お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」が17日、都内で行われた映画「トランスフォーマー/最後の騎士王」(8月4日公開)公開記念イベントに出席した。

 イベントは寺門ジモン(54)不在でスタート。巨大ロボットから「一番、トランスフォーマー愛が強いのは誰だ?」と聞かれ、肥後克広(54)、上島竜兵(56)が「俺だ」と主張すると、舞台裏から「俺だ〜」と寺門が現れた。

 寺門は「お前らより1時間前に入ってんだよ!」。続いて上島は、トルコで製造されたリアル変形車「レトロンス」と“トランスフォーム対決”。車から巨大ロボットに変形する時間と、上島が映画の主役、オプティマス・プライム風の衣装に早着替えする時間を競ったが、ヘルメットがかぶれずに敗れた。

 上島は「小さい!」とヘルメットを叩きつけ、「何、笑ってるんだよ!」と女性司会者へ得意のキス芸を迫ったが、肥後に「キレイなMCを見るとすぐキスをしたがる」と突っ込まれた。

 今回に限らず、映画のPRイベントにダチョウ倶楽部が出演する回数は多い。6月には映画「ハクソー・リッジ」、昨年も映画「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」などのイベントに出演した。

 イベント関係者は「イベント出演の候補にまず挙がるのは、報道陣が集まる旬な人。ただ売れっ子だと予算なども関係してくるし、スキャンダルの渦中のタレントだと出演は難しい。企画が行き詰まると、必ず名が挙がるのがダチョウ倶楽部なんですよ」と明かす。

 PRイベントがテレビで流れるのは、平日昼に多い情報バラエティー番組。視聴者は主婦、シニア層が中心だ。「特に最近は視聴者が高齢化している。そうした層に認知度が高く、分かりやすい鉄板ネタを持っているダチョウ倶楽部は情報番組で扱いやすい」(同)

 今後もダチョウ倶楽部の需要は続きそうだ。