―…私はあんたより上よ。

東京の女たちは、マウントしつづける。

どんなに「人と比べない」「自分らしく」が大切だと言われても。

たがが外れた女たちの、マウンティング地獄。

とくとご覧あれ。

◆これまでのあらすじ
凜香は、「真帆が男漁りをしている」と真帆の婚約者に密告。すると、婚約者のモラハラが爆発し、真帆は好きに遊べなくなってしまった。怒った真帆は、凜香が薬物依存だとデマを流し…

▶前回:「アイドル生命終了のお知らせ」ファンにそこまで言わせた、芸能界を揺るがすとんでもないゴシップ



凜香:「百発百中…」


<大志:今日は何してるの?>
<凜香:今日はこれからお仕事だよ〜>
<大志:最近忙しすぎない?大丈夫?>
<凜香:ちょっと忙しくて大変…。やってないのに、薬物とか疑われちゃってて…(´;ω;`)>
<大志:大丈夫?無理しないでね?>

<大志:今日、そっち行こうか?>

この男に1ミリの興味もない。ルックスもタイプじゃなければ、年収や総資産額もものたりない。

トップアイドルである私には見合わない。

けれど…。

真帆の婚約者が、私にぞっこん。

この構図は最高に私をそそる。しかも、間違いなく真帆はその事実にまだ気づいていない。

ちなみに、真帆の婚約者を落とすなんて、簡単だった。

所詮、その程度の男なのだ。

さて、この関係をどう着地させようか。どう、真帆に知らしめようか。

物語の結末を考えるだけで、ワクワクしてしまう。小説家や脚本家は、こんな気持ちで物語を書き進めているのだろうか。

それにしても、大志は私に夢中になりすぎていて四六時中連絡がくる。マメな男を手懐けるのは中々に面倒くさい。誰かに外注したいくらい…。

それでも、私は自分でしっかりとこなす。

真帆を転落させるためなら、私は何だってする。


真帆の婚約者・大志を落とすことに成功した凜香。真帆は、その事実を思わぬ形で知ることになる…

真帆「快適♪快適♪」


「ご迷惑おかけして、大変申し訳ございません。でも、これは事実無根です!!これから毛髪で薬物検査を実施して、薬物鑑定証明書を皆様にお見せします!!」

凜香のインスタライブをつまみに、私はひとり家でウイスキーをあけていた。

家で飲むことなんて滅多にないけれど、こうやっていい事があるとついつい飲んでしまう。

<どうせ証明書も偽のやつなんじゃない?>

捨てアカウントで、コメントを投稿する。

凜香の目に留まりますように。彼女にストレスを与えられますように。


さて、凜香のアイドル生命はここで絶たれるのか。ここからまた這い上がってくるのか。

いずれにせよ、彼女のアイドルとしてのイメージに大きな傷をつけられたことには違いないだろう。

ここまでうまくいくとは思わなかったが、とにかく満足の結果だ。


それにしても、いい事というのは重なるものだ。

私の忠誠心が大志に伝わったのだろうか。四六時中、今どこで何をしているか報告義務を課せられていたのに、ここ最近、大志からの束縛が一気にゆるくなった。というかなくなった。

― もしかして…。他に女でもできた?

束縛がなくなっただけじゃない、丸1日連絡がないことすらある。

女の勘なるものが、私に何かを告げる。

けれど、正直どっちでもいい…。

大志が少しくらい羽目を外して女遊びをしていようが構わない。私も外でやることはやっているわけだし、ちゃんと私を一番に愛してくれて、ちゃんと私と結婚さえしてくれれば、あとは何でもいい。

大志の束縛から解放された私は、水を得た魚のように、夜な夜なすいすいと港区を泳ぎ回った。

彼と結婚するまでの、モラトリアム。さすがに人妻となったあとには、遊ぶのはやめるつもり。

だから、今だけ…。

色んな男からの熱っぽい視線を、夜を、とにかく目いっぱい楽しんだ。



そして、それからすぐにまた良いニュースが私の元へと飛び込んできた。

<愛華:ねぇ!!凜香が外でめっちゃ堂々とデートしてるんだけど!!なんか見たことある顔なんだよね、男の人…>

高校時代の友人の愛華が、私にこんな連絡を寄越したのだ。

薬物疑惑ほどには大きなニュースにならないだろうけれど、証拠写真を押さえることができれば、また大きなメディアでニュースにすることができる。

私は即座に、例の記者に連絡をした。

凜香のデート相手が誰か、知らないままに…。


真帆が、記者に凜香のデート現場をリーク。果たして、記事化されるのか…

凜香「自分の幸せか、他人の不幸か…」


大志と堂々とデートし過ぎてしまった。

また撮られてしまった。

けれど、今回は表に情報が出る前に、私のところに情報が回ってきた。事務所に懇願すれば握りつぶせる。

けれど…。いっそのこと、オープンにしてしまうのはどうだろう?

『アイドル・凜香、名古屋の御曹司と真剣交際か!?』

大志の目線は黒く塗りつぶされているが、見る人がみればわかるはずだ。一応婚約者という立場の女であれば、尚のこと。

自分の婚約者が、私とパパラッチされる。

最高の復讐だ。

けれど、また一時的に仕事に影響が出る可能性がある。

自分の仕事に悪影響を及ぼさない選択肢を取るか。仕事が少し減ってでも、真帆を絶望させるか。

だいぶ悩ましい。

もし、この記事が表にでれば、大志は本気で私との結婚を考えるかもしれない。とりあえず真剣交際をしたのちの破局となれば、“男漁り”ほどの大ダメージにはならないだろう。

けれど、そうすると自分の婚活が一旦ストップすることになる。

色んなことを天秤にかけながら、私は真剣に悩んだ。





『アイドル・凜香、名古屋の御曹司と真剣交際か!?』

その一行は、スポーツ紙のトップを飾った。

私は、他人の不幸を選んだ。

それでも、自分の幸せを捨てたわけではもちろんない。というより、真帆の不幸が、私の幸せなのだ。

<大志:凜香ちゃん、ニュース見た?撮られちゃったね…。ごめんね、迷惑かけたよね?>

おめでたい男だ。

<凜香:ううん、全然…。でも、ちょっと仕事減っちゃったかも…>
<大志:本当?それは大変だ…。お詫びに少し援助するよ>
<凜香:ありがとう>
<大志:それから…、ちょっと今度真剣に話せないかな。あんなふうに見出しでちゃったし、色々ちゃんとしたくて…>

真帆から私に乗り換えようという決心がついたのだろう。

― 私は、あなたと真剣に交際するつもりなんて毛頭ないけどね。

<凜香:そうだね、今度ちゃんと話そう>

そろそろ、真帆との勝負に決着をつけるとしよう。


▶前回:「アイドル生命終了のお知らせ」ファンにそこまで言わせた、芸能界を揺るがすとんでもないゴシップ

▶1話目はこちら:清純派のフリをして、オトコ探しに没頭するトップアイドル。目撃した女は、つい…

▶Next:6月26日 日曜更新予定
次回:真帆の些細な復讐に、黙っていなかった凜香。次に真帆が仕掛けるものとは一体…