来年4月にスタートするNHK朝の連ドラ「半分、青い。」のヒロインが、女優の永野芽郁(17)に決まった。NHKが20日、都内の同局で発表した。

 同作は北川悦吏子氏(55)の脚本で、永野は病気で左耳を失聴したヒロイン・楡野鈴愛を演じる。

 2366人のオーディションの中から選ばれた永野は、前日にヒロイン決定を知らされたという。

「今になって少しずつ実感が湧いています。(朝ドラは)朝の一つの習慣になっています。誰かの習慣になるドラマに出るという不思議な感覚なんですが、自分らしくやれればいいなと」と抱負を口にした。

 永野は「七転び八起き」を座右の銘にしており、何度失敗してもへこたれずに立ち上がるヒロインと共通点も多いという。撮影は秋から始まり、長丁場となるが「最近、腹筋をしているんですよ。メークさんにブロッコリーを食べるといいよと聞いたので、そういうところでも気を使っていこうかなと思います」と意気込んだ。

 ドラマの舞台は岐阜と東京。岐阜には行ったことがない永野は「すごくのどかなイメージ。木が多そう。マイナスイオンがすごそう」と印象を語った。