慌ただしく、そして力強く、東京を生き抜く男たち。

だがしかし、東京で暮らす男は皆、煌きながらも、密かに心の闇を抱え戦っている。

いくら頑張っても果てしなく渇き続けるそんな東京砂漠に、一滴の雫の如く、彼らの闇を癒す存在がいた。

エレナ、29歳。石川県出身。職業、精神科医。

これは、彼女が東京の男たちの心の闇を解決していく物語である。



美人形成外科医、突然の結婚宣言。インスタは封印?


「ああ、そういえば、結婚するわ」

いつものけだるい口調でサトコが言った。

「えー!」

珍しく甲高い声で叫ぶエレナ。となりでお茶をしていた和装の老婦人に睨まれ、あわてて声を潜める。

日曜日の午後3時、『ザ・ロビー』。ペニンシュラ東京の1階にあるこのラウンジは、人の行き来が多く通路と座席との距離も近い。それが落ち着かないという人もいるだろうが、エレナとサトコは敢えて通路近くの席に座り、人間観察を楽しむことを趣味としている。

ただ、今日ばかりは人間観察などしている場合ではなかった。

「えっと…頭でも打ったの? CT撮ろうか?」

「失礼な。私だって結婚のひとつやふたつ、するわよ」

…信じられない。サトコは、エレナの知りうる限り一番結婚から遠い女である。



サトコ、32歳。神奈川県出身。職業、形成外科医。


ハーフのような彫りの深い顔立ち、やや浅黒い肌に、よくしゃべる大きな口。形の良いバストと美脚を強調するワンピースを纏い、ワンレンのロングヘアはいつもキツめにカールされている。

「バブル…」初めてサトコを見たとき、エレナはそう思ったものだ。

見た目にたがわず派手好きなサトコは、医大生時代から夜な夜な浴びるように「泡」を飲み、常時デート相手リストは数十人。そのリストは質も良ければ更新のぺースも早い。雲より軽いお尻を持ち、10年以上東京恋愛市場の最前線を疾走してきた。

自他共にみとめる男好きだが、そこに「結婚したい」「女友達に自慢したい」といった野心は皆無。ただ楽しいから遊ぶ。いたってシンプルだ。

美容整形手術の経験も積み、年収が2,000万を超えるようになると、その勢いはさらに強まった。サトコは、世間の「婚活女子」をあざ笑うかのように男を振り回し続けた。

エレナは、あらためて目の前のサトコを眺める。その「バブル」なビジュアルには、「雑魚にモテる気はない」という気概が現れている。媚びを知らない清々しさがあり、一緒にいるとアトラクションに乗っているよう。その小気味良さは、女友達というよりもゲイバーのママのようだ。

面前に座るエレナは対照的だ。150cmちょっとの華奢な体、艶のあるストレートのセミロングヘア。陶器のような白い肌に黒目がちなアーモンドアイが印象的な顔は、「幸薄い系」と男ウケは良い。

華やかさはないが細やかに手とカネがかかっており、「あんたみたいのが一番タチが悪い」といつもサトコに笑われる。


そんなサトコが選んだ、衝撃の結婚相手とは?

選んだのは、10歳年下、“俳優の卵”


「どれにしたの?マセラティの彼?ミッドタウンレジデンスのバツイチ?」

「いや新キャラ。22歳、俳優の卵。ヒモにするわ」

「は?」

サトコはサンドイッチを口に放り込んであっという間に飲み込み、饒舌に話しはじめた。

「ほら、あたし32になったじゃん。それでね、あ、やっぱり結婚してみようかなって思ったの」

「ごめん、もう今すでに、ついていけてない」

「まあ聞いて。で、サトコセンセイは考えたわけ。どうせなら子供ほしい。でも、自分よりバカな男が外で仕事してる間、自分は家で子育てだけしてキャリアがストップ。こんなのシャクでしょ?」

「子育てに、シャクもなにもないんじゃ…....」

サトコは案外、仕事にはストイックだ。

「もちろん最初は、自分より稼ぎの良い優秀な男と結婚って思ったよ。でもそういう男って古風だから、『あなたがいないと生きていけない』っていう、なーんの取り柄もない女が好きなのよ。こっちだってそんな扱いにくい男、願い下げよ!」

きっと、『稼ぎの良い優秀な男』と一悶着あったのだろう。



「そこでコペルニクス的転回よ。半端な男は論外。自分より上もダメ。じゃあ、かわいい年下クンと結婚して、家のこともやってもらえば良いじゃんって」

そう…なのか?

「で、pairsで若くて素直な男みつけて、ササっと仕込んで、いま妊娠2ヶ月ってわけ。

あ、もとのインスタはさすがに彼にみられたら気まずいから封印した。ママキャラで新しいインスタ始めたからよろしくー」

“新しいインスタ”にあげるためだろう、真剣な表情でアフターヌーンティーセットの写真を撮りはじめたサトコを、エレナはあっけにとられて見ていた。


ノリに乗ったサトコからの、ありがた迷惑な提案とは?

サトコの言う、イマドキ男子の魅力


「10歳下ってどんな感じ?話とか合うの?」

ツッコミ所満載すぎて、つい間抜けなことを聞いてしまう。

「ぜんっぜん。でも、とりあえず褒めてくれるし、かわいいし、気分良いよ。イマドキ男子ってあんまり年齢とか収入の差は気にならないみたい。張り合うこともないから、お互いラクで楽しいよ。エレナも年下いきなよ!」

「うーん、私、年下って慣れてないから…」

「なに女子高生みたいなこと言ってんの。いくら童顔でも29なんだからさ。ちょっと男の幅広げたほうが良いよ。モタモタしてると一条に食われるよ」

「一条先生はそういうんじゃないって。…でもたしかに、若干、人生飽きてきたんだよねぇ。仕事も好きだし生活に満足はしてるけど、あと50年同じ生活が続くと思うと、気が遠くなる」

「でしょ?まずは男の新規開拓からだよ。エレナは身近な男とばかり関係を持ってきたし、大学病院辞めてからたいして出会いもないでしょ?

あ!ちょうどよかった。周りに、悩んでる男がけっこういるのよ。ほら、東京にいると、男もけっこう大変そうじゃない?

みんないい男だからさ、デートがてら相談にのってやってよ。精神科医の、エレナせーんせ❤️」

「えー。私薬物療法しかしないから…」

「もーぐだぐだいわないで!ついでに私に振られて面倒くさくなってる男、なんとかして!」

あいかわらずイノシシのような勢いの女だ。そんなところが、好きなのだけれど。



一条、37歳。東京都出身。職業、精神科医。


「先生聞いてくださいよ!あのサトコが結婚ですって」

白金に今年新しくオープンした『一条メンタルクリニック』の休憩室。午後の外来を終えた一条が入ってくるなり、エレナは興奮気味に言った。

日当たりが良く、計算されつくした色とりどりの椅子が並ぶこのクリニックは、まるでエステサロンのようだ。

「…...そういうわけで、なんだかわからないけど、要は、サトコのしりぬぐいと暇つぶしに付き合わされそうなんです。うまく断れないかなぁ」

「それは良い機会だな」

「え?」

「今お前が勤めてるのはメンタルクリニックだ。去年までいた大学の精神科とは違う。頭が良いだけじゃダメ、カジュアルなお悩み相談だって聞いてやる度量が必要なんだ。

ここは当直もないし、夜暇だろう?院長命令だ、行ってこい。…もちろん、上司である俺に『報告、連絡、相談』も忘れずにな」

絶対面白がってるだけじゃないですかぁ、とエレナが頭を抱えていると、早速サトコからLINEが届く。

「例の件、来週の水曜どう?『ラ・ベル・エポック』予約したって」

―ふうん―

エレナ先生の「東京砂漠の回診」が、これから始まる。



次回8月3日(水):証券会社に勤める34歳の「崇成」の闇とは?


『ザ・ロビー』
ペニンシュラ東京1階、エントランスの面前に広がるメインラウンジ。明るく開放的な空間で、シャンデリアや存在感あるアートを眺めながらゆっくりとした時間を過ごすことができる。ブレックファスト、ランチ、アフタヌーンティー、ディナー、カクテルタイムと、それぞれの時間帯で違った表情を持つのも魅力。