

「今は、仕事を精一杯頑張りたい」と無邪気に笑う顔が脳裏に浮かぶ。彼に「あなたの子を妊娠したかも」と告げたら、どうなるだろうか…。

日菜子:話したいことがあるんだけど

章二へのメッセージを打っては消し、打っては消しを繰り返す。やっぱり、どうしても言えなかった。

続きはこちら


★第4位
「BMWは親に買ってもらった」ハイスペ男と交際したら“人の自慢話”ばかり。呆れた女は…

30歳を迎えると、独身で居続ける自分にどこか負い目を感じ始めるようになった。

その不安を和らげるように、私は今、あるハイスペ男性と付き合っている。彼の名前は貴男。日比谷高校から東大を卒業した、かなり優秀な男性だ。

数回、デートを重ねて付き合うことにしたのは、彼の経歴やバックグラウンドが良かったから。だが正直なところマスクをとったときに見えた、彼の出っ歯気味の歯並びはずっと気になっている。

しかし、問題はそこではなかった。私は最近になって気がついてしまったのだ。

続きはこちら


★第5位
「2つめのバーキンよりも“それ”が欲しい…」世帯年収3,000万超えの妻が本当に欲しかったもの

「うわ〜、嘘つく男は嫌だわ〜」
「…そうだなぁ。でも、よく考えもせず、感情まかせに行動する女もどうかと思うけど」
「…そうねぇ」

番組の感想と見せかけて、お互いへの不満が見え隠れしたりもする。私たちは、争いごとが嫌いで、決定的な何かが起こるまで、話し合わずに曖昧にする癖がある。

だけど、こうして些細なところで相手の不満をちゃんと嗅ぎ取りながら、私たち夫婦はうまいことやっている。

…けれど、あの女の存在が、私の人生を狂わせはじめた。

続きはこちら