「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“1週間ぶりに帰宅した妻が玄関で見つけた見知らぬヒール”に“男が200万のプレゼントを贈った後、音信不通になった女”から“「夫の稼ぎが少ない」と不満を漏らす港区妻”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
「誰か来てるの…?」夫婦喧嘩で家出していた妻が、1週間ぶりに帰宅。玄関で見知らぬヒールを見つけ…

いつまでもホテルにいるわけにもいかない。観念した穂波は、荷物をスーツケースに入れ、麻布十番のマンションへと戻った。

「ただいまー」

1週間ぶりにドアを開けたその時、穂波は固まる。玄関に、自分のものではないヒールの靴がきれいに揃えられているではないか。

「え?なに?誰か、来てるの?」

続きはこちら


★第2位
「何これ…」初めて彼氏の家を訪れた女が洗面台の下で見つけた、生々しい女の影とは?

すっかりと肌寒さを感じるようになった金曜日の20時。凛は悠馬と麻布十番の『Courage』で会っていた。

2ヶ月半ぶりに会った彼は、自分の気持ちに整理がついたのかすっきりした顔をしている。「今日、告白の返事をもらえるはず」と思うと凛は落ち着かない。

テーブルに通され注文を済ますと、悠馬は言葉を探しながら「あのさ…」と切り出した。

「ずっと連絡しなくて悪かった、色々とあって。それで、結論から言うと…」

続きはこちら


★第3位
彼女に200万のプレゼントを贈った後、連絡が途絶え…。半年後、偶然再会し女が放った言葉とは

信之が、そこに足を踏み入れたのは、この時が初めてだった。着物姿の貫禄ある女将から案内されたのは、白檀の香り漂う、伝統的なお座敷だ。

― 京都のお茶屋か。まぁ銀座のクラブみたいなものだろう。

気軽な気持ちで待っていたとき、美しい芸妓が2人座敷に入ってきた。その姿はまさに日本画から飛び出してきたかのようだ。

凛とした髷(まげ)と流し目が冷たくも美しい藤色の着物の芸妓に、信之は一瞬で心を奪われた。

続きはこちら


★第4位
彼のお金でハワイへ。しかし空港で驚愕の話を聞かされ…女が「帰りたい」と青ざめた理由

「したい人、10,000人。始める人、100人。続ける人、1人って聞いたことある?エリカは、“したい”から“始める”ことにしたんだね。僕でよければ、全面的に応援するよ」

― やった!ちょっと多めに見積もったんだけど、バレないでしょ?

こうして彼の援助を受けた私は、ダニエル・K・イノウエ空港に降り立ったのだった。

到着ロビーで早速コナコーヒーをゲットし、カップを片手に、颯爽と歩く。すると―。

1人の日本人女性が、慌てた様子で駆け寄ってきた。

続きはこちら


★第5位
「夫の稼ぎが少ない」と、不満を漏らす港区妻。深夜に帰宅する彼を玄関で待ち構えて、放った一言は

港区内にはもっとハイクラスのタワマンがたくさんある。「六本木ヒルズレジデンス」に、「アークヒルズ 仙石山レジデンス」 「パークコート青山 ザ タワー」。

低層マンションまで含めると「ザ・パーク・レジデンシィズ・アット・ザ・リッツ・カールトン東京」や「広尾ガーデンフォレスト」などなど…。憧れの高級マンションを挙げればキリがない。

しかし私たちが住んでいるのは、そんなハイクラスマンションとは比べ物にならないレベル。家賃は28万でバレットパーキングもないのだ。

一般的には、いい暮らしの部類には入るかもしれない。でも一言で表すならば、中途半端だった。

続きはこちら