― イイ男はすでに売約済み ―

婚活戦国時代の東京で、フリーの素敵な男性を捕まえるなんて、宝くじに当たるくらい難しいと言っても過言ではない。

待っているだけじゃ『イイ男』は現れない。

これだと思う人を見つけたら、緻密な戦略を立ててでも手に入れる価値がある。たとえその人に、彼女がいても…。

◆これまでのあらすじ

大手IT企業に勤める凛(30)は、大学時代に憧れだった先輩の悠馬(31)に再会するが、彼女持ちだった。悠馬を好きになり、凜がとうとう告白するも保留にされる。しばらくして、悠馬から「会おう」と連絡が来て…。

▶前回:何度もデートしていたのに女が告白した途端、態度が急変した男。そのワケとは…



「お疲れ…」

すっかりと肌寒さを感じるようになった金曜日の20時。

凛は悠馬と麻布十番の『Courage』で会っていた。

2ヶ月半ぶりに会った彼は、自分の気持ちに整理がついたのかすっきりした顔をしている。

「今日、告白の返事をもらえるはず」と思うと凛は落ち着かない。

テーブルに通され注文を済ますと、悠馬は言葉を探しながら「あのさ…」と切り出した。

「ずっと連絡しなくて悪かった、色々とあって。それで、結論から言うと…」

一気に凛の心拍数は上がり、手をぎゅっと握る。

悠馬は小さく息を吸うと、こう言った。

「エリとは結局別れた」

「え…」

何となく、彼女とは別れないだろうと予想していただけに、凛は驚いてしまった。

「それは、どうして…?」

悠馬が無表情なので、彼の本心が見えない。

こんな時どんな顔をするのが正解なのだろうと、ずっと望んでいたことなのに、卑怯にも急に罪悪感を覚えてしまう。

「どうしてって…。まあ色々。エリには寂しい思いもたくさんさせたし、俺が留学先で辛い時とか支えてくれたから、すごく感謝してた。

だから彼女が他の男と遊んでいたのはわかっていたけど、気がつかないふりをしていた。でも…」

どこまで言うべきか迷ったのか、悠馬は一瞬口ごもった。


「まあちょっと、許せないことがあって。これ以上お互いに続けるのは無理だろうって。だからちゃんと話し合って、別れた」

話しながら、悠馬は少し寂しそうな顔をした。そんな彼の顔を見ていると、複雑な気持ちになる。

「でさ、ここからは凛ちゃんとのことなんだけど…」

急に自分の名前が出て、無意識に背筋が伸びる。

「正直、どうするのが君にとっても俺にとっても良いのか、わからなかったんだ」

はっきりとしない答えに、凛は拍子抜けしてしまった。

「わからないって…?」

凛は彼の言わんとすることをきちんと受け止めようと、耳を傾けた。

「彼女と別れたから君に乗り換えってどうなのかとか、今は仕事が忙しいから同じことを繰り返してしまうんじゃないか、とか色々考えてしまって…」

そんな理由で断られるのかと落胆していると、悠馬が少し表情を崩した。

「でもさ、それって俺がどうこう言うことじゃないんだよな。で、俺の素直な気持ちを考えたんだ。それで…」

すると悠馬は、凛の目をじっと見た。そして急にくしゃっと笑顔を見せた。

「やっぱり俺、凛ちゃんのことが好きみたいだわ」

「えっ!?」

目尻を下げて笑う悠馬に、これまでの緊張感が一気に緩まり、凛は全身の力が抜けた。

「本当ですか…?話の流れからてっきり、断られるのかと…」

「ああっごめん。でもさっき言った通り、俺は忙しくてあまり恋愛に時間を割けないし、元カノと別れたばかりだし、凛ちゃんも色々気になるところはあると思う。

だからゆっくり始められたら嬉しい。君さえ良ければ」

前回「今すぐ付き合うとは言えない」と言われたとき、“もうだめなんだ”と大方諦めていた。だからこんな逆転劇が起こるとは、予想していなかった。

この2ヶ月間ずっと気を張っていた凛は、大きなため息と共に脱力すると、不意に涙がこぼれそうになる。

その涙をなんとか飲み込み、笑顔を見せた。

「もちろんです。これからお願いします」

「ありがとう」



お互いにぎこちなく挨拶をする。気がつけば目の前にはすでに、お店のロゴが焼き印された『かすみ鴨とトリュフのサンドイッチ』が置かれていた。

「食べようか」

悠馬と付き合って初めて食べた食事は、今までで一番美味しく感じた。



「会うの久しぶりだね」

「はい。涼子さんは元気でした?」

それから数週間後。ランチに行こうとエレベーターに乗ると、たまたま涼子と会い、『スチームDim sum &Wine』で食べることにした。

「で、どうなったの?例の彼と」

涼子は『春菊と厚揚げのゆず風味の餃子』を美味しそうに頬張ると、思い出したように聞いた。



「実は最近、付き合うことになりました」

「えー、本当?おめでとう!」

涼子が目を見開いて、嬉しそうに笑った。凛も釣られて笑顔になる。

「でもやっと叶ったのに、たまにこれで良かったのかな、って。

もちろんこうなった以上、全力で相手のことを大切にするつもりですけど、いつかバチが当たるんじゃないかってどこかで思ってて」

「でも恋愛なんて気持ちがすべてだから。彼があなたを選んだのなら、それが答えなんじゃない?」

彼女はそう言うと、何かを思い出したように食べていた手を止めた。

そして少し落ち着いたトーンで、言った。


「これから、凛ちゃんに気をつけてほしいことがあるの。

それは、“罪悪感に押しつぶされないことと彼を信じること”。これが1番難しいと思う」

「1番…?」

「そう。私はこれができなかったの」

ため息をつくように涼子は言うと、目線を遠くに向けた。その様子が、いつもの自信に溢れた彼女ではなかった。



凛はこの時、涼子の夫が浮気をしているというウワサを思い出した。

― 涼子さんは、知っているのだろうか…?

気になったものの、やはり聞けなかった。



「お邪魔します」

数週間後の日曜日の22時。食事デートの後、凛は初めて悠馬の家に遊びに行くことになった。

赤坂駅から徒歩5分程度の場所にある彼のマンションは、ホテルのような重厚な作りだが、部屋の中は彼らしく、木製のシンプルな家具で統一されていた。

「あがって。忙しくてあまり片付けられてないけど」

生活感はあるものの、散らかっているほどではなかった。

凛が部屋を見渡していると、悠馬がスマホを見ながら言った。

「あ、悪い、急ぎで資料送ってって。適当にしてて」

「はい。あ、洗面所借りても良いですか?」

悠馬に案内され、洗面所で手を洗おうとすると、ハンドソープが切れていた。

悠馬に聞こうとするも、パソコンを開いて真剣な顔でタイピングしているので、自分で探そうと洗面台の下の棚を探した。



すると奥の方に、日系航空会社のビジネスクラスで配られる黒いポーチが見えた。

何気なく中を見るとそこには、生理用品や使いかけの基礎化粧品、そしてソングが入っていた。

― エリさんのよね…。

最近まで使われていたような生々しさからエリの存在を感じ、慌てて扉を閉めた。

ソファで一人考えていると、悠馬が戻ってきた。

「どうかした?」
「あ、ううん」

反射的に何でもないフリをする。

これまで凛は悠馬に好かれようと、彼が好きな芸能人に雰囲気を近づけ、彼が好きそうな言動を無意識に心がけていた。

そのせいか、知らず知らずのうちに自分を装ってしまう。

― あることを忘れていたのか、捨てられない性格なのか、それとも…?

平静を装いながらもそんな考えがぐるぐると渦巻いていると、悠馬のスマホが震えた。

彼が何気なく手にとり覗き込むと、自然とロックが解除され、ポップアップの名前が浮かんだ。

― Eriだ…!

凛がそれに気がついたのも知らず、悠馬はそのまま画面を下に向けてスマホを置く。

内容までは見えなかったが、確かに名前にはEriと書いてあった。

― もしかして、まだ続いている…!?

不安になり悠馬の顔を見ると、これまでの楽しかったデートの記憶が一気によみがえる。

急に彼を失うのが怖くなる。でも、このまま無かったことにはできない。

凛は覚悟を決め、悠馬に向かって言った。

「今のってLINE?誰から?」

驚いたような顔をする彼の顔は、明らかに動揺していた。


▶前回:何度もデートしていたのに女が告白した途端、態度が急変した男。そのワケとは…

▶1話目はこちら:「何考えてるの!?」食事会にしれっと参加する既婚男。婚活を妨げ大迷惑なのに…

▶︎NEXT: 11月13日 日曜更新予定
どんどんと悠馬のことが信じられなくなった凛は…