マンションの購入を考える際、2つの選択肢がある。

「高層マンション」にするか「低層マンション」にするか?という選択だ。

近年、資産価値の高さから富裕層、一般層ともにタワーマンションの購入を考える人が多かった。

だが、最近その流れに変化が現れ「富裕層たちが低層マンション」へと流れているというのだ。

元来、低層マンションには富裕層が住むという定説はあったが、最近その流れが加速しているという。

さて、その理由とは?


▶前回:“良い物件”を見分けるテクニック!モデルルームでチェックすべきポイントとは



富裕層が「タワマン」から「低層マンション」に住み替えを始めている!?


「これまでタワマンに住んでいた富裕層が、『低層マンション』に住み替える動きが見られます」

そんな話をしてくれたのは、高級マンションジャーナリストの坂根康裕さんだ。

「トレンドと言い切るには、まだそれほど顕在化しているという印象は正直ありません。

ただ、低層マンションや戸建ての販売現場で、タワマンからの住み替えが思った以上に多い、という感想を聞くようになりました」(坂根さん)

まず、ここでいう「低層マンション」の定義について、説明しておこう。

これという定義はないが、13種類ある用途地域のうち最も厳しい規制が敷かれる「第一種低層住居専用地域」に建てられる3階から5階建て程度のマンションが、主に「低層マンション」とされている。

坂根さんによると、タワマンから低層マンションへと移住する人の年齢や属性に目立った傾向はないという。

ただ、低層マンションといえば、超高級マンションの代表格。よって、必然的に高所得者は多いだろうと語る。

これまでの連載でも、タワーマンションの資産性の高さについては言及してきた。それなのになぜ、富裕層たちは低層マンションに移住しているのだろうか?

「単純にタワーマンションが増えてきたので、タワーマンションを売却する人も増えてきた、と考えるのが妥当かもしれません」(同)

住友不動産が、日本初のタワーマンションとされる「与野ハウス」(高さ66メートル、22階建て)を、建設したのが1976年。その後、2000年頃から本格的にタワマンの建設ラッシュがスタートし、現在のタワマンブームへと繋がった。

一般的にマンションは、大規模修繕を築10〜20年ほどでおこなう場合が多い。2000年代に建てられたタワマンが、2022年になったいま、正に大規模修繕を行うタイミングというのもあり、コスト増を恐れて資産家たちが住み替えを考え始めているのだ。

「すべての人を100%満足させることができないように、タワマンライフも良いところ、そうでないところがあります。

住み替えを考える理由の1つに、『災害』への恐れもあるように感じます。

停電時、エレベーターや給水ポンプが使えないと困るなど、災害時のことを考えると地面に近い方が安心ということかもしれません」(同)

また、タワマンは、投資や節税目的のセカンドハウスとして所持し、実際に住むのは低層マンション、という富裕層も存在するとのこと。

さて、こうした動きを、売り手側はどう考えているのか?


低層マンションのリアルをマンションデベロッパーに直撃!


マンションデベロッパーの現場担当者が見た!低層マンションを選ぶ人たちの傾向


坂根さんの意見を受け、実際に低層マンションの新築物件や、リノベーションを多く扱う『コスモスイニシア』の倉島将太さんに、低層マンション暮らしのリアルを聞いてみた。

――実際に、低層マンションの需要は伸びていますか?

「顕著な流れとしてあるか?というと、そうではないように感じます。

都心のタワーマンションを所有しながら、ご自身は別のエリアの低層マンションにも住んでいるという方もいるので、『住み替える』というよりは『両方所有している』方も多いといった印象です。

タワーマンションは多忙な時の都心生活、低層マンションはちょっとオフでゆっくりなど、というように、家を買う目的は個々人によって異なるように思います」(倉島さん)



――低層マンションはタワマンより安い?高い?

「同等の広さを求めた場合、低層マンションは、敷地の広さに対して部屋数が少なくなるため、タワマンより高額になることもありますね。

そのため、地価が高騰している高級住宅地と呼ばれるエリアにある低層マンションは億単位での取引が常態化し、富裕層の方のための物件になっていると言えるでしょう。

ただ、タワマンも建てるためには広い土地が必要ですし、一般的な建築基準に加え、公開空地を設けたりなど建築許可の条件が厳しかったりもします。それに、共用部が充実していて眺望がよいというメリットもあります。

なので、タワマンのほうが低層マンションより劣っているということは決してありません。好みの問題だと思います。

先ほども言いましたが、個々人のライフスタイルに合わせて両方所有する、というのがイマドキの富裕層の傾向なのかもしれませんね」(同)

――アッパーサラリーマンとして働いていた層が年齢を重ね、こだわりの家を求めて低層マンションに住む。そういう流れは定説としてありますが、低層マンションのメリットは?

「その方のライフスタイルによりますが、住まう立場から見たメリットは、暮らしやすさにあるでしょう。

エレベーター待ちなどの余分な時間も少ないので、時間をロスせずに済みます。

また、低層マンションでは駐車場が自走式の平置きタイプで用意されている場合も多く、大きな車でも置くことができるのも大きなメリットです。

タワマンだと立体駐車場の場合が多く、富裕層が好む車幅が広く車高が高い車が入らず、数少ない平置き駐車場の順番待ちが大変、なんてことがありますから。

また、高級エリアの低層マンションは部屋の面積に余裕がある場合も多く、ゆとりのある間取りにプランニングが可能な物件が多いことも魅力です。

さらに、戸数が多くさまざまなバックグラウンドを持つ方が多いタワマンと比較して、居住者の層が近い方が多いようにも感じます。

もちろん、そうした面も含めて、低層マンションは相対的に高価にはなります。タワマンには無い周辺環境や居住空間を買う、ということになりますから」(同)



――これまでのご経験から感じた、低層マンションに住む方の傾向は?

「もともとそのエリアにお住まいの方、受け継いだ財産がある方、一定以上の所得がある方……つまり、お金とともにしっかりとしたバックグラウンドがあるセレブリティが多いように思います。

タワマンは節税のために購入するというお考えもあるかもしれませんが、シンプルに住み心地を求めて低層マンションに暮らす。

これが、心的にも金銭的にも余裕がある方ならではのライフスタイルなのかもしれません」(同)

タワーマンションと低層マンション、2つを住み分けることで人生に幅が生まれることが、坂根さん、倉島さんへの取材によって判明した。

では、今まさに住むべき低層マンションとは――?


低層の醍醐味を味わうことができる物件はコレだ!


住んでみたい!憧れの「低層マンション」がコチラ!


低層マンションとひとことで言っても、エリアや環境によってアタリハズレは出てくるもの。そこで、高価格帯マンションを見てきた坂根さんに、狙い目を教えてもらった。

「目黒区、世田谷区は人気が高く、低層マンションの価値が高まるエリアです。この周辺は低層マンションが建てられることが多く、物件を見つけやすいと思います。

港区も良いのですが、そもそも低層マンションが少ないため、見つけるのが難しい可能性があります。

渋谷区は広尾、松濤、代々木上原あたりに低層マンションが多いのですが、相場はピンキリです」(坂根さん)

そんな坂根さんの話を聞き、編集部が探してきたおすすめ物件がコチラ!



◆渋谷駅から徒歩圏内にもかかわらず、別荘地に来たようにくつろげる
『ザ・パークハウス グラン 神山町』


三菱地所レジデンス株式会社が手掛ける『ザ・パークハウス グラン 神山町』は、渋谷駅から1km圏内、代々木公園駅徒歩9分、代々木八幡駅徒歩10分のエリアに竣工予定。

4,000平米超という大規模な敷地に、平均面積100平米超、わずか55邸のみ、まさにフラッグシップと呼べる贅沢な邸宅を実現する。



おすすめは「3LDK+2WIC+N+SIC」の129.53㎡タイプ。

南向き、10m超のワイドスパンで、リビングはキッチンと合わせると26.3畳の広さを持つ。

3部屋が独立していて、PP(プライベート・パブリック)分離できているのも魅力。年頃の子どもたちを育てているファミリー層や、家での仕事を充実させたい方におすすめ。

洗面室は家族が多くてもOKの2ボウルタイプ。トイレも2つ用意されているので、来客用と使い分けができる。

また、こちらの部屋は駐車場優先権付き。車好きには見逃せない物件だ。



デザインは、GINZA SIXなどを手がけたグエナエル・二コラ氏が担当。

緑深く低層住宅が広がる神山町にふさわしく、周りと調和しながらも、ナチュラルな素材のルーバーで設えたゲートやドラマチックなエントランスが住まう方を迎え入れます。

参照:https://www.mecsumai.com/tphg-kamiyamacho/



住まう楽しさを味わえる「タワーマンション」と、住み心地のよさを追求した「低層マンション」。どちらが優れているということはなく、どうやら「どちらも手に入れる」のが現代社会において成功者のセオリーとなっているようだ。

憧れられる暮らしを手に入れたいなら――セレブリティ向け低層マンションで、快適かつ安心な暮らしを手に入れてみてはいかがだろうか。


▶前回:“良い物件”を見分けるテクニック!モデルルームでチェックすべきポイントとは

▶Next:5月6日 金曜更新予定
「六本木タワマンを選んだのには理由がある」都心ライフを満喫する男性の暮らしに迫る!



◆今回お話を伺ったのは、この方

坂根 康裕(さかね やすひろ)氏
株式会社PRエージェンシー代表取締役

1987年リクルートに入社「住宅情報style」「都心に住む」編集長を歴任したのち独立。

不動産に関する情報を発信するサイト「Fact Stock(ファクトストック)」を運営。TwitterやYouTubeでの動画配信など、不動産の正しい情報を伝えるべく精力的に活動している。


倉島 将太(くらしま しょうた)氏
株式会社コスモスイニシア 流通事業部 リビングデザイン課 課長(取材当時)

2007年コスモスイニシアに入社。

分譲プロジェクトの企画、用地仕入、新築販売、新規事業企画を経て、現在の内装工事請負事業を社内で立ち上げる。

不動産の開発から内装工事に至るまでの幅広い実務経験から、それぞれのお客さまに寄り添ったご提案を大切にしている。


Text/和栗恵