食欲の「秋」が訪れると、やっぱり美味しい和食を思いっきり食べたい!

とくに見逃せないのが、この季節に旬を迎える食材を使った逸品たち。

新米、新いくら、きのこ、旬の魚介の炊き込みご飯…。

本日は、そんな秋ならではの味覚を楽しめる、東京を代表する和食店を厳選してご紹介しよう!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


1.シックなムードでゆったりと、旬を楽しみ尽くそう!


カン@中目黒

都会の喧騒から少し離れた、洗練された空間を好む大人が集う店。シックで落ち着いた外観、大きな窓から見える店内の大人なムードに、到着した瞬間から今宵の期待感が高まる。

旬材を生かした和食の数々を楽しめる同店では、純和風だけでなく意表をついた料理にも出合える。日替わりメニューも多く、いつ訪れても新しい喜びがあるのも魅力だ。

コンクリートで囲われた空間に灯る照明はほの暗く、シンプルで潔い内装も相まって、店内はいかにもシックな雰囲気。だが、調理するスタッフとのやりとりは軽快に進む。居心地抜群の空間に身を委ね、酔いしれよう!


2.渋谷の喧騒から離れた、大人だけが集うカウンターへ


食幹 渋谷店@渋谷

渋谷駅から徒歩10分程度、国道246号線沿いながらも静謐な和食店。創意工夫された料理と、その旨さを引き立てる美酒、そして艶やかな空間演出で大人を虜にする。

メニューには海の幸をはじめ、季節の食材を用いた独創的な料理が並ぶ。名物は、土鍋で炊き上げた「ぱえりあ」。桜えびの香ばしさと鮭の旨みが行きわたり、食感も小気味いい。

店内には、磨くほどに光沢を増す“アサダ”を用いたフルオープンのカウンターが。明るさを落とした照明が艶やかさをプラスし、上品なムードを醸す。しっかりと旬の食材と向き合える、とっておきの名店だ。


3.和食好きの大人が旬を求めて毎月通う


青@代々木上原

代々木上原を代表する一軒といえるのがこちら。気の利いたつまみに合わせて気持ちよくお酒が進む、大人好みの名店だ。

数ある料理の中でも不動の人気を誇るのが「うに・いくら丼」。北海道や北方四島から届くうにと、醤油と酒に漬け込んだいくらが丼いっぱいに敷き詰められる。食べ進めるほどに幸福を感じる、魅惑の逸品だ。

メニューは旬に合わせて毎月変化するから、月が替わるたび訪れてもフレッシュさがある。お酒の種類が豊富なのも魅力で、とくに日本酒は選りすぐりのものを厳選。その日の気分に合わせて、料理もお酒も思うままに楽しみたい!


4.三種の魚卵を贅沢に使用したTKGはオーダー必至!


十番右京@麻布十番

著名人や食通も通う麻布十番の名店。その魅力は、史上最強の贅沢丼と言っても過言ではない、「海の卵かけごはん」である。

食べるのを躊躇してしまいそうなほどの美しさは、まさに“宝石”。うに、イクラ、そしてキャビアの3種の魚卵を贅沢に使用している。豪快に卵を混ぜ合わせ、うに、イクラの両方を一気に口へ運び、その旨さを噛みしめて欲しい。

店内は上品なカウンターが存在感を放つ、スタイリッシュなムード。だが、食事を楽しむ大人で連日活気があふれる。肩肘張らずに、贅沢なひとときを思う存分味わっていただきたい!