14日に都内の自宅マンションで亡くなっているところを発見された女優の芦名星さんは昨年のゴールデンウイークに小泉孝太郎(42)と愛犬を散歩させているところを女性誌に撮られたことがあった。

 撮影された場所は小泉の都内自宅マンション近く。双方の所属事務所は「プライベートについては本人に任せて…」と交際を否定せず、「連泊愛」と報じられた。

 2人は2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で共演。昨年2月には、小泉が出演するドラマ「グッドワイフ」(TBS)の第5話に、小泉が演じる弁護士の元カノ弁護士役で芦名さんがゲスト出演した。

 芦名さんはSNSをすることがなく、小泉もツイッターを非公開でやっているだけ。2人の私生活に関する情報は少ない。先月、芦名さんは写真誌で初の本格グラビアに挑戦した。ランジェリー姿を披露した際、ネットでは「孝太郎と別れたのか」と邪推され、一部で破局したとも報じられていた。

 この2人の関係について芸能プロ関係者によると「少なくとも昨年秋ごろまでは交際していた」という。「ただその後、別れたのは間違いない。本人の失恋ショックが大きく、恋愛関係の話にあると落ち込むから、周囲はそういう話をしないようにしていた。小泉さんの名前もNGワードになっていた」という。

 破局したと言われていた以降も1月期のドラマ「テセウスの船」(TBS系)や10月放送スタートの「相棒」(テレビ朝日系)に出演予定だったりと、仕事には精力的だった。