タッキー怒りの粛正だ!! ジャニーズ期待の5人組グループ「HiHi Jets」の橋本涼(18)と作間龍斗(16)が、ネット上に流出したプライベート写真で年内謹慎処分となった。橋本に至っては女性とのベッド写真まで公開された。これに激怒したのが、7月9日に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)の遺志を継ぎ、後進の育成に当たる滝沢秀明氏(37)だ。ジャニーズ事務所は10日、この手の「女性とのプライベート写真流出スキャンダル」では異例ともいえるコメントを発表した。その裏にはタッキーの“ある狙い”が――。

「HiHi Jets」は橋本、作間、髙橋優斗(19)、井上瑞稀(18)、猪狩蒼弥(16)からなるジャニーズJr.の5人組。CDデビューこそしていないものの、この夏の「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援サポーターに就任するなど、次世代ジャニーズを担うグループとして事務所もプッシュしていた。

 その直後の今月初旬、ネット上に橋本と作間のプライベート写真が流出。作間は寝顔の、橋本に至っては女性とのベッド写真が公開された。

「ともにA子という“いわくつきファン”の家で撮られたもの。何が誤算だったかと言えば、A子自ら写真流出の顛末について動画配信したこと。結果、爆発的に広まり、2人は言い逃れできなくなってしまった」(関係者)

 これを受け、ジャニーズ事務所は「タレントとしての自覚の欠如を示すものであり、ジャニーズJr.としてふさわしくない姿勢、行動であると判断」、12月末まで2人の芸能活動を自粛することを公式サイトで発表した。

 これに驚きの声を上げるのが、業界関係者だ。

「正直、この手の流出騒動はこれまでゴマンとあった。特にジュニア世代は知名度も低いため、無法地帯。それが今回、事務所の公式サイトで速やかに処分を発表したのだから衝撃だ」

 背景にあるのは、昨年末で芸能界を引退し、ジュニア育成の全権を委任されたタッキーこと滝沢秀明「ジャニーズアイランド」社長の存在だといわれている。舞台裏を知る人物が明かす。

「今回の件で一番激怒したのがタッキーでしょう。相手が女優やタレントならまだしも、ファンにお手つきしたことが許せなかった。日頃から『ファンには手を出すな!!』と口酸っぱく言っていたそうですから。今回の粛正は、ほかのジュニアに対する見せしめの意味もあるのでは」

 タッキーの怒りを増幅させたのは相手女性が未成年である可能性が高いことだ。コンプライアンス遵守が求められる時代に、未成年相手のトラブルはご法度。橋本、作間だけの話では終わらず、ジャニーズ事務所の根幹を揺るがす事態にもなりかねない。

 案の定、今回も橋本には未成年飲酒&喫煙疑惑がささやかれている。

「橋本は外見がかっこいいのでファンは増えつつあったのですが、以前からどこか危なっかしいところがあった。女性絡みのネタも今回が初めてではなく、ファンがどんどん離れている。作間はグループに後から合流し、最初は真面目だったが、橋本とつるむようになって荒れてきた。タッキーはジャニーさん亡き後、ジュニアの風紀が乱れつつあることを感じ、今回の件に乗じて一発ガツンとやったのだろう」(同)

“鬼のタッキー”に戦々恐々なのは、ジュニアだけではない。スキャンダル発覚→即処分が新生ジャニーズ事務所のスタンダードとなれば“遊び人”で知られる「NEWS」手越祐也(31)や小山慶一郎(35)あたりは、夜の街でハメを外すこともできない。テレビ関係者は「今回の件に続いて、もし手越や小山あたりの世代が週刊誌等でスキャンダルを報じられるようなことがあれば、後輩に対して示しがつかない。すなわちそれはタッキーの顔に泥を塗ることになる」と話す。

 ジャニーズ事務所も変革期にきているようだ。