靴職人でタレントの花田優一(26)が24日、都内で行われた映画「残照のかなたに」製作発表会に左手薬指に指輪をして出席した。

 花田にとっては今作が俳優デビューとなるが、話題はプライベートなことに集まった。それもそのはずで今作の監督は、母で元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(56)と婚約中のジャッキー・ウー氏。会見に同席したウー監督は河野さんとの入籍時期について「早いうちにそうなっていくと思います。前に前に進んでいるということであって何の障害もない。年内は映画でいっぱいですから」と来年の早い時期での入籍を示唆した。

 一方の花田も報道陣から左手薬指の指輪について問われると「そういう報告をするときは違う時にやります。役作り? 可能性もありますし、アクセサリーの可能性もあります。それはご想像にお任せします。プライベートの変化? 今ここで押し問答を続けても、ぼく答えることは絶対にありません」とケムに巻いた。

 花田は2017年に21歳で陣幕親方(元幕内富士乃真)の娘と結婚したが、18年に離婚したバツイチ。昨年10月には、アラフォーのカリスマ美容師と都内の高級ホテルに入る姿を写真週刊誌に報じられている。

 また、この日に限らず自身のインスタでも左手の薬指に指輪をした写真を掲載している。インスタではデザイン性の強い指輪を着けているが、この日の指輪は小ぶりなもの。果たして、この指輪が意味するものとは。

「本業の靴作りがおろそかになっているとか、親子の確執など世間からバッシングされているが、やっぱりモテる。懐に入るのがうまく、目上の人からもかわいがられるので仕事もお呼びがかかる」(芸能プロ関係者)

 タレント、歌手、俳優と話題に事欠かない花田。次はバツイチ親子のダブル結婚で世間を騒がせるかもしれない?