TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。12月13日(金)の放送では、政府が講じる就職氷河期世代への支援策について意見を交わしました。

◆政府の遅すぎる対応策に苦言

政府は、およそ1,689万人いると言われる就職氷河期世代の支援策について、今後3年間で約600億円を投じる方針を固めました。具体的には、研修時の交通費の支給や奨学金の返済支援、ハローワークの専門窓口の開設などの費用に充てる予定です。

しかし、ネット上では「手遅れ」「非正規社員を増やす政策を進めたくせに……」「もっと(支援策が)早ければ、少子化も年金も医療費も全部問題になっていない」など、遅すぎる対応に厳しい声も出ているようです。

プロゴルファーでゴルフ解説者のタケ小山さんは、「就職氷河期の人たちがスライドしていって、社会保障を受けなきゃいけないときになったら、また同じ問題がくるのでは」と指摘。さらに「どこかでちゃんと政策を打たなければ、国からこの世代にずっとお金がつぎ込まれないといけないということだけど、今じゃない。政治家の人たちは、今から30年、50年後の国づくりをしてもらわないと、こういうことはずっと起きてしまう」と話します。

MCの堀潤やこの日のゲスト、タレントのフィフィさんは「ロスト・ジェネレーション」とも言われる、バブル崩壊後から約10年間の期間に就職活動をした世代にあたります。それだけに堀は、今回の政府の方針に「当時、何故しっかりと対策を打てなかったのか」と憤りを露わにしていました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>番組名:モーニングCROSS放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜7:59 「エムキャス」でも同時配信レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/番組Twitter:@morning_cross