“行きつけ”とは、個人の嗜好がダイレクトに反映されている場所。

すなわち、恋人をそこに連れて行くということは、自分の魅力を知ってもらうチャンスでもある。

港区には、誰かを誘い出したくなる隠れ家のような店が、いくつも潜んでいるのだ。

今回は恋人と訪れたい、港区の“行きつけ”にオススメの店を5軒、紹介する!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



▽INDEX

1.艶やかなデートエリア・港区で、センスを見せたいイタリアン

2.アッパー層が集う、カジュアルで美味しい白金イタリアン

3.麻布十番のワインバーで、最高のまぐろを気ままに楽しむ!

4.夏でもおでんが人気!隠れ家感溢れる麻布十番のカウンター割烹

5.真夜中の青山の隠れ家で、旬の魚を技ありの調理でいただく!


1.艶やかなデートエリア・港区で、センスを見せたいイタリアン
『ROMANO 麻布十番』


クルマも通らない路地裏で『ROMANO 麻布十番』は、存在感を放つ。

白壁と間接照明による瀟洒な外観は、最良のファーストインパクトだ。


いつものカウンターに彼女が居る。幸せな違和感が、心地いい夜


「いらっしゃい!」

扉を開けると、おなじみのシェフの笑顔で出迎えられる。いつもひとりで行くこの店に、女性と来るのは初めてだ。

「前に話していた彼女です」

行きつけこそ、パートナーをきちんと紹介して地に足ついた大人感を醸したい。

和やかに挨拶を終えると、彼女もすでにリラックス。お酒を飲みつつ、毎回頼むメニューについて話したりシェフに今日のおすすめを聞いたりする。

見知った店に彼女が加わったことで、いっそう盛り上がって新鮮だ。



「津軽鶏のロースト タスマニアマスタード添え」1,900円。

薄味にとどめてパリッと焼いた津軽鶏に、ドーバー海峡の塩とタスマニアのマスタードを添えて。

つけ合わせはイタリア産ホワイトアスパラと国産スナックエンドウ。



自家製トリュフペーストを使った「トリュフクリームパスタ」2,400円。

ソースの詳細は秘密だが、ある魚介が旨味アップのために使われているとか。

イタリアのトリュフのシーズン以外は、オーストラリア産のトリュフを使用。


女心に刺さるデザートも!


沖縄県多良間島の農家の黒糖を使った「自家製パンナコッタ」900円。

同じ黒糖を使ったキャラメリゼのソースがかかり、コク深く自然な甘さがミルクとマッチ。



彼女も「普段からこんな美味しいものを食べてたんだ」と、ご機嫌に言う。

今後、ここでふたりの日常の思い出が重なることが容易く想像できる夜だった。


経営者や美女が集うイタリアン!白金住民に愛され続ける一軒

2.アッパー層が集う、カジュアルで美味しい白金イタリアン
『OSTERIA RUSTICA DOMUS』


場所は白金台の一角。プラチナ通りを抜け、目黒通りとぶつかるT字路。

華やかなこのエリアの裏路地に港区の大人たちが集う、こなれた雰囲気のカウンターがあった。



心地良い接客とフランクなイタリアンが、ゲストを満足させる


『OSTERIA RUSTICA DOMUS』は、まさに隠れ家を地でいく立地。

「この辺りはコース主体のレストランが多いので、カジュアルな店は貴重らしく、近所のお客様が大事に使ってくれています」と、店主の植松 悟さんは語る。

近所、といっても白金の一等地。近隣に住む経営層の方々やワイン好きな美女など、客層の洗練ぶりには目を見張るものがある。



店主の地元・沼津のしらすを使った「ポモドーロスパゲッティ釜揚げしらすのせ」ハーフ 1,100円。

ふわふわのしらすとトマトの酸味がマッチ。



「前菜盛り合わせ」1,200円〜。

切り立てのプロシュートパルマや自家製オリーブなど、ワインが進むイタリアンのアテが粒ぞろい。



植松さんの色気ある低音ボイスと響き渡る笑い声。そして、親近感のあるトークこそ真骨頂で、元気をもらいにくるゲストが後を絶たない。

料理はイタリアン主体で、特にパスタは誰もがオーダーする人気ぶりだ。

ワインはグラスで10種ほど。イタリア全域から満遍なくそろえ、ワイン好きの信頼も厚い。


プラチナ通りの裏手にひっそりと佇む


軒先にはワインレッドのカーテンが下りていて、くぐる瞬間の高揚感を盛り上げてくれる。

デートにこそ使いたくなる、港区の良心ともいうべき珠玉の一軒だ。


気のいいシェフに聞いた、お店の客層


「男女問わず30代から50代の酒好きが主ですね。近隣にお住まいのデザイナーやお医者様、経営者などアッパーレンジの方にカジュアルに使っていただいています。

さまざまな業界の第一線で活躍されている方が多いです」


麻布十番のカウンターで『やま幸』のまぐろを堪能!

3.麻布十番のワインバーで、最高のまぐろを気ままに楽しむ!
『Wine Maison Ropp』


最高級のまぐろをワインバーで。そんな他にはない楽しみが、ここでは叶う。

『Wine Maison Ropp』は、麻布十番で話題の隠れ家。



『やま幸』のまぐろを、あらゆる調理で味わい尽くす


麻布十番の鳥居坂近く。4階のエレベーターを降りると“Ropp”と書かれた看板がお出迎え。

実はここ、まぐろの仲卸『やま幸』が運営するワインバーなのだ。

同社が運営するお店はいくつかあるが、会員制がほとんど。その点、こちらは一見でも入店可。

「まぐろ刺身」は、上質なまぐろ特有のねっとりとした食感と、鉄分を感じる力強い風味が味わえる。

まぐろの品質はいわずもがなで、刺身に鮨にカツサンドにと縦横無尽なラインナップ。まさに、大人の贅沢ここに極まれり、である。



「トロカツサンド」5,500円。希少部位「脳天」の分厚いカツを、両面を香ばしくトーストしたパンで豪快にサンド。

3種類のソースをブレンドし、わさびとバターを溶かし込んだやや甘めのソースが、ジューシーなカツによく合う。要予約。



「トロたく中巻」(3,000円)は、スジの多い部位のすき身にみじん切りのたくあんを合わせ、たっぷりと盛り付けた贅沢な一品。

赤酢と米酢をブレンドした酢飯はすっきりとした味わいで、旨みの強いまぐろの味を引き立てる。


通りから存在がわからない、新ビルの一角に潜む


窓の外に東京タワーを望む好立地。

外苑東通りに面したビルだが、外から見ると真っ暗で、隠れ家感が強い。



弧を描くカウンターは奥行きも広々していて、ゆったりとした時間を演出してくれる。

隣席の人たちとのコミュニケーションも盛んだとか。



ラウンド型のラグジュアリーなカウンターやウブロの掛け時計など、内装も抜群に港区仕様。

それでも、「料理とワインでサクッと、なカジュアル使いにもぜひ!」と原田康城シェフ。

必ずや、彼女の驚く顔を引き出すことができるはずだ。


気のいいシェフに聞いた、お店の客層


「港区の中心という場所柄、IT系の経営者などが多いですね。27時まで営業しているので、遅い時間に軽く食べたい、という人も多数いらっしゃいます。

界隈でご活躍されている方々も多く、重宝されています」


割烹でありながらアラカルトで気軽に楽しめる本格和食!

4.夏でもおでんが人気!隠れ家感溢れる麻布十番のカウンター割烹
『麻布 秀』


網代公園は、大人の街・麻布十番の中でも落ち着いたエリア。

黒い板塀の奥に広がる、隠れ家感溢れるカウンター割烹へ、いざ。



サクッと過ごす一夜でも、旬を楽しむのが大人の嗜み


細く奥まった入口の戸を開ける。迎えてくれるのは、堂々とした白木の一枚板のカウンター。

今年14年目を迎える『麻布 秀』こそ、リピーターになりたい和食店の模範といえる。

本格的な割烹でありながら、アラカルトでサクッとが叶うからだ。

店主の小菅安則さんは、神田生まれで神輿会に籍を置くほどの祭り好き。豪快で朗らかな人柄だが、生み出す料理は繊細で華やか。

旬の食材を使った料理は日替わりで、カウンター横に掲示。これからは鱧などが狙い目だ。



夏のお造り「変わり貝」(6,000円)は、この一品を目当てに足を運ぶ常連もいるという名物料理。

氷水を張った器に鱧、あわび、車エビと夏の野菜を涼やかに盛り合わせ、出汁割りポン酢で。



鰹節、鯖節、いりこなどから取った出汁が抜群の「おでん」。

すっぽん鍋で炊く「フカヒレのおでん」(8,800円)が人気。「大根」(300円)など各種そろう。


網代公園そばという、十番でも静かな立地


『麻布 秀』は、麻布十番の商店街から南に約200m。

店舗、オフィス、住宅が程良く混在するエリアで、地元の憩いの場になっている網代公園からも近い。



また、一年中楽しめるおでんは夏でも人気。塩味の出汁で炊き上げた、名物のフカヒレは溶けるような味わいが新しい。

暑くなるほど、和食で涼を感じたくなるというもの。これからのデートに重宝する一軒だ。


気のいいシェフに聞いた、お店の客層


「年齢層がやや高めの、落ち着いた雰囲気のゲストが多いですね。10年来、通ってくださる方もいて、営業中は和やかな雰囲気です。

また、麻布十番という土地柄、接待で利用する方々もいらっしゃいます」


青山の隠れ家で、真夜中に旬の魚を楽しむ幸せたるや!

5.真夜中の青山の隠れ家で、旬の魚を技ありの調理でいただく!
『Hiroya』


知らなければ通り過ぎてしまうような、奥まった入口。

そのドアを開ければ、洗練された青山の夜にふさわしい時間が待っている。



初見ではなかなか入りづらい店ほど、馴染みになってしまえば居心地が良くなるもの。

外苑前の路地に佇む『Hiroya』は、まさにそんな一軒だ。

魚介と野菜で季節を切り取っていくのがオーナーシェフの福嶌博志さんのスタイル。

具体的なメニューはあるが、ゲストの話を聞きつつ、メニューを提案してくれるのがうれしい。


青山の路地の奥にひっそり佇む


南青山の路地・長者丸通り沿いに『Hiroya』はある。

ビルの1階にありながら、入口が奥まっていて隠れ家感が強い。



奥に細長く広がる店内。

天然木のカウンターにハイスツール、土壁やタイルがシンプルに心地良い空間をつくる。


シェフの企みが垣間見える、足し算の料理に思わずニヤリ


いつ訪れても満足できる、青山の隠れ家


仕入れた素材や、福嶌さんが自分で釣ってきた魚などが出ることも。

しかも、それらをフレンチ、和食、イタリアン、スパニッシュとさまざまな技法で最高に美味しく仕上げてくれる。

遅い時間になれば、青山の遊び慣れた大人たちが集い、良質な時間が流れる。

馴染みになれば必ずや、誰かを連れ出したいと思う理想の一軒だ。


気のいいシェフに聞いた、お店の客層


「クリエイターや自営業の方の割合が高く、常連客が連れてきた友人が、また新しい人を誘ってくるケースも多いですね。

気が合いそうだな、と思ったら、近くの席に案内して常連さん同士をつなげることもあります」



港区の“行きつけ”のお店で過ごす、お洒落で肩肘張らない夜。

最高のデートは、笑顔あふれる時間をふたりで過ごしたい。


▶このほか:濃厚な大人の味わいがたまらない!超人気パティシエが手掛ける贅沢スイーツ