毎年、話題作への出演が絶えない実力派俳優・林遣都さんをお誘いして訪れたのは『新華』。

ヌーベルシノワの巨匠の集大成となる店で、オープン早々、斬新なコースが話題に。

そんな気鋭の中華料理店で、林 遣都さんの素顔に迫ったインタビューの後編!


▶前編はこちら:【動画あり】「酒の力を借りたこともありました」林 遣都を救った、ある俳優の言葉とは

【後編】
■林 遣都さんも唸った、赤坂の中華の魅力
■【WEB限定】編集部は見た!林さんの撮影当日の裏話

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


「食べる前に食材を見せていただくと、関心が高まって楽しくなります」


どんな店で撮影するのか、実は『新華』をネットで予習して楽しみにしていた林さん。

ヌーベルシノワの先駆者である新山重治さんは、そんな彼の期待を上回る料理を提供した。

なにせここは、中国料理歴48年になる新山さんの集大成となる店。

青山や日比谷に展開する『礼華』を人気店にした後、2021年2月、「自分が本当にやりたい料理を結集させたコースを」との願望を携え『新華』をオープン。

中国各地の料理に、和食やフレンチの技法を取り入れたイノベーティブなひと皿で客を引き込む。


牛テールの旨みが効いたフカヒレの小鍋は、冬にぴったりのご馳走


ひとり用の小鍋に火をつけて提供される「吉切鮫の尾びれ 冬の小鍋奉行」。

牛テールで取った白湯スープなので、ペアリングは肉の旨みとよく合うブルゴーニュのピノノワール。


「濃厚なお出汁が染み渡ります。これはワインが進むスープですね」


フカヒレの小鍋を実食して、「濃厚なスープなのに全然重たくない。肌によさそうなコラーゲンも感じます。あ、でも明日はお休みでした(笑)」と、感激をお茶目に話す林さん。


『新華』の魅力をさらに深掘り!そして、林さんの撮影当日のウラ話も大公開!

フレンチのような盛り付けなのに、食べればしっかり中華というのが面白い


「日本の食材は最先端。だから和食はどうしても強くて、ならば和食のいいところを取り入れた中国料理を作れば進化できるはず」と新山さん。

全国の漁場から旬の魚を直送で仕入れ、牛肉は山形牛を使用。時に和食の下処理を施し、そこに中華のスパイスを重ねて食材を輝かせる。

例えば、28種の食材が入った魚介のサラダは、四川花山椒にオリーブオイル、柚子など多国籍の香りが絶妙に混じり合う。



そしてまた『新華』は、ワインとのマリアージュが醍醐味の中華でもある。

ソムリエ歴21年の吉岡喜代志さんが選ぶ至極のワインを目当てに来る食通も多いのだ。

例えば、前述のサラダにはアルザスのグランクリュの白ワインが合わせられ、結果、どうなるかと言えば林さんの言葉がすべてを物語る。

「幸せ。華やかな気持ちになりますね」

大人の心が躍る中華は、長い努力あってこその新しさが光る店。特別な日に大切な人を連れていくにも最適だ。


■■2021年、輝いた店■■
『新華』/中華

2021年5月号で初登場!

ヌーベルシノワをリードする『礼華』グループのシェフとヘッドソムリエが作った新店。シェフの自由闊達な料理が話題を呼んだ。


【WEB限定】編集部は見た!林さんの撮影当日の裏話


シックな衣装に身を包み「楽しみにしていました」と、微笑んで登場した林さん。そのきらきらと透明感のある笑顔に、スタッフ一同が魅了されながら撮影はスタート。

30代になって食への関心も一段と高まったと、料理の説明にも興味深そうに聞き入っている姿が印象的でした。

食の好みを伺うと、「中華、イタリアン、鮨、焼肉…、お酒はワインに、その他もいろいろ飲みます」と守備範囲は広く、撮影後には「帰ってからじっくり読みます!」と東京カレンダーをお持ち帰り。

インタビューでは、いまの演技にもつながる西田敏行さんや藤原竜也さんなど、先輩方とのエピソードも飛び出しました。

林さんの真っすぐな眼差し、醸し出す穏やかな空気感に、周囲の方々から愛される理由に納得!

舞台上ではない“素”の実力派俳優の魅力を拝見することができました!


▶前編はこちら:【動画あり】「酒の力を借りたこともありました」林 遣都を救った、ある俳優の言葉とは

■プロフィール
林 遣都 1990年生まれ、滋賀県出身。2007年に映画『バッテリー』に主演し俳優デビュー。その後も2009年の『風が強く吹いている』、2012年の『荒川 アンダー ザ ブリッジ』など主演映画多数。テレビドラマ出演も60作品に迫り、舞台でも活躍。2021年は『犬部』、『護られなかった者たちへ』、『恋する寄生虫』が公開

■衣装
ジャケット 212,300円、シャツ 33,000円、パンツ 104,500円〈すべてエンポリオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070〉、タートルネック、シューズともにスタイリスト私物


▶このほか:“世界一”の和牛 VS ウルフ・アロン!思わずうなった銀座の肉割烹とは?




東京カレンダー最新号では、林 遣都さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
俳優人生を振り返り、20代の頃の葛藤や、名だたる先輩俳優たちとのエピソードをたっぷり語ってくれています!

アプリのダウンロードはこちらから。