子役の鈴木福(13)、お笑い芸人の陣内智則(43)が24日、都内で行われたスマホ証券「One Tap BUY」(OTB)の日本株取引サービス開始記者発表会に出席した。

 今春から中学生になった福は「中学生活は楽しい。始まって1週間で皆と仲良くなって、楽しんで通っている。休み時間に遊んだり、給食も部活も、友達と帰るのも楽しい。部活は野球部でピッチャーの練習をしている」と充実の学生生活を送っている様子。

 女好きの陣内に話を振られると「恋バナはするけど、僕のことを好きという子はいない。いたらいいんだけど」と照れ笑いを浮かべる。

 そんな福君は小遣い制ではなく「友達と出かけたり、お祭りの時に両親からもらう。あとはお年玉と100円玉貯金かな。今年だけで100円玉貯金は5000円くらいたまっている」とか。

 この日は任天堂株3000円分の購入を実演。“投資デビュー”を果たした。「任天堂のスイッチやハンドスピナーが欲しいな。僕もスマホを持っているのでお母さんと相談したい。簡単だし貯金よりいいかもしれない」。賢いだけに投資家としても才能を発揮するかもしれない。

 一方、陣内は純粋な福君に対し「福君はマルモとかいろんなお仕事して、たくさんもらっているでしょう。お母さんにお金のこと聞いたほうがええで。どこにいったんや、あの金はと。子役で最初にもめるのがそれ」としきりに金銭の話題を振りまくる。

 福は「いくらもらっているか知らない。(仕事は)楽しくてやっているから全然わからない」と困惑するばかりだった。

 東京証券取引所によると、日本の投資人口は3割で、半数は60代という。資金に乏しい若者、投資未経験者をターゲットにしたOTBは、1000円から優良30銘柄を手軽に購入できる。