TOKYO MX(地上波9ch)の月曜ドラマ『青きヴァンパイアの悩み』。3月29日(月)夜10時から第8話、ついに最終回を迎えます。
第7話では、谷口めぐさん(AKB48)演じる未亜が桐山漣さん演じる蒼に急接近。しかし、そこには真の目的があり、第8話で明らかになります。
そして、蒼とゆうたろうさん演じる葵の2人の“青ヴァン”は、“ニューノーマル”な時代をどのように生きていくことになるのでしょうか。ぜひご覧ください。

主演の桐山さんから、最終話の見どころについてコメントが届きました。

【桐山漣さんコメント】青ヴァン、ついに最終回です。人間とヴァンパイアの世界で揉まれ、自分達はどう生きていくのか蒼と葵の青ヴァンとしての生き方に目が離せない結末となりそうです。そして個性豊かなキャストのみなさんの行く末は・・・主役としてこの作品に携わらせていただき、スタッフ・キャストとたくさんの方々に支えてもらいこの作品を終えることができてとても感謝しています。僕たちの物語を最後まで見届けていただけたら嬉しいです。

【第8話あらすじ】蒼(桐山漣)を訪ねてきた未亜(谷口めぐ)。蒼は彼女の血を吸いたくなる衝動を必死に抑える。一方の未亜には蒼を訪ねた本当の目的があった。麻美(中村映里子)のワケを知った葵(ゆうたろう)は、彼女を住処に連れてくるが、そこで未亜が蒼に“迫る”のを目撃する。さらにオソノ(護あさな)もやって来て事態は誰も予想しなかった展開へと向かっていく。

【第8話放送日時】3月29日(月) 22:00〜22:30<TOKYO MX1>

【ドラマあらすじ】深夜の喫茶店営業で生計を立てていた自分の力で一度も血を吸った事がない“青き(=未熟な)のヴァンパイア”の蒼(桐山漣)と 葵(ゆうたろう)。新型コロナの影響で、ルーマニアにあるヴァンパイア協会本部から毎月送られていた血液の配給が停止してしまった!「ヴァンパイアは人間を襲って血を吸えるようになってはじめて一人前になれる」と、人間に近づいて血を吸おうとするが、人間だった時の記憶や、元来の優しさなどが邪魔してしまい――。そんな中、彼らがとった行動とは……?コロナ禍で私たちの知らないところで、密かに繰り広げられていた!? 悩ましき吸血鬼たちのオリジナルドラマストーリー。

<番組概要>タイトル:青きヴァンパイアの悩み放送日時:毎週月曜22:00〜22:30<TOKYO MX1>出演:桐山漣、ゆうたろう、谷口めぐ、芹澤興人、伊島空、護あさな、吉田ウーロン太 ほか※漣はさんずいに連が正式表記原作・脚本:アサダアツシオープニング主題歌:ZAQ「月灯」(ランティス)エンディング主題歌:Ran「せかい」(ビーイング)製作著作:TOKYO MX

配信情報:スマホアプリ/Webサイト「エムキャス」にて全国無料でリアルタイム配信。見逃し配信として、最新話放送から1週間は「エムキャス」にて全国無料で視聴可能。また、「TELASA」、「auスマートパスプレミアム 」、「J:COMオンデマンド」、「milplus」にてMX放送後から随時公開。最新話まで見放題独占配信!

番組ホームページ:https://s.mxtv.jp/drama/mx9_vampire/Twitter:https://twitter.com/mx9_vampireInstagram:https://www.instagram.com/mx9_vampire