男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…?

誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。

さて、今週の質問【Q】は?

▶前回:「結婚も考えている」と言葉にしたはずなのに…。同棲2年目で、女が男を置いて出て行ったワケ



「和也くんカッコいいし優しいし…本当に独身なの?」

またこの質問だ。

僕は今年で30歳。最近独身かどうか、疑われることも多くなった。

「当たり前だよ!独身じゃなかったら、花ちゃんをデートにも誘わないでしょ」
「そうだよね」

先日、レセプションパーティーで知り合った花。

華やかな顔ぶれがそろう中、花は背が高く、そして何より綺麗で目をひいた。

だからその日、僕から声をかけてデートに誘ったが、花もまんざらではなかったようだ。

僕らは数回デートをし、かなり盛り上がったのだ。

「花ちゃんって、本当にかわいいよね」
「そういう和也くんのほうこそ。絶対モテるよね。こんなにも素敵だもん」

けれども3回くらいデートをしたあと、遠回しに断られるようになってしまった。

果たして、僕は何をしてしまったのだろうか…。どう考えても、悪かったところがわからない。


何も悪い点はないのに…完璧だけど、なぜかいつも先に進まないのはナゼ?

Q1:初対面と初デートで、彼女が気になった点は?


花と出会った当日。僕は男友達と一緒にいたが、ラッキーなことに花も女友達と2人でいた。

「俺、声かけてくるわ」
「どの子?あの綺麗な二人組?」
「そうそう」

小さな声で友達と作戦会議をしつつ、思い切って声をかけてみる。するとクールそうな見た目とは裏腹に、花はとても気さくで話しやすい子だった。

「じゃあ花さんはアパレル系なんですね!」
「そうなんですよ。そのつながりで、今日ここに呼んでいただいて。和也さんは?」
「僕はこの会社の社長と仲良しなんです」
「ナルホド。っぽいですね」

何が「っぽい」なのか分からなかったけれど、このあとも話は盛り上がり、連絡先を交換することができた。そして解散後すぐに連絡をすると、花からも返事が来た。

― 和也:今日はありがとうございました。もし良ければ、今度2人で食事でもどうですか?
― 花:はい、ぜひ。

こうして、僕と花のデートが実現したのだ。

店選びは迷ったけれど、『クローニー』にした。失敗できない初デート。僕は絵画を鑑賞しながら食事が愉しめる、特別な個室を予約した。



「わぁ、素敵…♡」

予想どおり、花は目を輝かせながら感動してくれている。感度の高い女性には、感度の高いレストラン。これはイケてるデートの掟だ。

「でしょ?ここの個室は特別だから、花さんと来たくて」
「嬉しい!ありがとうございます」

すでに僕を見つめる目はとろんとしている。

そして料理が進むとともに、お酒も進む。お互いの本音も見えてきて、心の距離はグッと近くなる。

「和也さんって、そんな若いのに経営者なんだ」
「いやいや。そんな若くもないし、年齢は関係ないよ」
「しかもそのルックス…。絶対モテるよね?」
「んー、どうだろう。人並みって感じだと思うよ。それより花ちゃんのほうこそモテそう。綺麗だし、気遣いもできるし…」

長い手足と、バランスよく配置されている顔のパーツ。周りがハッとするほとの美人で、かつ笑うと可愛いらしいのが魅力的だった。

「全然だよ。…ちなみに和也くんって、年上はアリな人?」
「ん?どういう意味?」

この返事をしてから気がついた。同い年くらいかと思っていたけれど、もしかしたら彼女は年上なのだろうか、と。

「私、和也くんより年上なんだよね」
「そうなんだ!若く見えるね」
「今年で34歳なんだよねー…」

ただ別に、年齢は関係ない。年上でも大歓迎だ。

「花ちゃん美人さんだし、全然見えないね。肌もすごい綺麗じゃない?」
「一応努力してますから(笑)」
「僕はむしろ、年上の人が好きだよ」

ちゃんと、僕の意思は伝えたはず。それに彼女の気分を害するようなことは決してしていない。

「和也くんといると、本当に楽しいな」
「こちらこそ。次は、いつ会う?」
「来週とかどうかな。早すぎる?」
「全然。むしろ早く会いたいから嬉しい」

こうして初デートは楽しく終わり、かなりいいムードで解散した。


1回目のデートで悪いところはなかったはず…。女がスッと逃げた理由は?

Q2:女が「この男って…」と思った言動は?


お互い好意的な気持ちを抱いて迎えた二度目のデート。この日はちょっと趣向を変えて、焼き鳥にした。

西麻布にある、“焼き鳥のグランメゾン”とも呼ばれている『焼鶏 ひらこ』。ここも、デートでは間違いのない店だ。



「なんてオシャレなお店…」

彼女の反応はまたしてもよい。

素敵な女性はたくさんいるけれど、一緒に食事をして、一緒に感動できること。結局、これがすべてな気がする。

「美味しい食事を一緒に愉しめる女性って、素敵だよね。花ちゃんは本当に美味しそうに食べるし、喜んでくれるし…。僕、花ちゃんみたいな人が好きだな」

遠回しに、でもちょっとダイレクトに言ってみた。すると花は驚いたような顔をした後に、嬉しそうに微笑んだ。

「和也くんって…そういうこと、よくサラリと言えるね」
「だって本心だもん」
「もー。人の心を弄んで!」
「そんなことないよ(笑)ひどいなぁ」

お互い明るく笑い合った。

このときはサラッと流されてしまったけれど、もう少し一緒にいたいと思っていたし、純粋に彼女と過ごしている時間が楽しかった。

「和也くんカッコいいし優しいし…本当に独身なの?」
「当たり前だよ!独身じゃなかったら、花ちゃんをデートにも誘わないでしょ」
「そうだよね」

美味しい焼き鳥を食べて心もお腹も満たされた僕たちは、ホクホクとした気分で外へ出た。

6月の西麻布の夜の空気は湿っぽく、少し重い。でも心は軽やかだった。

そして解散するにはまだ早い時間。そこで僕は、花に二軒目の提案をしてみる。

「花ちゃん、このあとどうする?よければうちで飲まない?家にお酒がたくさんあるんだよね」
「そうなの?でも今日は帰ろうかな。明日ゴルフだから、朝が早いんだ」
「それは仕方ないね」

もっと一緒にいたいけれど、「明日の朝が早い」と断られた以上、引き止めるわけもにいかない。

だから僕はサッとタクシーを止め、素早く彼女を先にタクシーに乗せ、しかも運転手さんに「お願いしますね」と挨拶までした。

三度目のデートでも、僕のスタンスは基本的に変わらなかった。あくまでも紳士的に、でも少し積極的に。

そのバランスは悪くなかったはず。

それなのに二度目のデート以降、彼女からの連絡は一気に減ってしまった。

― デートプランも完璧だし、会話も盛り上がった。そもそも、僕のスペックも悪くないはずなのに…?

一体、何が悪かったのだろうか?


▶前回:「結婚も考えている」と言葉にしたはずなのに…。同棲2年目で、女が男を置いて出て行ったワケ

▶1話目はこちら:「あなたとだったらいいよ♡」と言っていたのに。彼女が男を拒んだ理由

▶NEXT:6月5日 日曜更新予定
完璧な男なのに、女が落ちなかった理由