8回目を迎えるAKB48グループの恒例イベント「AKB48グループじゃんけん大会」が、9月24日に愛知・名古屋市の日本ガイシホールで開催されることが23日、分かった。この日、千葉・幕張メッセで行われたAKB48グループゆかた祭りイベントで発表された。

 昨年まではAKB48グループのメンバー個人がじゃんけん勝負を繰り広げてきたが、今回は新たな試みとして、メンバー同士がユニットを結成して対決する。メンバーは相談しながら好きなユニットを組むことができ、ユニット名もそれぞれで決められるという。

 本戦に出場できるのは合計48枠で、結成したユニットの人数によって出場枠数が異なる。内訳は、ソロ2枠、2人ユニット20枠、3人ユニット15枠、4人ユニット5枠、5人ユニット2枠、6人ユニット1枠、7人ユニット1枠、8〜15人ユニット1枠、16人以上のユニット1枠となっている。

 2人以上のユニットは代表者1人が勝負する。ソロ、各ユニットとともに定員出場枠を超えた場合にはそれぞれ予備選を行い、本戦への出場枠を争う。

 ユニットを兼任することはできず、優勝したユニットにはメジャーデビューが約束されるという。参加資格はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48メンバー(卒業発表メンバーは除く)。

 じゃんけん大会は2010年に始まり、13年までベスト16に進出したメンバー16人が「じゃんけん選抜」を結成。シングル表題曲を歌唱し、優勝者がセンターを務めた。

 14、15年は優勝者がソロデビュー。昨年は上位7人によるユニットシングルを発売した。