北京五輪競泳銅メダリストでスポーツキャスターの宮下純一氏(33)が25日、ブログで第1子となる女児が誕生したことを報告した。

 長女は24日午後5時7分に都内の病院で誕生。体重3098グラム、母子ともに健康だという。出産に立ち会った宮下氏は「昨日はAbemaTV 世界水泳解説前に、出産に立ち会うこともできました。産まれた瞬間、自然と溢れ出した涙。生命の誕生を間近で感じることができました!」と喜びをつづった。

 ブログには愛娘の足の写真を掲載。足の指の長さを強調。「強いバタ足が、打てそうです。そして、三年後の2020/7/24は、東京オリンピックの開会式予定日!!娘にもオリンピックの縁を感じました」と早くも東京五輪へ向けた“親ばか”ぶりも見せている。

 宮下氏は2008年北京五輪に出場し、競泳男子100メートル背泳ぎで決勝進出(8位)、同400メートルメドレーリレーでは日本チームの第1泳者として銅メダルを獲得した。引退後はタレントに転向しスポーツキャスターとして活躍。16年11月1日に一般女性と結婚した。