29歳―。

それは、節目の30歳を目前に控え、誰もが焦りや葛藤を抱く年齢だ。

仕事や恋愛、結婚など、決断しなければならない場面が増えるにもかかわらず、考えれば考えるほど正解がわからなくなる。

白黒つけられず、グレーの中を彷徨っている彼らが、覚悟を決めて1歩を踏み出すとき、一体何が起こるのか…。

◆これまでのあらすじ

智也は中学の同窓会に参加した。すると「30歳になるまで独身だったら結婚しよう」と当時複数人と約束していたことが発覚する。憧れていた飛鳥にも悲愴感の漂う様子で「約束覚えている?」と言われてしまい…。

▶前回:「30歳になったら結婚しよう」かつて約束していた女が、目の前に現れて…



29歳の約束【後編】


『前野君、LINE届いてなかったかな?念のためもう1度送るね』

昼休み、智也はスマホを眺めながら頭を悩ませる。

昨日、同窓会で飛鳥と再会し、朝起きるとさっそくお誘いのLINEが届いていた。

『よかったら近々お食事にでも行きませんか?』

続いて、日時と場所の提示されたメッセージも届いた。

いったん保留にして出勤すると、昼には返事を催促されていた。

― はぁ…。まさかこんな面倒なことになるなんて…。

かつて自分の蒔いた種が花開いたわけだが、思い描いていた状況とあまりに差が大きい。

中学のころに放っていた、眩いばかりの輝きが失われてしまった飛鳥に、どう対応していいものか思案に暮れる。

おそらく飛鳥は思い込みの激しいタイプであり、不遜な態度をとってしまうと危険な行動に出る可能性もある、と智也は考える。

― 俺も年貢の納めどきか…。

だが、飛鳥のもとに収まるつもりはない。

実は智也には、4年ほど交際している同じ年の彼女、佳穂がいる。

佳穂とは、同僚が開いた食事会で知り合った。

智也の同業他社の商社で経理を担当している。地味な印象だったが、話が合い、なんとなく後日食事を共にして交際に至った。

フィーリングが合ったのには、同じ年齢だったという理由もある。

ただ、互いに29歳になり、なんとなく佳穂から結婚を意識するような発言が増えてきていた。

智也はそれに気づいていたものの、まだ落ち着きたくないという思いから、のらりくらりとかわしていたのだ。

― 久々に連絡してみるか…。

智也は佳穂に、一通のLINEを送った。



佳穂と会うのは3週間ぶりだった。

お互いの職場から近い、汐留のコンラッド東京内にある『コラージュ』で、穏やかに会話を交わしながら食事を進める。

「急に誘ってごめんな。ちょっと話したいことがあってさ」

「ううん。私も会いたかったから」

佳穂がそう言うと、歩いている店員を呼び止めた。

「これと同じもの、頂けますか?」

ワイングラスを手に取り、軽く会釈をする。

気遣いの感じられる対応に、智也は確信を深める。

― うん。やっぱり、結婚するならこういう女性だな。

智也は、これまで結婚の話題をはぐらかしてきたが、今が話を進めるタイミングなのではないかと思った。

飛鳥からアプローチを受けたことで、ようやく佳穂と真剣に向き合う覚悟ができたのだ。

智也は、2ヶ月後に30歳の誕生日を迎える。

『30歳になるまで独身だったら、結婚しようよ』

中学時代に吐いた言葉を、飛鳥は真に受けていたかのように食らいついてきた。

15歳の頃に智也が憧れていた飛鳥が、今は自分に結婚を迫っている。この立場の逆転現象に、智也は現実の厳しさを突きつけられた気がした。

智也は、まだ29歳だし、いつか自分に相応しい相手が見つかるだろうと高を括っていた。しかし、飛鳥との再会で、それは幻想でしかないと感じ始めていた。

だから今、自分の1番近くにいる人を大切にしなければいけないと切に感じ、佳穂へのプロポーズを決意したのだ。

「それで、話したいこと…って何かな?」

佳穂に尋ねられ、本題に入る。若干、肩に力が入るのを智也は感じる。

「いや、今まで佳穂がなんとなく言ってくれてたじゃん。結婚についてさ。それを俺は、無視してきちゃったんだけど…。そろそろ、真面目に考えないといけないなって思ってさ」

智也は、佳穂の顔色をうかがうが、表情を変える様子はない。



「いつもそばで俺に寄り添ってくれてたのは、佳穂だからさ。君なしには、これから先の人生は考えられない。だから…結婚したいと思ってる」

智也がここで予想していたのは、佳穂がパッと目を輝かせ、素直に頷く姿だった。

それが、黙ったまま、むしろ表情が険しくなる。

― あれ…。どうした?嬉しくないのか?

いまいち腑に落ちないでいると、佳穂が口を開く。

「私もね、この前、高校のときの同窓会に行ったんだ」

「あ、ああ。そうなんだ…」

「そこで、いろいろあって…」

― えっ!待て待て!いろいろ…ってなんだよ。

智也は動揺を悟られないよう、平静を装いながら会話を続ける。

「その、いろいろ…っていうのは?」

「当時付き合っていた彼と再会したの…」

― やっぱり…!で、どうなったんだよ。まさか…。

「その日は別に何もなかったのね。でも、先週2人で食事をして、告白されたの。『結婚を前提に付き合ってほしい』って」

嫌な予感が的中し、背中に汗がにじむ。

「佳穂、なんで。彼氏いるって言わなかったのかよ…」

「言ったよ。言ったけど…。『結婚の話とか、はぐらかされてるから彼と結婚することは多分ない』って言ったら…」

― なんでそんなこと言うんだよ。男はつけあがるだろう…。

「それで、なんて答えたんだよ…」

「『少し待って』って…」

「…で、出した答えは?」

佳穂がひとつ息をつく。そして、智也を見つめ、答えとなる言葉を告げた。

「智也、ごめん…」

頭をガツンと殴られたような衝撃をおぼえ、目の前の光景がグラグラと揺れる。

「マジかよ。なんで…」

― 確かに、俺も悪いけど…。

不誠実な態度を取ってきたのは自分であり、その報いであることは確かだが、すんなりとは受け入れられない。

「彼、すごくいい人なの。誠実だし。もともと、別れたくて別れたわけじゃなくて…」

「人の彼女を奪うような奴の、どこが誠実なんだよ…」

智也の指摘に、佳穂は口を閉ざす。

さらに悪態をつき、相手の男を罵倒しそうになるが…。

― 言えば言うほど、俺が惨めになるだけか…。

きっともう、何を言っても状況が覆ることはない。

黙って受け入れて罪の意識を芽生えさせることこそが、今できうる最大限の報復であると悟る。

「もう、いいよ…」

智也は、グラスに残ったワインとともに、言葉をグッと飲み込んだ。


次の休日。

智也のほうから飛鳥を呼び出した。

しっかり向き合って説明し、誤解を招いた当時の発言について謝罪すれば、きっと理解してくれるであろうとの望みを抱いての行動だ。

待ち合わせのカフェに先に到着し、憂鬱な気分を抱えながらも、飛鳥との会話を頭のなかでシミュレーションしながら待つ。



15時。

テーブルの前に人の気配を感じ、顔を上げる。

「や、やあ、三波さん…」

だが、そこで言葉に詰まる。

「お待たせ」

飛鳥も席に着いて向かい合うが、どこか狐につままれたような気分になり、唖然としてしまう。

何故なら、目の前にいるのは飛鳥のはずだが、同一人物とは思えなかったからだ。

「え…。三波…さん…だよね?」

思わずそう尋ねてしまうほど、以前会ったときの印象とまるで変わっていた。

髪を後ろに束ねてフェイスラインを露わにし、艶のある肌は瑞々しく、自信に満ちているように感じられた。

中学のころの面影を残し、美しさにさらに磨きがかかったようでもある。



「ビックリした?」

飛鳥がおどけたように笑う。

「ごめんね〜。ちょっと悪ノリし過ぎちゃった」

「え…どういうこと…?」

智也はすぐに状況を飲み込めない。

「実はね…」

飛鳥の説明はこうだ。

以前同窓会で再会したクラスメイトの女子生徒たちのなかで、智也の話題があがった。

そして、多くの女子があのセリフを言われていたことが発覚する。

『30歳になるまで独身だったら、結婚しようよ』

中学生のころのこととはいえ、不誠実な発言を繰り返していた智也を、軽くこらしめてやろうと結託したのだ。

そこで、一役買ったのが飛鳥だった。

智也が同窓会に来たとわかると、髪をおろし、暗いメイクを施してあえて悲愴感を漂わせ、追い詰めるように接触を図った。

そんな女子たちの策略に、智也はまんまと引っ掛かったのだ。

「なんだよ〜。はぁ…」

説明を受けた智也は、張り詰めていた緊張の糸が切れ、脱力感に襲われる。

「まあ、ほら。軽く罰が当たったと思って。ちなみに私は、前野君からその言葉は言われてないんだけどね」

当時の智也にとって飛鳥は憧れの存在であり、気安く声もかけられなかったのだから当然といえば当然だ。

「そうそう。これ、良かったら」

飛鳥がバッグから1枚のチラシを取り出し、テーブルに置いた。

「今度、私が所属している劇団の公演があるの。もし時間があったら」

「え…。三波さんて…女優さんなの?」

「一応ね。なかなかいい演技してたでしょう?」

「いやぁ…。迫真の演技だったよ。めちゃめちゃビビッた」

今回の一件に関して、すべて合点がいった。パズルのピースがハマったような、どこかスッキリした感覚をおぼえる。

やはり、すべては自分の不誠実さが招いた事態だったのだ。

― 佳穂のこともそうか。罰が当たったんだな…。

自分のもとを去って行ったのは、結論を後回しにして、あやふやな関係を続けていたからに違いない。必然の出来事だったのだ。

「よかったら公演、彼女と一緒に観に来てね」

「いや、彼女は…いないんだ」

「そうなんだぁ。てっきりいるんだと思ってた。へぇ〜」

飛鳥が何かを含んだような、悪戯っぽい笑みを浮かべる。

「じゃあ、10年後。お互いに独身だったら結婚しようね!」

たしなめるかのような提案に、智也は肩をすくめながら苦々しく笑って返した。


▶前回:「30歳になったら結婚しよう」かつて約束していた女が、目の前に現れて…

▶NEXT:12月4日 日曜更新予定
起業に失敗した上、彼女にもフラれて…精神を病んだ男がタワマンに住む理由