神奈川県 葉山町と横須賀市の境にある、相模湾の岬と人気海水浴場で知られる長者ヶ崎。

富士山や江ノ島を望める風光明媚な長者ヶ崎のすぐちかく、国道134号沿いに1987年の開業以来、緑深き低山と雄大な海が広がる歴史ある景勝地、葉山の地に根ざし、葉山の魅力を届けてきた老舗ホテルが、「葉山ホテル音羽ノ森」。

ここ 葉山ホテル音羽ノ森 が、開業以来初の大規模リニューアルを経て刷新。

全室極上オーシャンビュー、最新ラグジュアリー空間で絶品グルメ

新しく生まれ変わった葉山ホテル音羽ノ森では、客室からの雄大な絶景を眺めながら、ラグジュアリーな空間で我が家のようにくつろいでいただける “極上の日常”を体感できる地へとアップデート。

全室オーシャンビューの居室や、バスルームからは刻一刻と美しさを変化させる眺望を、全身で満喫できる。

そして、首都圏から1〜2時間圏内という場所に位置しながらも、採れたての三浦野菜や相模湾の魚介、葉山牛など、新鮮な地元食材にこだわった四季折々の料理にも注目を。

―――ということで、ここで“オールニュー葉山ホテル音羽ノ森”の最新ラグジュアリー空間と、絶品グルメが体感できるメニューの数々、最上級アメニティなどをチェックしていこう。

富士山・相模湾 眺望、屋外ジャグジー、プール付き……多彩な空間に注目

新しくなった葉山ホテル音羽ノ森でまず注目は、屋外ジャグジー付きの「OTOWAスイート」や、プール付きのデラックスプールスイートをはじめとした全室オーシャンビューバス付きの広々とした客室のほか、増築したメゾネットスイート、ドッグフレンドリースイートなどゆったりと滞在できる工夫が満載の客室。

葉山ホテル音羽ノ森は、106平米の広さを持つ「OTOWAスイート」をはじめ、親しまれてきた外観をできるだけ活かしながら各客室の窓を大きくするなどより眺望を楽しめる60平米前後の広々とした客室を中心にレイアウト。

全室相模湾が見渡せるオーシャンビューバスを備え付け、ラグジュアリーな空間でゆっくりと滞在できる。

また、富士山を眺望できるコーナージャグジースイートや、相模湾を存分に楽しめるプール付きのデラックスプールスイート、屋外ジャグジー付きのデラックスジャグジースイート、バルコニーやベッドの上から相模湾の景色を楽しめるデラックスバルコニースイートのほか、メゾネットスイートなど、葉山の自然を楽しめるさまざまなタイプの部屋を用意。

さらに、ペットといっしょに滞在したいという人に、小型犬2匹までいっしょに滞在できるドッグフレンドリースイートも新設。

室内には愛犬用のバスルーム、グルーミング台、クローゼット、ドライルームなど設備アメニティを豊富に用意。

オプションで愛犬用の料理やケーキを別途に注文することが可能になり、ワンランク上の愛犬とのホテル滞在を楽しめる。

地元葉山の食材を体感できるフレンチレストラン

“新生 葉山ホテル音羽ノ森”のレストランは、葉山牛、三浦野菜など、地元葉山の食材をふんだんにとり入れたフレンチレストランのほか、新たに、相模湾でとれた鮑や伊勢海老などの食材を楽しむことができる鉄板焼のレストランがオープン。

長年に渡って「葉山ホテル音羽ノ森」の総料理長を務める田原英俊が、旬の食材を使用しながら、“葉山ならではの食体験”をお届け。

また、食事をよりお楽しみいただけるよう、ソムリエがセレクトしたワインも取り揃え、今後は、ワインとノンアルコールドリンクのペアリングもラインナップしていくというから、楽しみ。

さらに、それぞれのレストランでは田原総料理長自ら選定しましたカマチ陶舗の有田焼で提供。細部までこだわった料理と空間に注目を。

刷新を経たレストランは、既存の天井や壁に施された貝のモチーフを活かしながら、貝の艶感と光沢感を素材として取り入れたリゾート感あふれるラグジュアリーなレストラン空間に。

また、客室で食事を愉しむプライベートダイニングも可能。夕食はフレンチのみ、朝食はバルコニーがある客室はバルコニーでも楽しめるのもうれしい。

鉄板焼レストランの新設で和洋融合した料理を五感で楽しむ

“新生 葉山ホテル音羽ノ森”の鉄板焼レストランは、全8品コースで、三浦野菜を活かし、全国から厳選・調達した魚貝、お肉を体感できる。

鉄板焼レストランを新設するにあたり、鉄板の厚みにもこだわり、素材本来の旨味を閉じ込められるよう厚み4cmの鉄板を採用。

リニューアル後はフレンチだけでなく鉄板焼も提供できることにより、和食、洋食のそれぞれの良いところを融合した料理を五感で楽しめる。

また、葉山牛や鮑、伊勢海老などの厳選された新鮮な食材を目の前でていねいに焼き上げ、連泊客の滞在スタイルのバリエーションが広がり、席数を絞ったプライベートな空間で食事が体感できるように進化を遂げている。

ロビーラウンジに新たにファイヤースペース、カクテルサービスも

客室のソファやテーブルは、シンプルで上質なアルフレックスを採用し、ロビーラウンジやレストランのソファ、椅子には、自然素材を用いた美しいデザインが特長のマクガイア、独自のユニークなデザインが愛されているアーテリアズなどを採用。

より快適にくつろげるよう、これまで以上に洗練された空間へとアップデートした。

リニューアルにともないロビーラウンジ内に、新たにファイヤースペースを設置。

ロビーラウンジでは、ワインなどの各種アルコール、コーヒー、紅茶などのソフトドリンクをフリーフローで用意し、ロビーラウンジ内ではもちろんのこと、屋外のテラスやSPAサイドでも楽しめる。

またバータイムには、別料金にてバーテンダーによるカクテルサービスを用意し、おいしいお酒と食後の余韻をゆっくり楽しんで。

いっぽうで、これまで愛されてきたインフィニティSPA は、あえてリニューアルを行わず、これまでの形のまま残しているところもポイント。

あえて宿泊客以外のビジターが訪れられないクローズドな空間に

客室内の冷蔵庫では地元葉山のクラフトビール醸造所「ブリュースターズヨットクラブ葉山ブリューイング」とのコラボレーションでつくったオリジナルビールを楽しめるほか、宿泊者限定でホテルパティシエ特製琥珀糖をお土産としてプレゼント。

このスイーツは海のシーグラスをイメージし、砂糖と寒天を煮詰めた後、低温のオーブンで3日間ていねいに乾燥、糖化させてつくったもの。

また、リニューアル後はより一層リラックスして滞在できるよう、あえて宿泊客以外のビジターが訪れられないクローズドな空間に。

ホテル創業以来人気の高いチーズケーキは客室内で体感できる他、チェックアウト時のお土産としても購入できる。

ベースのクルミとビスキュイをブレンドした、さくさくとした生地のコラボレーションを、楽しんで。

―――いよいよ11月10日にオープンする、“新生 葉山ホテル音羽ノ森”。その圧倒的なラグジュアリースペックは、公式サイトへ↓↓↓
https://otowanomori.jp/