一緒に肉を焼くという圧倒的ライブ感に会話も弾む、大人デートの大定番となる焼肉。

大衆焼肉のような温かさで、上質な肉を艶やかに楽しみたい。

食べ慣れたふたりの我儘に応える、とっておきの一軒を紹介しよう!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



大阪の下町にあるような庶民的なカウンタースタイルで人気を博している恵比寿『焼肉 一七三』が、今年3月、新たな一手を打って出た。

こちら『焼肉一七三 向山』は、かつて“向山”という地名だった、恵比寿駅にほど近い高台に。

新築のビルのワンフロアを占拠した店舗は、親密なデートやあらたまった会食にもふさわしい雰囲気が漂う。


エッジの立ったハツで再認識する、ホルモンの味の決め手は鮮度にあり、と


焼肉のクオリティは、言うまでもなく本店同様。

店主・稲見克昌さんが吟味した黒毛和牛や新鮮なホルモン類を、オーダーを受けてからカットし味付けするスタイルを貫く。

そして、「塊ハラミ」などのおなじみの焼肉メニューに加えて、上質な肉の旨みを直球で楽しめる「和牛ザブトンの塩たたき」や味の濃い大阪生まれの「頑固卵」で食する「和牛のスキヤキ」、「炙り肉の握り」といった肉割烹的な逸品もあるのが新基軸。


肉を味わい尽くす多彩なアラカルト


希少部位を贅沢にも厚切りで。

「タン厚切り」1,000円/1人前(写真は3人前)は、確かなカッティングが冴える部位。



〆に食べたい「和牛ヒレ土鍋ごはん」4,800円(2〜3人前)は、白髪ねぎ、ごぼう、大葉などたっぷりの香味野菜とレアに焼いたヒレ肉が好相性。



専任のパティシエによる凝ったデザートも必食。

香ばしい風味が調和した「キャラメルとほうじ茶のムース」960円。

こちらでなら、焼肉のお供に高級ワイナリー「ケンゾーエステイト」や自然派ワインを選んでみても。

焼肉+αの魅力が新しい。



恵比寿らしい艶やかな空間でありながら、肩肘張らずに焼肉を楽しめる。

こんな店を知ってこそ、彼女の飾らない笑顔を引き出す大人といえるだろう。


▶このほか:スイーツ好きな彼女とのデートに最適なイタリアンバルが、代々木八幡でブームの予感!