今度こそクスリを断つことはできるのか? 覚せい剤取締法違反の罪に問われた某セレブタレントの姉・玉木カリーヌ桂被告(38)の判決公判が28日行われ、横浜地裁は求刑と同じ懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡した。

 カリーヌ被告は今年8月、交際相手と住む自宅に警察の家宅捜索が入り、大麻が押収され現行犯逮捕。その後、任意の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出た。

 前回公判では、20年近くにわたって薬物を使用してきたことが明かされた。彼氏に勧められるがまま性行為でも摂取。離婚歴が2度あり、起訴されなかったが逮捕歴は7回もあった。

 裁判長は「こういった使用歴に鑑みると、初犯とはいえ、違法薬物に対する親和性、依存性がそれなりに進行しているとうかがわれる」と指摘。続けて「(本件犯行は)被告人が正直に供述したからこそ判明したこととはいえ、被告人の周囲には違法薬物に関わる者が相当数おり、被告人が誓っている通り、交友関係や生活環境を改めなければ、再犯の恐れも認められる」とした。

 幼少時からファッション誌やCMモデルとして活動し、大学までエスカレーター式で慶応とエリートコース。だが19歳の時に大麻に手を出して以降は、出入りのクラブで好きになった男、また彼氏から覚醒剤などをもらい、長年ジャンキー生活を続けていた。公判で明らかになったその生きざまは、MDMA所持で彼氏もろとも捕まった沢尻エリカ容疑者にソックリとも言える。

「違法薬物との関わりはこれを最後に…努力してください」と裁判長が声を掛けると、カリーヌ被告は「はい」と力強く答えていた。