肉の旨みが凝縮されているのは、やっぱり骨付き肉!肉をこよなく愛する人は知っておかねばならない、骨付き肉がホントに旨い店を一挙ご紹介。


これぞアメリカ!なステーキハウス
『ウルフギャングステーキハウス バイ ウルフギャング・ズウィナー』

六本木

〜アメリカで食べたあの味が東京に到来!〜

ジュージューと音を立てて運ばれてくる大皿は、肉同様にこんがりと茶色く焦げている。というのも、皿ごと900℃のオーブンで焼き上げているから。2014年2月に待望の日本上陸を果たし、六本木に店を構えてから早いもので1年半が過ぎた『ウルフギャング・ステーキハウス』。ダイナミックなTボーンステーキへの世間の関心度がぐっと高まったのには、この店の登場が大いに影響しているといっていい。

アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級に当たる「プライムグレード」を、専用の熟成庫で約28日間ドライエイジング。アミノ酸の働きで、身質が柔らかく、かつ旨みが凝縮された骨付き肉は、特別なオーブンでわずか約1分半焼くだけで、表面はカリッと香ばしく、中はジューシーな仕上がりに。溶かしバターとともに焼かれているから、リッチな香りもたまらない。

これまで日本では出会えなかった味わいが大人気。予約困難なのも致し方なし!


味わい深まるローストビーフ
『ロウリーズ ザ プライムリブ トウキョウ』

恵比寿

〜アメリカらしさはそのままモダンに進化した空間へ〜

長らく愛された赤坂の店舗から、恵比寿ガーデンプレイスにお引っ越しして1年あまり、すっかり恵比寿の街にとけこんだ。温かみのある雰囲気はそのままに、モダンなエッセンスが加味された空間は約320席と、スケールの大きさは赤坂時代と変わらずだ。

もちろん、看板メニューも揺るぎない。シーズニングをまぶしてマリネした骨付きビーフを、じっくりとローストした、アメリカンスタイルのローストビーフだ。マッシュドポテトやヨークシャープディングなど、たっぷりのガルニチュールと共に供されるスタイルもうれしい。

ポーションは数種類あるが、やはりここでは、店名が冠された定番の「ロウリーカット」を選びたい。重量は約300g。テーブルのそばまで運ばれてくるドーム状の「シルバーカート」の中で、大きな塊からカットしサーヴされる様子や、サラダを目の前で仕上げてくれるパフォーマンスも、味わいのうち。舌のみならず、目、耳etc.と五感で楽しめるダイニングだ。


肉ラヴァーも満足のジューシーな骨付き肉!続きはこちら

熟成US牛のTボーンを楽しく、美味しく!
『ゴッチーズビーフ』

池袋

〜鉄板上で自分好みの焼き加減に調整!〜

大阪、名古屋、京都に3店舗を構える『ゴッチーズビーフ』が東京に初進出。US産のTボーンステーキがリーズナブルに食べられる価格設定や、料理人が焼いた肉塊をテーブルの鉄板上で自分好みの焼き加減に仕上げられるスタイルが話題を呼んでいる。

メインに扱うのは、輸入規制緩和にともない日本のレストランでの需要が急速に高まっているUS牛。約50日間熟成させることで旨み成分のアミノ酸を増やした肉はしっとり柔らかくそれでいてジューシー。初めは岩塩、その次は西洋わさび、最後はオリジナルソースをつけて味わいの変化を楽しみたい。


肉質&CPの高さは肉屋直営ならでは!
『小松屋 人形町本店』

水天宮前

〜国産&US産牛のTボーンを太っ腹価格で!〜

カロリーや財布など気にせず美味しい肉をとことん味わいたい!という気分に応えてくれる『小松屋人形町本店』。国産の低脂肪牛のTボーンやUS産の肩ロース、馬はらみなど、ボードに書かれたその日の肉メニューからオーダーするのがこの店のスタイル。

肉屋直営とあってどの肉も驚くほどにコストパフォーマンスが高い。千葉県・茂原の直営工場内の熟成室で14日から30日かけてドライエイジングさせ、肉本来の旨みを引き出すことにこだわる。見た目も価格も“大判振る舞い”なTボーンに、心の底から満足できること間違いなしだ。


これぞ"和牛Tボーンの最高峰"
『ステーキトミナガ』

銀座

〜プレミアムな“余韻”を残す和牛Tボーン〜

老舗からニューウェーブ系まで、多くの鉄板焼き店が見られる銀座で肉好きの注目を集めているのが2013年オープンした『ステーキトミナガ』だ。

出荷月齢が36〜40ヵ月という長期飼育スタイルでじっくり育てられた石垣島きたうち牧場プレミアムビーフをメインに扱うこの店には“世界で一番美しいTボーンステーキ”が存在する。

1枚の厚さは4㎝ほど。通常は1頭から15〜20枚前後のTボーンを取ることができるが、きたうち牧場プレミアムビーフの場合はヒレまでしっかりついたポーターハウス。しかも、但馬系ということもあり、その半分。無駄を感じさせない端正な佇まいに違わず、肉の脂はクリアで雑味は皆無。脂の融点が低いため量を食べても重たさを感じさせないのが特徴だ。

「和牛香が強く上品な旨みの余韻が長く続くと評判です」と富永剛料理長も胸を張る。“和牛Tボーンの最高峰”がもたらす感動ははかりしれない。


まだある、肉魂が燃えたぎるほどの骨付き肉!はこちら

10年ぶりに復活!歴史あるフィオレンティーナ『イル ボッカローネトウキョウ』

恵比寿

〜伝説のビステッカが堂々の復活!〜

1980年台後半から1990年台前半にかけての、俗に言う“イタメシ”ブームの頃から、業界を牽引している、おなじみ『イル・ボッカローネ東京』。

2013年秋に、往時の人気メニューだった「ビステッカ・フィオレンティーナ」=フィレンツェスタイルのTボーンステーキを復活させた!BSE問題の影響で2004年から販売が禁止されていたのが、再び味わえるようになったことは、かつての味を知る人にとっても、初めて触れるという人にも朗報だ。

オーダーが入ると、肉切り包丁、鋸、鉈を使い分けて肉を切り分ける。刃が骨に到達すると大きな音がするが、そんな雰囲気も「骨付き肉を食べるのだ!」という気分を盛り上げてくれる。扱うのは、国産のホルスタイン。
ステーキが焼き上がるのを待つ間には、テーブルでのプレゼンテーションが楽しい「リゾット・パルミジャーノ」を是非。大いに食べ、呑み、夜が更ける。


旨みがつまった熟成肉のTボーンを日常に!
『ゴッサムグリル』

恵比寿

〜熟成法にこだわり、肉の風味を引き出す〜

厚切りステーキとグルメバーガーで肉好きの心を魅了してきた『ゴッサムグリル』。ここでは岡山や群馬、自社牧場がある北海道で飼育されたジャージー牛のTボーンステーキを味わうことができる。

レストラン内の熟成庫で2〜3週間ドライエイジングをし、熟成香を極力まとわせずに肉本来の旨みを引き出すのが“ゴッサム流”。食べごろを迎えた肉は、炭火で表面をガリッ、中はしっとりと焼き上げられる。一度味わえば国産牛ならではの上品な脂や繊細な赤身の虜になること間違いなし。週2ペースで通うリピーターがいるというのもうなずける。


南半球育ちのヘルシーTボーン『ルビージャックス ステーキハウス&バー』

六本木

〜スマートにエスコートしたい 洗練のステーキハウス〜

パートナーと一緒に、思い切りドレスアップして訪れるのが似合うスタイリッシュかつ、オーセンティックなステーキハウス、それがアークヒルズサウスタワーにある『RUBYJACK'SSteakhouse&Bar』だ。

『RUBYJACK'SSteakhouse&Bar』は、あの『TWOROOMSGrill̶Bar』のECNホールディングズが手がけた新コンセプトのレストラン。
メニューは、Tボーンを筆頭にチャーグリルで香ばしく焼き上げるステーキを中心に、フレッシュのオイスターやシーフード、シーザースサラダetc.、王道感ある料理が揃っている。

天井が高く開放的な空間でとりわけ存在感を放つのが、アーティストの小澤雅志氏が存在感のある牛を描いた巨大な絵画、その名も「アンガス」。また、広々としたテラスは、コミューナルテーブルのほかソファ席も充実。リゾートホテルさながらの雰囲気で、初夏から真夏に向けては争奪戦になる。