高学年になっても飽きないシンプルなデザイン。

持った瞬間すぐわかる驚きの軽さ。

壊れた理由を問わず6年間完全無料修理。

牛革も人工皮革も全モデル同じ性能。

―――そんな優位性で、工房系ランドセルのトップを走るメーカーが、池田屋。

静岡県静岡市に本社を構える池田屋は、6月30日まで「池田屋ランドセル2025年入学のお子さま向け展示会」を全国44都道府県で開催中。

この「池田屋ランドセル2025年入学のお子さま向け展示会」では、2025年の新製品ほか、池田屋ランドセルの全商品をラインナップ展示。

好きな色のランドセルを選んで何度でも試せるほか、専門スタッフがカラーやサイズなどの好みを聞きながら、ベストなランドセルをいっしょに選んで機能やフィット感をチェックできる。

すぐに満席になってしまうから、来場予約は早めに!

池田屋ランドセルは百貨店などでの卸売りをしないことから、直営店舗(東京 銀座店/神奈川 横浜みなとみらい店/静岡店・浜松店/大阪 梅田店/福岡天神店)に行けないファミリーなどが、実物を観て触れて体感できるチャンスということで、多くの来場者でにぎわう。

そんな「池田屋ランドセル2025年入学のお子さま向け展示会」の開催地・開催スケジュールは、公式サイトをチェックし来場予約して行ってみて↓↓↓ 
https://www.pikachan.com/exhibition/

―――ということで、なぜこんなに池田屋のランドセルが人気で、展示会に来場者が詰めかけるのかを確かめに、3月2・3日にソニックシティ(埼玉・大宮)で行われた展示会へ行ってみた。

実際に見て触れて背負って歩いてみてわかる、池田屋クオリティ

「やっぱり実際に手にとってみて、子どもが背負ってみて、品質の良さやデザイン、使い心地、こだわりがわかりますよね」

「多彩なカラーをラインナップしていて、子どもといっしょに実際のカラーをみて、お洋服とあわせてみて、『この色がいい!』って決められるのはいいですよね」

「会場が広いから、ランドセルを実際に背負ってみて、いろいろ歩いてみて、『やっぱり軽くて疲れないね』って確かめられたのはうれしいですね」

―――そんなパパ・ママの声が聞けた埼玉・大宮会場。子どもたちのなかには、すぐに気に入ってしまい、「これがほしい!」とパパ・ママにねだるキッズの姿も……。

支持される理由、6年間完全無料修理という安心感

パパ・ママたちがいう、「池田屋ランドセルの軽さ」は、余計な装飾パーツや刺繍がない、シンプルで軽量な仕立てによって達成できたメリット。

徹底的に軽さと機能を追求した自社開発オリジナル素材や、極限まで軽量化した高強度オリジナル樹脂パーツを採用している点にも注目。

また、壊れた理由を問わず6年間完全無料修理してくれる点にもパパ・ママは「安心ですよね」と。

修理は全店舗で対応し、保証書も不要。修理不能と判断した場合は本体ごと無料で交換する場合もあるという。

さらに配送修理は最短3日で対応・店頭持ち込みなら即日修理してくれるという安心感も、パパ・ママたちが池田屋ランドセルを選ぶ理由のひとつだ。

―――池田屋 長岡和久 代表取締役社長も展示会に駆けつけ、お気に入りのランドセルをいっしょに選んでくれるときもあるから、気になる人はサイトで来場者予約して、行ってみて↓↓↓
https://www.pikachan.com/exhibition/