TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。11月3日(水・祝)放送の「FLAG NEWS」では、“自殺者の増加”について取り上げました。

◆昨年に比べ自殺者増加、その背景にあるのはコロナと…

厚生労働省によると、2020年に自殺した人の数は2万1,081人で、前年より912人増。男性は11年連続で減少しましたが、女性は2年ぶりに増加しました。女性の自殺の原因・動機は「勤務問題」が34.8%と最も大きく増加し、コロナ禍の労働環境の変化が影響した可能性があるということです。

また、小学生・中学生・高校生の自殺は、499人で過去最多に。去年3月の一斉休校の要請直後に大きく減少し、学校が再会した6月に一転急増するなどコロナ禍との関連が示唆されています。

◆長引くコロナ禍で事態は深刻…

株式会社POTETO Media代表取締役の古井康介さんは、「政治家の方々は、どの程度リアルに捉えているのか」と案じます。そして、政治家も自分の子どもを含め、日常的に若者の一部と触れ合っていると思うものの、「命を絶っている人がいるということがリアリティを持って届いているのか、とても悲しい」と悲嘆します。

コメンテーターとして「堀潤モーニングFLAG」に度々出演しているNPO法人「あなたのいばしょ」理事長の大空幸星さんは、このニュースを受け、自身のTwitterでその深刻さを訴えつつ、窓口のあり方について「メディアの責任も極めて重い」と問題提起。なぜなら、メディアでの相談窓口の露出は常に目立たないところに表示される程度だから。

また、大空さんはこうした状況のなか、「あなたはひとりじゃない|内閣官房孤独・孤立対策室」の取り組みとして、チャットボットを開設したと発信。そこでは約150の支援制度のなかから、孤独・孤立に悩む人にあった支援をチャットボットで探すことができます。

インスタメディア「NO YOUTH NO JAPAN」代表の能條桃子さんは、今、大変な状況にある方々にどう支援を届けていくかという問題とともに、「これだけ大変な状況を作っている社会構造そのものも、余裕がある私たちが目を向け、変えていこうとしなくてはいけない」と吐露。そして、「自己責任論が論としても強いし、皆それぞれ収入も下がり、全体的に地盤沈下していくなかで、これからどういう明るいものを描けるのか考えていきたい」と今後の展望を述べていました。

※この番組の記事一覧を見る <番組概要>番組名:堀潤モーニングFLAG放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX)番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/番組Twitter:@morning_flag