語れば必ずやご当地論争が始まってしまうというほど、ソウルフードとしてのこだわりを持つ人が多いお好み焼き。今回は大阪・広島・静岡と、色濃い特色を持つ3県発の東京にあるお好み焼き店をご紹介。鉄板から立ち上るソースの香り、ゆらゆら揺れるかつお節の色香にノックアウト必至だ!


【大阪】戸田亘のお好み焼 さんて寛

六本木

大阪の名店『きじ』を東京で展開する戸田 亘氏が、大阪の食文化・お好み焼きをもっと自由に、と始めた新店。生地や焼き方は『きじ』と同様だが、メニューには新しい味がバリエーション豊かに並ぶ。

今回紹介する一品は軽井沢から届くプチトマトと、チーズを、どこを切っても顔を出すほどたっぷりと加えたお好み焼きで、加熱したトマトの果肉ととろけたチーズがなんともジューシー! そして、ソースとは意外なほど好相性なのである。

さらに、「豚玉の極意は豚肉から出た脂を一枚に閉じ込めること」という通り、生地を焼くときにはヘラでところどころに穴を開け、豚肉から出る脂をまんべんなく吸わせる。こうすることで中がふわっと軽く、さらに焼き込むことで外側がカリッと焼き上がるのだ。

仕上げのソースは2種類。辛口のサラサラソースを塗り、野菜がふんだんに使われてとろみのある甘口ソースを重ねる。味に奥行きがあるのはこのせいか。濃厚だけれどどこか上品さを醸すお好み焼きなのである。


もともと裏メニューだったスジポン浅漬けのせは、分厚いスジを使った人気の「スジポン」に白菜の浅漬けをのせたもの


鉄板名人が満を持して提案するオリジナルお好み焼きをお試しあれ!


【大阪】お好み焼き 瀧

大井町

ピカピカに磨き上げられた店内と整頓された厨房には、店主・瀧村希未絵さんの人柄がよく表れている。働き者で、てきぱきと鉄板料理をさばき、楽しく客相手。大阪のお母さんそのもののような彼女を慕って店に通う人も多い。

間近でお好み焼き作りを見ていると、驚くのは生地の少なさ。山盛りのキャベツとねぎに対し、生地は大さじ1杯くらいしか使わない。「ほぼ野菜炒め! ?」と思うようなバランスの野菜とタネが、やがて見事に、分厚い大阪風のお好み焼きになっていく様子は壮観だ。

焼き上がったお好み焼きは3cmはあろうかという厚さにふんわりと立ち上がり、キャベツとねぎの味が甘やかに広がる。少量の生地には大和いもを使っているので、その力強い粘りが全体をつないでいるのだ。

ソースはおたふくソースの関西風お好み焼きバージョンを使用。仕上げには「マヨネーズはかけます? 嫌いな人もいるからね」と声をかけてくれるのはさすがの気配りだ。ひとり忙しく働く瀧村さんなので、ビールは瓶を手酌で。お好み焼きも会話も楽しい一店。


手前は「アサヒ製麺」特注の二度蒸し麺を使った焼きそば(いか)、奥は、鉄板焼きの海鮮ミックス。魚介は老舗「魚春」から


店主の瀧村さんは気配りの人。温かい人柄もこの店の魅力のひとつだ


大阪に負けてられない! 広島・静岡発の絶対に食べに行きたい名店たち

【広島】お好み焼き 八昌 東京店

経堂

広島風お好み焼きの名店『八昌』。その暖簾分け店として、東京で愛されているのがこちら。

広島風の特徴である「そば入り」は、鉄板にクレープのように薄く焼いた生地にどっさりのキャベツ、もやし、そして揚げ玉、かつお粉といったトッピングもここで生地と重ね、豚肉をのせてじわじわと火を通す。

別では広島風お好み焼きの定番「磯野製麺」から仕入れる中華麺をゆで、鉄板でジュージュー。そばをカリッと焼き込むのは『八昌』ならではだそう。

このふたつと卵を重ねてからは、コテで押しながら形をまとめていき、あんなにたくさんの具材がどこへ! ?というくらい薄くコンパクトに!

しかし、食べれば外側はパリッパリに焼き込まれ、中には蒸し焼きになったキャベツやそばがみっちりと入っており、半熟卵もとろり。渾然一体となったまろやかな味がふわっと広がるのは、広島風ならではの魅力だろう。

店主の熟練した技を感じさせてくれる見事なコテさばきはおつまみにも冴え渡り、鉄板焼きメニューも豊富だ。カウンター席では目の前の鉄板で繰り広げられるコテ技を拝見しながらまず一杯、が楽しい。


数ある鉄板焼きの中で人気の一品、牛バラはまるでステーキ。さっぱりしたぽん酢入り大根おろしのせのキャベツも添えられる。スジポンもおすすめ


めりはりの効いた食感に唸る、広島風の名人芸を体験せよ!


【静岡】USHIO

六本木

大阪のそれと広島のそれが大きく異なるのを見てもわかるように、お好み焼きは、意外とご当地色の強いメニュー。

静岡県浜松エリアで食べられているお好み焼きもまた地域のカラーが色濃く出ている。というのも、大根の生産量が多いという土地柄から、具材にたくあんが入るのだ。

そんな、珍しいお好み焼きを東京にいながらにして食べられるのが、ここ『USHIO』。浜松で35年続いた人気店が10年前に六本木に進出。ここにしかない味が支持され、すっかりこの地に根を張った。

意表を突かれた印象のたくあんも、いざ食してみれば、お好み焼きの風味を増強し、かつ、リズミカルな食感をプラスする味わいの立役者となっている。加えて、浜松の老舗天ぷら店『天錦』から取り寄せるという天かすの油分もまた、旨みと転ずる。

ヘルシーに仕上げるべく、厚い鉄板を用いて焼く際に油を使わないスタイルは、店主のホスピタリティの表れ。かくしてあっさりした食後感のお好み焼きは、細部まで自家製を貫くサイドメニューを存分に楽しんだ後でも、ペロリと平らげられると評判だ。


肉巻きギョウザは、餃子のあんとキャベツを豚ロースで巻いて焼いた一品。甘辛い味がビールを誘う


浜松式のお好み焼きを六本木の中心で食べられるというレア感もまた嬉しい