【2017ド本命アイドル】人気アイドルグループ・SKE48の最新シングル「意外にマンゴー」(19日発売)で、初選抜ながらセンターを任された7期生の小畑優奈(15)。ファンの間で“奇跡の透明少女”と注目され、今年の選抜総選挙で初ランクインした注目株だ。名古屋の未来を託された新エースの素顔に迫った――。

 ――センターを告げられた時は

 小畑:ビックリしすぎて声も出なくて。うれしいとか緊張、不安とかいろんなものが浮かんできました。

 ――涙は出た?

 小畑:いや、そこで涙は流すものじゃないなと思うんです。泣いてても始まらなくないですか? 泣いてたら、よわっちくないですか? 不安なんだな、と丸見えになっちゃうし、それはやりたくない、と。

 ――同期は喜んだ

 小畑:次の日に写真会があったんですけど、同期の後藤楽々ちゃんが近寄ってきてくれて。「そんなに心配しなくていいから」「大丈夫だから」って。その時は涙が出そうになりました。

 ――松井珠理奈さん、卒業された松井玲奈さんに続き、SKEで3人目の単独センター

 小畑:かなりのプレッシャーですね。周りにすごい先輩がいる中、私がここに立ってて大丈夫かなと不安もあるけど、代表になったからにはしっかり務めたい。

 ――今回のシングルで小畑さんを初めて知る人も多い。アイドルへの興味はいつから

 小畑:小学校3〜4年生の時、身近な人でAKBを好きになった人がいて、影響されて見てました。すごいキラキラしてるなって思ったし、(AKBをモチーフにした)カードを集めだしたりしてました。

 ――SKE加入は

 小畑:おばあちゃんがきっかけです。おばあちゃんは私のお母さんを芸能界に入れさせようとしてたみたいですけど、かなわず…。それで私に回ってきたって感じなんです(笑い)。おばあちゃんがいろんなオーディションを探してきて、その中からSKEを見つけて。

 ――“笑顔”のとりこになるファンが多い

 小畑:(2015年11月に)チームKIIに入ってから「笑顔が好きだよ」とたくさん言われることが多くなって、笑顔を武器にしたいなって思いました。ただ、握手会で「クシャッて笑う笑顔が好きだよ」と言われるんですけど、笑いすぎもどうかなとも思ってて。先輩からも「あんまり笑いすぎると良くないよ」「顔が崩れちゃうよ」と言われることもあって、クシャッて笑う笑顔は、いい意見も悪い意見もあります(笑い)。

 ――ところで、実はおバカキャラという噂も

 小畑:ああ、きましたか…(ため息)。最近、(おバカ情報が)出回ってて…。

 ――何かエピソードがあったりするんですか

 小畑:(SKE内のユニット)「ラブ・クレッシェンド」のシングル「コップの中の木漏れ日」は自然がいっぱいなところで撮影したんです。後藤楽々ちゃんと鳥のフクロウの話をしたんですけど、私はずっと「ホクロウ」と言ってて、楽々ちゃんに「ホクロウって、何?」って…。フクロウをホクロウだとずっと思ってたんです!

 ――もっとあるのでは

 小畑:もう1つ!? ウソでしょ!? え〜ほんと無意識なんで、覚えてないですもん…。

 ――見た目とのギャップが…

 小畑:おバカキャラはうれしくないんですけどね(苦笑い)。

 ――今後の目標

 小畑:私をきっかけにSKEを好きになる方が増えればいいなって。あとは、私が芸能界に残っているならば、アニメが好きなので、いつか声優をやりたいですね。

☆おばた・ゆな=2001年12月18日生まれ、愛知県出身。血液型=O。15年3月にSKE7期生オーディションに合格。15年11月にチームKⅡに昇格。ニックネームは「ゆなな」。今年の「第9回AKB48選抜総選挙」は72位で初ランクイン。