女ピン芸人の横澤夏子(27)が自身の誕生日の20日、かねて交際していた1歳年上の会社員男性と入籍した。妊娠はしておらず、今後も今まで通り仕事を続ける。挙式・披露宴は来年初めに行う予定という。

 横澤は直筆の書面でコメントを発表。「私事で大変恐縮ですが、この度 私横澤夏子はかねてより結婚に追い込んでおりました男性と7月20日に入籍致しましたことをご報告させて頂きます」

 今月初めには一部メディアで「今月中に結婚」と報じられたが、横澤は「まだ何も準備できていない」と否定していた。これについては「一部メディアで結婚の時期などの情報が流れたことについて、まだ環境が整っておらず、また実際に入籍するまでは逃げられる可能性もあるのではないかと勘ぐったため、正直にお伝えすることができませんでした」と説明。

 さらに「今後は、私の凝り固まっている結婚という理想にとらわれず、取り合った手を絶対離さないように、2人で人生を歩んで行きたいと思います」と決意を述べた。

 横澤はここ最近、イベントに出演するたびに“結婚ネタ”を聞かれるのが恒例になっていた。

「相手は“だいき君”という名前だと明かし『笑うとかわいい』などとノロけまくった。横澤が出席すると報道陣が結構集まるので、イベントの運営サイドが『横澤を呼んだほうがいい』とオファーをかけることが多くなる。必然的にイベントに引っ張りダコになったんです」(イベント関係者)

 この傾向は入籍した後も続くとみられる。

「これから“妊活”など、新婚生活について聞かれたら横澤もしゃべるだろうから、相変わらずイベントに呼ばれるでしょう。石田純一も東尾理子と結婚したころ、息子のことや義父の東尾修のことを話すから、イベントに呼ばれまくった。横澤も“女版・石田純一”として、イベントに呼ばれ続けるのでは」(同)

 石田に続く、新たな“ワイドショータレント”が誕生したようだ。