ー年収1,000万円では、都心で豊かな暮らしを求めることはできない。

結婚後も都心暮らしを視野に据える賢い女性なら、肌感覚として誰もが知っていること。

現実的には年収2,000万円以上あれば...そう考えつつ、年収3,000万円と聞けば浮き足立つ女がいる。

国税庁の「民間給与実態統計調査」から推計すると、年収3,000万以上を稼ぎだすのは、約500人に1人以下。人口の0.2%程度。

そんな経済的に恵まれた男性の妻の座を獲得したのは、一体どんな女たちなのだろうか。

その婚活戦略や結婚後の実態をお届けする。

これまでに、年収1,000万では暮らせないと嘆く真美、同期が偶然御曹司だった麻衣、慶應幼稚舎出身のエリート夫を特別枠で手に入れた典子、無駄な女子会を捨て、結婚したさおりなどを紹介した。今週は?



【今週の年収3,000万の夫を持つ妻】

名前:愛子(29歳)
夫の職業:広告代理店経営(33歳)
夫の年収:3,000万
結婚前の職業:看護士
住まい:青山


女が切に結婚を願う時


愛子は元々看護士として都内の大病院に勤務しており、4年ほど前に美容皮膚科に移った。

美容皮膚科に勤めていると言われれば納得する、1ミリの隙もない綺麗な肌。顔は驚くほど小さく、長い睫毛が際立って見える。

そんな、少し人工的な雰囲気を醸し出している愛子が年収3,000万の夫を手に入れたのは、自分の稼ぎだけではどうしようもないと早い段階で見切っていたからだと言う。

愛子の結婚前の年収は約500万。ボーナスはなかったため、毎月35万弱の手取りだ。

「普通の女性が一人で生きていく分には問題のない年収だったかもしれません。でも、このまま一生仕事を続けていけるのか常に不安でした。」

美容皮膚科に移ったことで、夜勤もなく仕事内容は楽になった。しかし将来に漠然とした不安も抱いていた。

ー仕事は好きだし、続けたい。でも自分の稼ぎだけでは限界値が見えている。

「自分一人で住むには、せいぜい家賃12〜3万が限界でしょう。バーキンも買えなければルブタンも好きには買えない。そんな生活、都心では満足できないから。」

愛子の欲望を満たすには、誰かの力が必要だった。

切に結婚を願っている時に出会ったのが、今の夫・貴浩だ。出会いは食事会だったがお互い好意を持ち、すぐに交際へ発展した。

“これで結婚相手が見つかった...”と胸を撫で下ろしたが、思わぬ誤算が待ち受けていた。

「まさかの“結婚願望はない”と貴浩から宣言されたんです。」

出会った当時、愛子は27歳、貴浩は31歳。彼はまだまだ働き盛り、遊び盛りだった。


弱っている時が攻め時?男性が結婚したいと思う瞬間とは

男に結婚願望が芽生えるとき


—せっかくファスト・パスを掴みかけたのに...

愛子の思い描いていた楽な暮らしは、貴浩の結婚願望の低さによって実現不可と思われた。

夫の貴浩は甘いマスクにスラリとした体型。そして広告代理店の経営者でもあり、話術も巧み...と全て揃っていると言っても過言ではない。

放っておいても女性は勝手に寄ってくるため、自由な独身生活を謳歌していた。

「他の男性を探して、早く結婚しようかとも思いました。実際に、貴浩と交際してからも食事会に精を出していましたしね。」

しかし交際開始から半年後、貴浩が否が応でも結婚を意識する出来事があった。

激務が重なり、貴浩が体調を崩したのだ。

「女は経済力に不安を覚える時に、男は弱っている時に結婚願望が芽生えると言いますが...それは正しいと思います。」

心身ともに疲れ果てていた貴浩は、愛子の看護士ならではの優しさと、甲斐甲斐しく尽くしてくれる姿に心を許した。それと同時に誰かが傍にいてくれる有り難さと温もりも覚えたのだ。

貴浩が弱っている時に一気に攻めた愛子は、目的通り貴浩の妻の座を獲得した。



優雅な年収3,000万の妻の暮らし


現在夫婦は青山のタワーマンションに住み、愛子は今でも週4回美容皮膚科で看護士として勤務している。

「仕事もしていますが、家庭のこともおろそかにしないよう心がけています。」

そう話す愛子だが、帰宅時間の遅い貴浩は滅多に家で食事しないため、平日は食事の用意をする必要がない。そして週末も二人で外食が多く、料理を作るのは月に2,3回程度だ。

また、掃除は週に1回『ベアーズ』に頼んでいるため、愛子の出番はほぼない。(洗濯はすると話すが、自動洗濯乾燥機に入れ、ボタンを押すだけである。)

そんな愛子だが、極め付けは夫の年収は全て自分のものにしているという。


年収3,000万の夫を持つ妻の家計管理とは?

ジャイアンと同じ考え方をする年収3,000万の妻


「自分の稼ぎは自分で使いたいし、旦那の稼ぎも私のもの。」

まるでジャイアンのような“自分のものは自分のもの、人のものも自分のもの”という考えだが、愛子は当然のことだと思っている。

「私の給料なんて彼からすると微々たるもの。あってもなくても関係ないですし、自分で稼いだお金を自由に使えるために結婚したようなものですから。」

そもそも自分の稼ぎだけでは良い暮らしができないと嘆いていた愛子。

貴浩と結婚することで家賃や生活費の心配から解放され、自分の給料は自分で好きなように使える、理想の暮らしを手に入れた。

「女性にとって、仕事は生活のためであってはいけないと思うんです。自分が輝くためのツールであるべきだから。」

愛子の周りにも、このような考え方の女性は多いという。

仕事は好きだし、続けたい。しかしそれは専業主婦より、自分のアイデンティティーのために仕事はあった方がいいと思っているからである。

働いても家計を助けよう、旦那に奉仕しようとは毛頭考えていない。旦那の稼ぎは自分と共有するが、自分の稼ぎは一切旦那と共有しない。

「女性の方が、エステやネイル、美容代にお金がかかるから仕方のないことでしょう?」



搾取される年収3,000万の夫


愛子の年収を、貴浩は知らない。夫の銀行口座は愛子が実質管理しているが、貴浩は愛子の給料がどの銀行口座に振り込まれているかも知らない。

「家賃を払うために働く生活には、二度と戻りなくないですね。夫の年収が低いと自分の稼ぎまで生活費に回さなければならないけど、今は貴浩が全て負担してくれているから、私は気が楽。」

あっけらかんと話す愛子には、何の後ろめたさも感じられない。

毎月増え続ける靴とバッグに、たまに貴浩からツッコミが入るそうだが、自分で買ったといえばそれ以上何も言われないそうだ。

「年収3,000万も稼いでいるのだから、生活費は全額夫が負担するのは当たり前。」


旦那の稼ぎは搾取するが、自分の稼ぎは守りに入っている。


▶NEXT:4月4日火曜更新予定
このご時世に未だにあった“許嫁”システム。良家ならではのしきたりとは?


【これまでの年収3,000万の夫】
Vol.1:”年収1,000万ゴール”説の嘘。それっぽっちじゃ都心で暮らせない
Vol.2:ただの同期がまさかの御曹司。無垢な心で掴んだ計算ずくの勝利
Vol.3:亭主稼いで留守がいい。夫が稼ぐほど、妻の愛は他へうつろふ
Vol.4:慶應幼稚舎出身・年収3,000万の夫。凡女子が入れぬ“特別枠”を6歳で手にしていた妻
Vol.5:飾りじゃないのよ、年収は。夫の実情を知らなかった妻の大誤算
Vol.6:損して得とれ。割り勘に拒否反応を示す傲慢な女ほど損をする
Vol.7:「こちら側にきたら可哀想」年収1,000万夫の妻を気遣う、年収3,000万夫の妻
Vol.8:「伴侶は25歳までに決めるべし」祖母の教えを守り、手に入れた年収3,000万の夫
Vol.9:ゼロか100の勝負に挑んだ妻。年収500万の夫の夢と将来に賭けた想い
Vol.10:傷を舐め合う女子会は無駄なだけ。女の友情を捨てた先に、年収3,000万の夫あり