2008年に創業し、全国80店舗以上を展開し、累計487万件以上の施術実績を誇る、専門医師監修 メンズ脱毛専門サロン―――RINX(リンクス)。

この RINX(リンクス)が利用者数を伸ばしている最大のアドバンテージは、施術者がすべて男性の脱毛技能士という点。

高度な技術を誇るのはもちろん、男性ならではの悩みを相談しやすい環境と、過度な勧誘を控え顧客の意思を尊重するという創業当時からの姿勢が、顧客満足につながっているという。

そんなリンクス(https://mens-rinx.jp/)が、ブランドアンバサダー YOU が出演する新CM「男は、脱ぐ。Men for Men」篇を、2月3日から放映するのにあわせ、都内で発表会を開催。

YOU が登場したところまでは順調にプログラムがすすんだのに、そこに思わぬお笑いコンビが……!?

YOU「男性の施術は、ひとつ大きな安心ポイント」

「古い価値観」や「過去の自分」を脱ぐことをテーマにした新CM「男は、脱ぐ。Men for Men」篇に出演する YOU は、男性の脱毛について、得意の“アンダーネタ”でポジティブにこうプッシュ。

「若い男性やスポーツする人が先に脱毛に対してポジティブな気がします。

でも、よくよく考えたら、なんか複雑だなーって。だって、Vゾーンは脱毛しなきゃいけないし、頭髪は増毛しなきゃだし。

もう、Vゾーンで脱毛した毛を、頭に増毛へと持っていく時代になればいいなと思いました。

リンクスが素敵なところは、若い男の人もオジ様たちも、施術は男性の方々が担当してくれるという点ですよね。

施術してくれる人が女性ですと緊張したり、恥ずかしくて行きにくい面もあるかもしれませんよね。

リンクスのように男性が施術していただけるというのは、ひとつ大きな安心ポイントだと思います」(YOU)

そこへ、見取り図の2人が男性施術者として登場

発表会前半では、RINXの男性施術者 総勢14名が全員、メガネ・マスク・白衣を着用して登場。

その施術者14名のなかに、なにやらひとりふたり、怪しい雰囲気の男性……そう、あのお笑い芸人「見取り図」盛山晋太郎・リリーだ。

「リンクス大阪難波店で施術を担当しています。世の男性のために、われわれ男性スタッフが施術します」とドヤ顔で出てきた盛山晋太郎は、記者たちにこう言い放った。

「デリケートゾーンなど、女性の施術者だと恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。

なので、ここに集まっている記者の人たちも、体毛がボーボーそうなので、お任せください! Men for Men!」

毛ボーボー盛山さん、ボーボー好きのYOU、体毛薄いリリーが脱毛リアルトーク

YOU:こんな時代になるとは思ってなかった。いまはみなさん、顔に薄くファンデーション塗ったり、メイクも普通にしてますからね。だから、Vゾーンの毛も要らないと思ったら、脱毛しちゃいましょう。

盛山:ぼくも脱毛は経験なくて、リンクスにお世話になりたいってほんとに思ってるんですよ。ここでもひとりだけ毛量違うんで。

リリー:ぼくは身体の毛が薄いので、リアルにアンダーヘアを脱毛しようかなって思ってます。VIOといえば、リンクスさんということで、お世話になろうかなと。

盛山:おれなんか「V」も「I」も「O」もスゴいです。

リリー:ここで「O」を見せてよ。

盛山:おまえ記者会見で、自分のOを開くわけないやろ! で、やっぱり脱毛って痛いんですか? 村田専務。

リンクス村田専務:無痛ではないですけど、盛山さんはちょっとチクっとするときがあるかもしれません。リリーさんはほとんど痛みを感じないと思います。

YOU:でもわたしは古い人間なので、“毛ボーボー世代”です。ボーボーなほうが原始時代みたいに男らしい。胸毛バーンだったりすると、ヒューッ! みたいな。でもいまの若い女性は、ツルリン♪が好きみたいですよね。

YOU、盛山、リリー、村田専務が2024年「脱●●」したいこと

リンクス村田専務:脱贅(だつぜい)―――贅沢をこれ以上することよりは、お客様にしっかり還元していきたい。幸せを届けていきたいという想いを込めて「脱贅」としました。

YOU:脱課金――― 105話のドラマとかあるんですね。1話が220円から330円ぐらいかかって、もうほんとに働けど働けど、課金しちゃうんです。無料公開期間まで待てるようになりたいと思います。

盛山:脱ロン毛―――ぼくいま38歳で、若いころ憧れの男性は反町隆史さんや木村拓哉さん、江口洋介さんとかだったんですよ。本当にロン毛に憧れた。その名残でロン毛なんですけど、もう切ろうかなと思ってるんですよ。2年前なんて、胸ぐらいまで毛があったんですよ。今年ぐらいでロン毛を終わろうかなって思います。

リリー:相方・盛山に脱してほしいのはこれ(つるつるスキンヘッドの盛山像)

(これを見て盛山)「いやこれおれの初期設定やん。全身脱毛はわかるけど、スキンヘッドにはしたくないねん!」

リンクス村田専務「毛量で施術は変わりません。施術の時間・料金も変わりません」

―――見取り図の2人とリンクス村田専務は最後に記者陣の取材に応じ、こうコメントしてくれた。

盛山:脱毛を本気で考えるようになったのは、去年ぐらいからで。毎朝1回、ヒゲ剃りだけで5〜10分もかかるんですよね。そのヒゲ剃り時間が、リンクスの脱毛施術で解消できたら、その浮いた5〜10分でたばこをもう一本吸って、コーヒーでゆっくりしますかね。

リリー:アンダーヘアを脱毛しようと思いましたね。体毛がないので、本当にないんですよ。生まれたての姿です。アンダーヘアしかやることがないんです。ヒゲもないんで。

盛山:「アンダーヘアしかやることがないんです」って、これ(ネットニュースの)いい見出しになりますね! ぼくはもう、ヒゲを3回剃ったら血だらけになるぐらい。ヒゲ剃りが面倒になりますね。タクシーのなかで忙しくてカミソリだけでヒゲそったら、やっぱり血だらけになりましたね。

リンクス村田専務:お二人の毛量で施術は変わりません。やる手順は変わらないので。施術の時間・料金も変わりません。「施術のやりがい」と聞かれたら、ぶっちぎりで盛山さんにやりがいがあります(笑)。

―――見取り図の2人もこう期待する、RINX(リンクス)の詳細は、公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://mens-rinx.jp/