2月にステージ4の舌がん、4月に初期の食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で闘病記「Stage For〜舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」の発売記念イベントを行った。

 堀が手術後に公の場に登場するのは今回が初めて。白のワンピースに黒のハイヒールで登場した。報道陣向けの写真撮影にも応じ、カメラ目線を求められると「はい」と言って笑顔で対応した。

 舌の6割を手術で切除し、現在はリハビリを行っているため、この日は質疑応答やトークはなし。報道陣には直筆の手紙が配られた。以下全文

皆様、こんにちは。堀ちえみです。

本日は私の「Stage For〜」出版記念サイン会にお越しいただき、有難うございます。

本当は私の口からごあいさつを申し上げるべきなのですが、文章によるメッセージになることをお許しください。

今年の1月に舌がんが見つかり、2月に手術を受けました。首のリンパ節にも転移があり、10時間以上の手術は想像を絶するほどの大きな手術でした。

主治医の先生方を始めとする医療スタッフの皆様のおかげで、こうやって皆様の前に立つことが出来ております。

6割以上の舌を切除し、そこに太腿の一部を移植したため、まだ言語がおぼつかない状況です。

この病気をして、失ったものは沢山ありました。でも実際には、得たものも沢山あったのではないかと…そんな気持ちでいます。

沢山の皆様に、まだ言葉で伝えられない分、一生懸命文字で綴りました。

病気を通して、私が感じた事、ブログにも書けなかった事を全て正直に文字にしました。

大勢の皆様が手に取ってくださるとうれしいです。

どうぞ宜しくお願いします。

今後もリハビリを頑張り、1日も早く復帰出来ればと思っております。

ありがとうございました。

堀ちえみ