女優の吉永小百合さんが初の医師役に挑戦した映画『いのちの停車場』の公開記念イベントが行われました。

映画は、在宅医療を通して、死に直面するさまざまな患者と、その家族を描いたヒューマン医療ドラマ。

共演の松坂桃李さんは壇上で「その人その人、その家族その家族、それぞれに幸せの形があって、自分の命のしまい方というものを改めて考えさせられるようなことがありました」とコメント。

この松坂さんが放った一言が、ベテラン俳優たちから総ツッコミされる事態に・・・!

吉永さんは「早すぎますよね、そんなことおっしゃるなんて」と周りの人達に尋ねると、

西田敏行さんが「早いですよ。そういう発言は70歳を超えた人間が言うんですよ」と言い、松坂さんが慌てて「もっと謳歌したいと思います」と返答。

さらに泉谷しげるさんが「お前、言い過ぎだよお前」と言って皆を笑わせ、西田さんも「俺たちが言うこと無くなっちゃうじゃん」と突っ込むと、

松坂さんは「もっと1日1日、充実できるように生きたいと思います」と反省した様子でした。

そして西田さんから「生き切って下さい」と声をかけられた松坂さんは「生き切ります!」と誓っていました。

映画『いのちの停車場』は、全国公開中です。