男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—果たして、あの時どうすればよかったのだろうか?

できなかった答えあわせを、今ここで。

今週のテーマは「最初は素っ気なかった女が男に惚れた理由は?」という質問。さて、その答えとは?

▶【Q】はこちら:マッチはしたけれど、返信が来ない…。しかしそこから交際にまで発展させた、男の成功テク



最初に智弘をマッチングアプリで見たとき、「爽やかで素敵な人だな」という印象だった。

でもまさか付き合うことになるなんて、思ってもいなかった。

「智弘くん…。今って彼女いないんだよね?だったら私と付き合ってほしいな。結婚を前提として」
「え…!!」

デートの帰り道に思わず告白したことに、自分自身が一番驚いている。

夏の目黒川沿いは湿気でもわっとしていて、夜なのにまだまだ暑い。

「ダメかな?」
「まさか!むしろ、こちらこそよろしくお願いしますだよ!」

やっぱり素敵な人だなと思い、私はぎゅっと彼の手を握った。でもどうして私が、こんな気持ちになったのか?

それには、彼のある言動が関係していた。


A1:ただ忙しくて、アプリを開く時間がなかった。


智弘との出会いは、マッチングアプリだった。

半年以上彼氏がいなくて、食事会へ行っても誰にもピンとこない。

― 今年で32歳なのに…。大丈夫なのかな…。

本気で焦り始めたタイミングで、女友達に彼氏ができた。しかもその出会いがアプリだと知り、私も慌てて使い始めてみたのがキッカケだった。

そして実際に使用してみると、食事会でも出会えないような、ハイスペックなイケメンがゴロゴロといる。



― 世の中に、こんな素敵な独身男性たちってこんなにいたの?…というか、こういう人たちはどこに隠れているわけ?

そんな疑問を抱いて使い始めたマッチングアプリ。するとすぐに何人かの男性から“いいね”が来た。

どの人も素敵だったけれど、中でも一番爽やかで、顔もタイプだった智弘に”いいね”を返してみた。

けれどもここから仕事や会食で一気に忙しくなり、アプリを開く時間がほぼなかった。

きちんとアプリを確認することができたのは、1週間が経った頃だった。



「今週は本当に疲れたな…」

仕事に忙殺されていると、他のことは一切手につかなくなる。家事はもちろんのこと、仕事で逐一メールなどの対応に追われていると、プライベートではLINEの返信さえ億劫になってしまうタイプだった。

だからマッチングアプリも、開く余裕がなかった。

しかし1週間ぶりにアプリを開くと、相当な数のメッセージや“いいね”が溜まっていた。

「え、こんなに来るの?」

そのことに驚きつつも、私は先週マッチングした智弘のメッセージを探して開封する。

― Tomo:マッチングありがとうございます!智弘といいます。僕も最近ゴルフにハマってます。もしよければ、宜しくお願い致します。

「なんて丁寧な人なんだろう…」

シンプルなメッセージだけれども、話しやすいようにちゃんと共通の話題も振ってくれていて、彼のスマートさを垣間見る。

きっと素敵な人なんだろうと思い、私は返信を打った。

― 杏奈:返信が遅くなってしまい、ごめんなさい!忙しくてアプリを開けていなくて…本当にすみません。いいね、ありがとうございました。

けれどもこの日のうちに智弘からの返信は来なかった。

そしてまた仕事などでアプリを開けておらず、3日後にアプリを開いたとき。再び彼からのメッセージが入っていた。

― Tomo:むしろお忙しい中、お返事ありがとうございます!お写真が素敵だったので、思わずいいねを押してました。

返信が遅かったのにもかかわらず、怒りの一言もない。むしろ気遣いさえある智弘。

アプリは実際にまだ会ったことのない人たち同士の、スマホ上でのやり取りになる。だから伝わらないことも多いのかもしれないけれど、文面のテンションなどからして、彼が優しい人であることは伝わってきた。

けれども、ここからが問題だった。


A2:人柄の良さが滲み出ていたから。


そもそも、私は普段からLINEの返信が遅い。友人たちから怒られることもしばしばあった。

でもそんな私にも、智弘はとても優しかった。

― Tomo:杏奈さんは、ゴルフどれくらいの頻度で行かれるんですか?

(4日後)

― 杏奈:1ヶ月に1度行ければいいほうです。特に最近は暑いので全然行ってなくて…。智弘さんは、どれくらいで回られるんですか?
― Tomo:僕も1ヶ月に1回くらいです!本当はもっと行きたいのですが、実際はなかなか…。2枚目の写真は、どちらですか?美味しそうですね。

(3日後)

― 杏奈:これは札幌へ旅行した際に食べた、地元のお鮨屋さんの写真です!
― Tomo:北海道いいですね!何を食べても美味しいですよね。

返信が遅いことに対して何も言わず、いつどんな時も優しい返事をしてくれる。

「この人、きっとすごくいい人なんだろうな」

そう思い、私は自分から会う提案をしてみた。もうやり取りはしているし、彼の人柄は分かっていたから。

― 杏奈:返信が遅くて本当にすみません。細かい連絡が苦手で…。もし良ければ、一度お会いしませんか?

こうして、私たちは実際に会うことになった。会うまでに時間はかかったかもしれない。

でも根気強くやり取りを続けてくれたお陰で、私たちは会えることになったんだと思う。

そしてデート当日。待ち合わせ場所のカフェへやってきた智弘を一目見て、私は確信した。



写真より、実物のほうがカッコイイ。身長も想像以上に高くて肩幅もしっかりしている。

「私、こうやってアプリでマッチした人と会うの初めてなんです」
「僕もです!」

メッセージでやり取りしている通りの、誠実そうな人柄。ちょっと恥ずかしそうに笑う感じも可愛かった。

「写真と違ったりしませんか?大丈夫でした?」
「もちろんですよ。写真も可愛いなと思ったんですが、実物はもっと綺麗です」
「なんか照れますね」
「そうですね」

初めて会ったけれど、一緒にいると居心地が良い。智弘の優しさにすっぽりと包まれているような、不思議な時間が流れていく。



この日は軽くお茶をしただけで終わったけれど、私は“この人だ”と確信した。

アプリでは情報量が少ない。けれどもプロフィールとやり取りの段階で、色々と見えてくるものがある。

例えばプロフィール上で自分の話を超長文で書いている人は面倒だし、お金や肩書を自慢している人は、女性を若さや外見などでかなり振り落としている。

一方で智弘のように、自分を押し付けず、ずっと敬語で紳士的で優しい人は、実際に会っても素敵な人が多いと思う。

― この人と付き合えたら、幸せだな。

そう自然に思えた自分がいた。


▶【Q】はこちら:マッチはしたけれど、返信が来ない…。しかしそこから交際にまで発展させた、男の成功テク

▶1話目はこちら:「この男、セコすぎ…!」デートの最後に男が破ってしまった、禁断の掟

▶NEXT:7月30日 土曜更新予定
彼女が彼氏にキレた理由