日本ハム・屋宜照悟投手(28)とヤクルト・杉浦稔大投手(25)の交換トレードが24日、両球団から発表された。

 2012年のドラフト6位で日本ハム入りし、入団5年目の屋宜は一軍通算21試合で3勝、防御率5・16の右サイドスロー。今季はイースタン・リーグ27試合に中継ぎとして登板し、防御率2・59をマークしている。

 一方の杉浦はヤクルト13年のドラフト1位で一軍通算は6勝8敗。4年目の今季は1月にテレビ東京の元アナウンサーの紺野あさ美さん(30)と結婚したが、4月中旬に右肩痛を訴え二軍落ちし、現在もリハビリに励んでいる。

 ここまで借金24の5位と低迷する昨年の日本一球団・日本ハムと、今月に入って14連敗を喫すなど借金28で最下位に低迷するヤクルトとの思惑が一致してのトレードとなったわけだが、気になるのは今月10日に第1子の妊娠を発表したばかりの紺野元アナだ。

 球界関係者は「今すぐ北海道に引っ越し、とはならないでしょう。杉浦は右肩を痛めて以来、まだまだブルペンで投げることもできない状態ですから、いきなり一軍にということはない。二軍施設のある千葉の鎌ケ谷へ行くことになりますからね」。

 とはいえ、「モーニング娘。」としてトップアイドルを経験し、テレビ局の女子アナとして活躍していた紺野元アナだけに「札幌は都会といってもねぇ、東京からは遠いですし…。本人が“都落ち”したなんて思わなければいいですが」(テレビ関係者)

 もっとも紺野元アナは札幌出身。さみしい思いはしなくてすみそう。まして、これから出産、子育てに追われることになるため、出身地の方が何かにつけ都合がいい部分も多そうだ。

 杉浦は「急なことで驚いています。ヤクルト球団、ファンの皆さんには感謝の気持ちしかありません。北海道出身でもありますし、活躍することが皆さんにも恩返しになると思いますんで頑張ります」と抱負を語った。